FC2ブログ
2016
04.25

ご近所さんも一見さんも集う場所

Category: ニュース
 
みなさんは「シーナと一平」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。
突如ブレイクした男女デュオ?インディペンデントな日本映画?
いえいえ、この度オープンしたカフェ兼旅館の名前です。





ご近所さんも一見さんも集う場所 
(イメージ画像)




 YOMIURI ONLINE2016年3月18日の記事「空き家再生、カフェに 豊島区講座から事業化」にて、その様子が紹介されています。西武池袋線椎名町駅近くの商店街にて、空き家になっていたとんかつ一平の跡地に生まれたので「シーナと一平」。すでにただ者ではない雰囲気を感じます。




 1階はミシンカフェ。畳と座布団で、とってもくつろげる空間です。ミシンを使ってモノづくりをしながらお茶を楽しめるとのこと。世界各国の布で作ったカーテンがカラフルに壁を彩ります。なぜ世界かというと…2階が外国人観光客向けの旅館となっているから。とんかつ屋時代の住居部分を活かした和室をメインに構成されています。外国の方にとっては、飾らない日本らしさが感じられるのではないでしょうか。




 こちらの物件は、豊島区主催の講座「リノベーションスクール」の受講生の方が企画したプロジェクト。事業化第1弾ということで、期待がかかります。少子高齢化が懸念される消滅可能性都市という指摘もあり、街の活性化や有休不動産の再生に力を入れている豊島区。「シーナと一平」も人々が交流できる施設を目指して進められてきたとのことです。




 どんどん街へ繰り出してほしいという思いから、部屋はあえてシンプルに。眠るのには十分です。商店街には焼き鳥店や総菜店など安くておいしい食のお店が充実。さらにコインランドリーや銭湯もありますので、まるで椎名町に住んでいるような気分になることでしょう。




 建築中には壁塗りイベントを開いたり、ワークショップで宿の小物を手作りしたり(もちろんミシンで)など、すでに地域の方たちを巻き込んで良いコミュニケーションを生み出しているようです。




 これは一見地味な街(失礼)にも希望が持てるプロジェクトではないでしょうか。
核となる交流の場を作り→地元の方たちを刺激し→地域の新しい魅力が発見され→さらに魅力を高めるためにアイデアを持ち寄り→街に活気が生まれるというスパイラル。きっかけがあれば、どんな街でも好転する可能性があると思います。




 豊島区としては空き家率を解消すべく、2019年度までに100件のプロジェクトを実現させたいとのこと。実現すれば、おもしろいエリアに生まれ変わりそうですね。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top