FC2ブログ
2017
02.23

アト・カルへまっしぐら 豊島区・池袋

Category: ニュース

 池袋経済新聞2017年1月10日の記事「豊島区庁舎跡地エリアの愛称を公募 2020年春に完成予定」によると、池袋東口ほど近くの再開発エリアが新しい愛称を募集するとのことです。庁舎があった場所とその周辺が対象。「国際アート・カルチャー都市」を目指す池袋のシンボルとなるプロジェクトだけに、隈研吾氏などそうそうたるメンバーが審査を担当します。



アト・カルへまっしぐら 豊島区・池袋 
(イメージ画像:フリー素材より)



 豊島区は街の魅力を高めるためさまざまな取り組みを進めています。その一つが先ほども挙げたアートやカルチャー、つまり文化の街として力を入れていること。区長の英断によるものだそうです。




 そのイメージは徐々に浸透してきているのでは?大正から昭和初期までは池袋モンパルナスと呼ばれるほど、若い芸術家が暮らしていたという歴史がある池袋界隈。戦争で一時途絶えかけましたが、そのDNAは生きていたのかもしれません。今では演劇やアニメ関係などさらに幅広いカルチャーを網羅し人を呼び寄せ、情報を発信し続けています。




 池袋の東に目を向けると、サンシャイン60の吸引力は未だ健在。通りも常に賑わっています。周辺にアニメイトや乙女ロードなどオタクや腐女子にとってはたまらないスポットが点在。秋葉原に次いでジャパニーズサブカルチャーの重要拠点になりました。東池袋のあうるすぽっと(舞台芸術交流センター)は池袋演劇祭の拠点にもなっていますし、西口の東京芸術劇場と双璧をなしています。




 そしてこのたび、アートとカルチャーの種をまき続けた土壌に大きな花が。今回愛称を募集するエリアの再開発プロジェクトです。概要をチェックしてみましょう。




 世界中の人々が出会う「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」がコンセプト。メインとなるのは、オフィスタワーと8つの劇場でしょうか。特に劇場は、10スクリーンを擁するのシネコンやさまざまなイベントに対応するホール、ライブ劇場など、充分なキャパシティを確保し、年間1000万人の集客と、270億円の経済波及効果を目指します。




 ちなみに2015年オープンした新市庁舎も東池袋エリア。としまエコミューゼタウンとして生まれ変わりました。緑豊かな外観ときめ細かなサービスが好評なようです。




 なにかと新宿や渋谷と比べられ、地味だとかあか抜けないなどと言われがちな池袋。そんな見方はもう過去のものになるのではないでしょうか。池袋らしさがありつつ、かつインパクトのある愛称に決まると良いですね。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top