FC2ブログ
2016
03.17

BreakfastではなくArtで勝負 高円寺の泊まれるギャラリープロジェクト

Category: ニュース
 
 高円寺経済新聞2016年2月2日の記事『高円寺のビルを「泊まれるギャラリー」へ オープンに向けネットで資金調達』によると、アート作品の発信とアーチストの支援を目的としたホテルが開業予定とのことです。




BreakfastではなくArtで勝負 高円寺の泊まれるギャラリープロジェクト 
(イメージ画像)




 BnA株式会社が手がける「Bed & Art Project」。先行する池袋・京都は外国人観光客に好評だそうです。3件目のアートホテルとして高円寺で準備を進めているのが今回紹介する「BnA koenji」。JR高円寺駅北口から徒歩1分という好立地で、2月中のオープンを目指します。




 なんといっても「泊まれるギャラリー」というコンセプトがユニーク。単にお洒落な部屋を提供するということではありません。旅行者が日本の現代アートに触れるための物理的な接点を、という発想から生まれたプロジェクトだそうです。利益の一部はアーチストに還元されるので、泊まるだけで貴方もアーティストを支援するパトロンの一員になれます。




 ギャラリー以外にも屋上ラウンジやバーなどでもイベントが企画されているとか。宿泊する人もしない人も楽しめるような空間になることでしょう。さらにホテルだけにとどまらず、高円寺エリアの空き家を利用し、30~40部屋をアートルームとして展開する予定。飲食店や銭湯と連携し、街全体をアート空間として盛り上げようという試みです。




 2015年の訪日外国人数は1900万人を突破し、過去最高を記録しました。消費の面からいくと喜ばしいことですが一方、急激な客数増加によるインフラやホテルの供給不足が懸念されています。空きスペースを有効活用し、わざわざ選んで泊まってみたいと思わせる素敵なホテル・素敵な街を創り出す「Bed & Art Project」が、インバウンド需要に一役買うことに期待したいところです。




 地元密着的な商店街やチェーン店ではない個性的な飲み屋、ライブハウス、古着、雑貨屋など、独特なおもしろさがある高円寺。そこにアートという新たな魅力が加わって、旅行客だけでなく地元からも国内からも人を呼べる街になるのではないでしょうか。




 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top