FC2ブログ
2015
10.08

毎日全方位でクリエイター 金沢の新しい取り組み

Category: ニュース
 
 コロカルニュース2015年8月11日の記事『若手クリエイターは家賃0円!360°にクリエイターがいる住まい「360&365creators」』によると、石川県金沢市で若手クリエイターの育成と地域の活性化の動きを融合させようとするプロジェクトが紹介されています。




毎日全方位でクリエイター 金沢の新しい取り組み 



 その名も「360&365creators(サンロクゼロ・サン ロクゴ クリエイターズ)」。360度にクリエイターがいる住まいをつくると同時に365日クリエイターでいられる空間をつくることが目的だそうです。




 若手クリエイターに住まいを提供する代わりに、金沢の企業からデザインの仕事を引き受けてもらうというこの取り組み。学生を想定しているので、実績を積める貴重な機会と住む場所を同時にゲットできるチャンスということになりますね。企業としては、フレッシュな感覚のデザインを取り入る可能性がありそう。うまくマッチすれば、どちらにとってもメリットとなるのではないでしょうか。




 拠点となるのは金沢郊外の築43年の元県営住宅。近年では空き部屋が増えているようですが、地元の不動産会社が管理・運営を行い、再生させるべく今回のプロジェクトを立ち上げたそうです。写真を見る限り外観は白一色ですっきりと、内装もシンプルでクールな雰囲気です。さらにDIY可能で、自分なりの空間にカスタマイズできます。マンション内にカフェや作業場、フリースペースも準備される予定とのことです。




 5年後10年後を見据えて若手を巻き込み、さびれた集合住宅をそのままにしておくのではなく、新しい価値を生み出す場所に転換していくための前向きな取り組みだと思います。




 今年は新幹線が開通し、金沢を中心として北陸がメディアで取り上げられることが多くなりました。観光地としても魅力的ですが、金沢に進出する企業も出始めているとか。そんな企業と若手クリエイターとのコラボも期待できそうですね。




 ここで思い出されるのが金沢21世紀美術館。建物もコンセプトも開かれた美術館です。円形で、東西南北に入り口があり、360度来館者を受け入れてくれます。2004年にオープンして以来、地域の方たちのアートやデザインへの意識を高める役割を果たしており、またとりわけ子供とともに成長していこうという姿勢も打ち出しています。




 アートやデザインを身近に感じてきたちびっこたちが、そろそろアウトプットする側になる時期かもしれません。ふと今回のプロジェクトとのリンクを感じたのでした。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top