FC2ブログ
2017
01.30

ナカメでは高架下もお洒落に

Category: ニュース
 
 FASHION PRESS2016年11月22日の記事『中目黒駅に新施設「中目黒高架下」蔦屋書店など全28店舗が700mに渡って出店』によると、東京・中目黒に新しい商業施設がオープンとのことです。積極的に沿線の開発を進める東急電鉄によるプロジェクトで、都内初進出・関東発出店・新業態店舗が目白押し。ハイセンスな街・ナカメらしいラインナップとなっています。



ナカメでは高架下もお洒落に 
(イメージ画像)



 大半がレストランで構成されており、ジャンルはさまざま。気になるお店ばかりですが、いくつかピックアップしてみましょう。


・アメリカンなBBQ。川沿いでボリュームたっぷりのお肉三昧
・スープストックトーキョーの新業態はLOVEとART(!)がテーマ
・都内初進出のフレンチトースト専門店はシャンパンなどアルコールも提供
・EXILEを擁するLDHグループによるカレー屋が話題
・スペイン系グルメが2店。炭火焼きとバル形態

・日本酒、おでん、寿司など「和」もしっかり網羅
・立ち飲み・立ち食い系も充実。おいしいものを気軽にいただけそう
・焼きそば・からあげ、餃子やラーメン、うどんなど気軽なお店も
・アパレルでは唯一、マーガレット・ハウエルのカジュアルラインが
・書店の枠を越えカルチャー発信地として人気の蔦屋書店も


 などなどバラエティ豊かで、何度でも通いたくなるのはないでしょうか。中目黒には人気のあるレストランが点在していますが、駅からすぐ、というよりほぼ駅という最高のロケーションで、人々が吸い込まれていくことでしょう。




 高架下といえば、いずれもJR系ですが万世橋のmAAchv ecute(マーチエキュート)、秋葉原と御徒町間の2k540 AKI-OKA ARTISANあたりが先行例として思い浮かびます。コンセプトや個性があるショップを集め、新しい発見がある楽しい場所になっています。そして忘れてならないのが有楽町のガード下。サラリーマンのお父さん御用達です。近年では若い層や女性にも意外と人気があるそうです。肩ひじ張らない人情や赤提灯がしっくりくる夜もあります。




 「中目黒高架下」はそれとは一線を画した、とがったチョイスとなっています。電車の通過音が少々うるさいとの情報もありますが、それも高架下ならでは。会話する相手との距離が縮まるかもしれません!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top