FC2ブログ
2016
06.27

新宿を変えるバスタ新宿

Category: ニュース

 日本経済新聞電子版2016年4月4日の記事「新宿の新バスターミナル開業 高速路線、1日最大1600便超」によると、新宿駅南口に国内最大級のバスターミナルがオープンしたとのことです。




新宿を変えるバスタ新宿 
(イメージ画像)




 新宿駅周辺は高速バスの発着所として有名でした。冬になるとスキー道具をもった若者たちであふれかえる姿がよくみられ、中・長距離バスが往来する都内有数のバス乗り場としてにぎわいをみせていました。




 ただ、駅周辺にバス乗り場が点在していたため、利用客からは分かりにくく、不便との声は以前からありました。また、同地区は慢性的な渋滞が発生する場所でもあり、バス、タクシー、乗用車が列をなし、慢性的な交通渋滞を解消することが課題にもなっていました。




 そこで分散化していたバス乗り場を新宿駅南口に集約して、交通渋滞も緩和でき、さらにはJRや地下鉄との相互乗り換えも期待できるバスターミナル「バスタ新宿」の完成が待たれていました。




 完成した建物は4階建て。2階はJR新宿駅の改札があり、3階にはタクシーとバス乗り場が併設、4階はバス専用の発着所となっています。これで公共交通機関の乗り換えがスムーズに行われるようになります。




 メインの高速バスは1日最大で1600便ほどの運行を想定しています。39都府県を結び、バスが混雑する時間帯には山手線並みの運行間隔で発着が行われます。新宿駅エリアの再開発は平成に入ってから頻繁に実施されてきましたが、バスターミナルを中心とした再開発はとても珍しい案件です。




 バスタ新宿の隣接地には高さ170mのJR新宿ミライナタワーも完成しており、新宿駅南口の開発はさらに加速をしている様子が伺えます。新宿駅東口は商業施設が並び、西口は超高層ビルが立ち並ぶビジネス街の顔をもっていました。




 南口は高島屋がありましたが、東口や西口と比べてあまり特徴がみられませんでした。しかし、国内最大のバスターミナルができたことにより、東口、西口との差別化ができ、あらたな人の流れができつつあります。おそらく今後、バスタ新宿が南口のシンボルとして発展していくことでしょう。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top