FC2ブログ
2017
02.02

進化する無印良品 「不揃い 宇治抹茶チョコがけいちご」なども好評

Category: ニュース

 ZUU online2016年12月4日の配信『進化する無印良品 「不揃い 宇治抹茶チョコがけいちご」なども好評』によると、「無印良品」の商品構成が最近食料品にも力を入れ販売スペースが広がっていることが伝えられています。




進化する無印良品 「不揃い 宇治抹茶チョコがけいちご」なども好評 
(イメージ画像:フリー素材より)




 「無印良品」と言えばシンプルで気分が良くなるような居心地や着心地を追求した衣料品や生活雑貨などで人気のブランドとしてのイメージを確立していますが、最近では食料品の人気も高まっています。




 「無印良品」は、もともと西武グループで「スーパー西友」のプライベートブランドとして誕生しています。その「無印良品」が最近では海外への進出も大きくシェアを占め、すでに海外売り上げが35%の割合をも占めている状況になっています。中国を始めとした東南アジアへの進出には目覚ましいものがあります。また、サウジアラビアやクウェートなどと言った中東にも出店していると言われています。




 また冒頭に紹介した食料品で言えば、伸び率が18%増で、特にオリジナルの「こだわりたいね」シリーズ他、レトルトカレー、ルイボスティ-、バームクーヘンといった定番商品も人気となっています。「ごはんにかけるシリーズ」や秋から「不揃い 宇治抹茶チョコがけいちご」などの新しいお菓子も投入されています。




 無印良品のお菓子と言えば、ファミリーマートでもその扱いが増加。コンビニでの無印良品の食品人気も今後高まる可能性があります。




 さらに、11月10日から来年春から夏への衣料品や食品など約300点の値下げを決定し、デフレ傾向に備えることを発表しています。




 定番商品の値下げや食料品へ力を入れるなど新しい展開を見せる「無印良品」です。商品はいいけれど高くてちょっと手が出なかった人や「無印良品」の食料品に興味がある人は今後益々目が離せなくなりそうです。もっと「無印良品」のブランドが身近になり、食料品も生活雑貨も衣料品も全部「無印良品」という人も増えてくるかもしれませんね。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top