FC2ブログ
2015
12.28

まいど!モスドが関空にオープン

Category: ニュース
 
 流通ニュース2015年11月13日の記事『ミスド、モス/関西空港に「MOSDO関西国際空港ショップ」』にて、「MOSDO関西国際空港ショップ」が紹介されています。MOSDOとはその名の通り、ミスタードーナツとモスバーガーとのコラボレーションブランド。運営するダスキンとモスフードサービスの資本業務提携から誕生しました。




まいど!モスドが関空にオープン




 第1ターミナルビル2階南にオープンし、MOSDOのみならずミスド、モスバーガーの西日本におけるフラッグシップと位置づけているとのことです。白を基調とした店内は、縁側と庭がコンセプトなのだとか。ドーナツやハンバーガーを調理する工程も見られます。




 MOSDOとしては広島に続いて2店舗目の関空店。2008年に業務提携をスタートさせていますが、どんどん店舗を拡大していくというよりは、じっくり育てていく方針なのかもしれません。それぞれのブランド強化の方が優先順位が高いということもあるでしょう。




 最近ではモスバーガーが新業態の「モスクラシック」を発表し、グルメバーガーの流れをしっかり掴んでいますね。アルコールや肉汁したたるバーガーなど、大人はこちらが気になるのでは?しかしファミリー層や若者には、MOSDOはぴったりはまるのではないでしょうか。




 ミスドは駅前に積極的に出店しているイメージがありますが、モスバーガーはどちらかというと落ち着いた場所に展開しているイメージ。果たして両社の共通点は?




 それは根本的な理念が一致していること。お店での「手作り」にこだわり、「できたて」を提供し、お客さまに「おいしい」をお届けするという姿勢。これが共通する想いとのことです。




 これまでにコラボ商品として、ホットチキン(バーガーとパイ)、ドーナツバーガー、フレンチクルーラーとライスバーガーのトレードなどを開発してきました。関空店ではコラボメニューではなく、「バーガーとドーナツが一緒にオーダーできる」ことがウリ。390円でドーナツセットをプラスできます。




 関空内にはファストフードのライバルが多いようですが、場所的にはまずまず。集客も見込めるでしょう。関空ならではのフードメニューがあると、行きたくなるモチベーションがアップするのではないでしょうか。例えば飛行機にちなんだものなどいかがでしょうか。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top