FC2ブログ
2016
08.25

世界文化遺産登録で祝福ムード 国立西洋美術館

Category: ニュース
 
 日本経済新聞2016年7月19日の記事「国立西洋美術館、世界遺産に はや長蛇の列」によると、多くの人が上野の国立西洋美術館に来館し、早くも盛り上がりを見せているようです。世界遺産登録の数日前からニュースでも頻繁に取り上げられていましたし、さらにユネスコの審議が行われていたトルコでクーデターがあったりと、なにかと注目されていたこの話題。とにもかくにもおめでとうございます。




世界文化遺産登録で祝福ムード 国立西洋美術館 
国立西洋美術館




 特に地元の台東区は約10年がかりで準備してきたということで、喜びもひとしおでしょう。複数の国に点在する世界遺産は国内では初ということもあり、推薦作業は大変だったそうです。アプローチを変えながらチャレンジを続け、ついに、晴れて、念願かなって認定されました。




 正式名称は「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」。フランス、日本、ドイツ、スイス、ベルギー、アルゼンチン、インドの7か国での共同推薦です。




 今でこそ近代建築の父と呼ばれるル・コルビュジエですが、当時はかなり型破りで批判もされたそう。それでも独自の建築理論に基づいた斬新な建築物は、機能性と合理性が融合し、現代の建築にも大きな影響を与え続けているとのことです。たしかに同時に登録された他の建物も見てみると…シャープで規則性がありながら、絶妙なバランスでイレギュラーな要素が取り入れられており、センスを感じます。




 また世界文化遺産というだけでも充分おめでたいことですが、「ル・コルビュジエ唯一の国内作品」「東京では初の世文化界遺産」などグッとくる要素も手伝って、発表翌日から美術館には長蛇の列ができました。ちょうど夏休みのタイミングでもあり、さらに多くの人が訪れることになりそうです。




 その勢いに乗りたいのが、上野の百貨店やアメ横商店街。美術館からの集客を狙っています。客層はまったく違いますが、それぞれに魅力的なエリア。相乗効果で上野を活性化していってほしいですね。2020年に向けてJR上野駅や公園エリアを整備する「上野 文化の杜」構想も徐々に進められています。今回の国立西洋美術館の世界文化遺産登録は、良い追い風になることでしょう。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top