FC2ブログ
2016
09.08

ちゃんぽんも食べられるバル 新橋に登場

Category: ニュース

 流通ニュース2016年7月15日の記事『リンガーハット/新橋駅前に初の「バル」業態店舗』によると、長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハットジャパンが新業態に進出したとのことです。




ちゃんぽんも食べられるバル 新橋に登場 
(イメージ画像)




 旧店舗の老朽化によるリニューアルを期に、飲食店ビル「PERSA」にて洋風メニューを提供するバルとして生まれ変わりました。新橋駅前ということでビジネスマンはもちろん、女性も取り込もうという狙い。さらに訪日外国人もターゲットとし、幅広い層にアピールできるバル業態を打ち出してきました。




 ランチタイムは通常通り、ちゃんぽんや餃子を提供。17時以降はワインやビールなどのアルコール類とそれにあった食事をサービスします。メニューだけでなく店舗デザインも女性を意識し、女性の来店比率を既存店の30%から50%へのアップを目指します。そのためか店舗名「長崎ちゃんぽん」ではなく「Ringer BAR」としています。




 SNSで写真映えするような、おしゃれな食器に盛りつけられた料理も素敵ですが、既存のちゃんぽんたちも負けてはいません。ヌードルメニューとしてはもちろん、細麺や肉味噌、餃子をアレンジしたものなど、お酒にぴったりのメニューに仕上がっています。個人的にはちゃポリタンが気になるところです。




 開発担当者としては新たなニーズ開拓を狙った今回の店舗について、今後も検証を続け、多店舗展開につなげたいとのこと。今年1月オープンの「ちゃんぽん酒場」というちょい飲み需要に対応した既存店舗がありますが、こちらも同様に完成度を高めながら企業としての幅を広げていくようです。




 長崎ちゃんぽんと皿うどんという、外食業界ではバッティングが少ないメニューで勝負してきたリンガーハット。厳しい業界を生き抜いていくにはさらなる戦略が必要だったかもしれません。そこで打ち出してきた今回のバル業態。消費者のさまざまなニーズに応えつつ、既存の素材を活かしランチ/ディナーそれぞれの時間帯に合わせたメニューを提供するというサービスが強みになることでしょう。




 ちなみにこちらの「Ringer BAR」、朝8時からの営業ということで、モーニングメニューも視野に入れているそう。どのような新商品がお目見えするのか…10月を目途にスタートということですので、こちらも期待しましょう。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top