FC2ブログ
2016
02.29

本館と西館で新たなスタート アトレ恵比寿

Category: ニュース

 シブヤ経済新聞2016年1月12日の記事『「アトレ恵比寿西館」、今春開業へ シェイク シャック、猿田彦珈琲など21店舗』にて、この春オープンするアトレ恵比寿西館が紹介されています。恵比寿駅の西口広場に面して建設中。西館の誕生にともなって、現在のアトレは本館と呼ばれることになります。




本館と西館で新たなスタート アトレ恵比寿 
(イメージ画像)




 地下1階~地上9階の10フロアで、本館に比べるとコンパクトな作り。施設コンセプト「La Patio(中庭)~“わたし”と“街”とをつなぐ場所」をイメージさせるような、明るく開放的な外観となる予定。また連絡通路を新設することで東口改札~本館~西館をつなぎ、回遊性と街の活気をアップさせることも目指しているとのことです。




 少数精鋭の店舗を見てみると…タイトルにもあるように恵比寿発のスペシャリティーコーヒー店「猿田彦珈琲(コーヒー)」やNY発バーガーショップ「シェイク シャック」など、話題のショップが登場。他にもカフェやアルコール、レストランもツボを押さえたラインナップとなっています。




 2階と3階は一つの企業がワンフロアを担当する構成。複数のブランドを展開しつつ、世界観の統一やアピールが図れるのではないでしょうか。そして5~6階は安定の無印良品が本館より移転。8階屋上にはガーデンテラスが開設されるとのこと。本館屋上のグリーンガーデンも人気ですが、西館でも同様に憩いの場所を提供します。




 今のままでも充分素敵だけれど、もう少しスパイスをプラスしてさらに楽しい空間に!という意図で増床するものと思っておりました。が、本館も負けてはいません。3階~6階を中心に順次リニューアルを敢行します。




 リニューアルでの注目は、アトレ初の自主編集アパレルセレクトショップ「クチューリフ(人生の仕立て屋)」。Couture(仕立て・縫製) + life(人生)というコンセプトから生まれた造語です。個性的、上質、本物にこだわった約50ブランドをチョイスしているそう。他の駅ビルとはひと味違う、百貨店に通じる心意気を感じますね。




 恵比寿といえば、ちょっとお洒落なイメージがあります。今思えばガーデンプレイスとアトレの影響がとても大きかったと思います。代官山と近いこともありますね。今回気づいたのですが、施設名に「ガーデン」を使用していることも居心地が良さそうな、ゆとりがありそうな雰囲気を醸し出しているのかもしれません。これからも恵比寿の魅力アップにますます貢献していきそうな、新しいアトレに期待しましょう。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top