FC2ブログ
2015
12.24

手早くおいしいものを食べたい方にぴったりな駅ソトレストラン登場

Category: ニュース
 
 池袋経済新聞2015年11月20日の記事『池袋駅に地域食材のレストラン「のものキッチン」 朝昼夜でメニュー変更』にて、ジェイアール東日本フードビジネスによる新しいレストランのオープンが紹介されています。場所は池袋東口「いけふくろう」のほど近く、8:00から23:00の営業時間を朝・昼・夜に分け、それぞれの時間帯にあったメニューを提供するとのことです。




手早くおいしいものを食べたい方にぴったりな駅ソトレストラン登場 




 朝は卵かけご飯と納豆ご飯におかずセット。昼はボリュームたっぷりの東北6県盛り合わせ丼と三陸のサケ&イクラの親子丼。夜は昼とは違う組み合わせの東北6県の盛り合わせやオリジナルのクラフトビールなど、いろいろと楽しめそうなラインナップとなっています。




 お気づきでしょうが、東北6県(青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)の素材をふんだんに使ったメニュー構成となっております。それもそのはず、お店のコンセプトが「東日本の旬のもの、地のもの、縁のもの」を味わえる飲食店だからです。




 というのもJR東日本が展開する『のもの』は、東日本の各地域の食を通して地域の魅力を発信する地産品ショップとしてスタートしたという経緯があります。上野と秋葉原に既存店があり、池袋店は初の飲食業態単体での出店とのこと。店舗数はそれほど多くはありませんが他の飲食事業と共存しつつ、大事に育てていってほしいと思います。「食べて東北を応援」がさりげなくできるという点でも期待したいですね。




 個人的にはクラフトビールがあるのがうれしいところ。飲み比べセットもあるようなので、東北のおいしいものを食べ比べながらクラフトビールを飲み比べといった、おトクな気分が味わえそう。魚だけでなく肉系のおかずも用意されています。




 また、すぐ電車に乗って帰れるロケーションなので、ちょい飲み需要にもマッチするのではないでしょうか。カジュアルな雰囲気で、おひとり様でも気軽に立ち寄れそうなところもプラスに働くかもしれませんね。これはかなり使えるお店になりそうな予感がします。




 ちなみに開業特別メニューは大間のマグロ丼。3000円也。さすがです。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top