FC2ブログ
2015
10.29

銀座の男度アップ 松屋銀座・紳士フロアリニューアル

Category: ニュース
 
 銀座経済新聞2015年9月4日の記事「松屋銀座が紳士フロアリニューアル オリジナルブランドやインポートセレクト店強化」によると、この日「できるだけイケメン」な社員が客を出迎え、松屋銀座の紳士服フロアのリニューアルオープンを盛り上げました。




銀座の男度アップ 松屋銀座・紳士フロアリニューアル 




 22のブランドがリニューアルされ、9つのブランドが新規出店。銀座で働く40代のビジネスマンや、休日に買い物を楽しむ30代男性がターゲットとしています。回遊性・買い回りなど、フロアのことだけでなく松屋全体、あるいは銀座という立地を意識した構成となっています。




 5年前から展開していた「アトリエメイド」の売り場を拡大。全行程を1人の職人が縫い上げる「丸縫いスーツ」が売りの、松屋オリジナルブランドです。革製品の工房が集まった「レザークラフトマンワールド」は、縫製の実演もあるそう。いずれもオーダーメードに対応しています。着る人、使う人がものづくりの過程を実感でき、ワクワク感と愛着が倍増しそうですね。




 他に百貨店初出店のインポートセレクトショップも。紳士服の本場、イタリアやイギリスのアイテムが揃います。以前より「銀座の男」市で体に合ったスーツの魅力を発信してきた松屋銀座。今後ますます素敵なアイテムを提案をしてくれることでしょう。




 ほぼ時を同じくして、紳士服を中心とした百貨店の動きが活発な2015年後半。近隣の有楽町では、阪急メンズ東京が一足早く8月末に大規模な改装を終えました。こちらも国内外のブランドをそろえ、小物や靴売り場を拡大し、強化を図りました。




 そして12月に控えているのが三越伊勢丹が丸の内にオープンさせる「メンズファッションセレクトストア」。エリアは少し違いますが、メンズファッション業界では一日の長がある三越伊勢丹の新業態店。非常に気になる動きでしょう。

 今思えば2003年、新宿伊勢丹のメンズ館が全面改装を敢行したことが、じわじわと効いてきたのかもしれません。選び抜いた良いものを長く使う、また選び取るセンスを磨くという、いわばお洒落の基礎体力がついてきたのではないでしょうか。




 松屋銀座で着こなしや身だしなみに敏感な男を育ててきた方といえば、宮崎俊一氏。メディアにもたびたび登場する名物バイヤーです。今回のリニューアルも彼の影響力が大きかったのではないでしょうか。20年間のキャリアで培ったネットワークを活かし、今回の店舗のために高級ヴィンテージ生地などを調達されたそうです。




 彼の奔走のおかげで「クオリティーに対して値段をかなり抑えた『オーバークオリティー』の商品」が提供されるということでしょう。男性ならぜひ体験してみたいですね!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top