FC2ブログ
2016
12.05

スープでパスタ ズッパ・ディ・パスタ

Category: ニュース

 流通ニュース2016年10月21日の記事「サイゼリヤ/ラボ併設の持ち帰りスープパスタ専門店」によると、サイゼリヤが新業態のパスタ店をオープンさせたとのことです。東京・茅場町「ZUPPA di PASTA(ズッパ・ディ・パスタ)」、オフィス街や駅構内などへの出店を見据えた約25㎡の小型店での開業です。




スープでパスタ ズッパ・ディ・パスタ 
(イメージ画像)



 忙しいランチタイムに対応できるようメニューはRosso(赤)、Bianco(白)、Specialita(きまぐれ)の3種類のみ。それにパン詰め放題がついて、価格は税込500円のワンコインに収めました。気軽に食べられ、栄養補給を考慮した具材が使用されているとのこと。女性が一人で短時間で食事が摂れるようなメニュー構成になっています。




 メニューは3つに絞り込んでいますが、不定期に10種類ほどを入れ替えていくので、飽きることなくいろんな味を楽しめそうです。またサイゼリヤとしては初めてグリッシーニを提供。イタリアンレストランで時折見かける細くて固いアレです。スープとの相性が良いので、スープパスタにはぴったりですね。




 サイゼリヤは7月から先行して、スパゲッティ専門の「スパゲッティマリアーノ」を営業しています。こちらも500円で、気軽にさまざまな種類のパスタが楽しめるお店。「ZUPPA di PASTA」とは隣接していますが、ZUPPAはランチ・ディナーともに統一メニューなのに対し、マリアーノはディナーでアルコールやおつまみを提供するなど、差別化を図っています。今後もそれぞれの需要を見極めながら、他のエリアへの展開を目指しているとのことです。




 サイゼリヤは1000店を超え、ガストに次ぐ業界2位の店舗数の多さです。イタリアの食文化を伝えることをメインとしながら、客のニーズや立地に合わせて新業態の開発にも取り組み続けています。また価格を抑え、テイクアウトもOKという形態はコンビニを意識したしたものと言えそうです。




 スープで女性に人気と言えば思い浮かぶのが、Soup Stock Tokyo。おいしくて体に良いというイメージがすっかり定着しています。軽めに食べたい、おいしいものをちょこっと食べたい、という感覚にはまったのでしょう。ZUPPAもそういった需要を取り込めるか。企業規模を活かした食材の調達や価格設定を強みとし、働く人たちの昼と夜を支えていっていただければと思います。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top