FC2ブログ
2015
10.05

書いて食べて飲んで、また書いて ぺんてるのカフェバー

Category: ニュース

 FASHION HEADLINE2015年9月7日の記事『ぺんてるの「らくがきカフェバー」が銀座にオープン!今年のテーマは美術館』にて、銀座に期間限定オープン中のユニークなお店が紹介されています。店中がキャンバス、どこでも落書きOK、なカフェバーです。






 この「カフェバー」というところがポイント。黙っていてもいろんな場所にお絵かきしてしまうチビッコはもちろん、18:00からはバータイムになるので大人も堂々と書きまくれます。




 昨夏の大盛況を受け、今年が2回目の開催とのこと。筆記用具で有名な文具メーカー・ぺんてるだけあって、壁・窓・床・柱・テーブル・たこせん・オムライス・ケーキ…とにかくどこにも書き放題です。今年は美術館がテーマということで、ゴッホ、フェルメール、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ムンク、マネなど、巨匠たちの絵画や石膏像にも、もちろんイケます。




 誰にでも経験があると思います。教科書の偉人の写真についつい足してしまう髭、アフロ、眼鏡、一言ネタ…それがリアルに書けるのですから、楽しくないわけがありません。




 フード&ドリンクメニューは、とってもフォトジェニック。色とりどりのソースでいただくフライドポテトやクレヨンみたいなチョコレート、カラフルなケーキやマカロンが散りばめられたセット、アルコールではパステルカラーのカクテルや自分で色を混ぜて作るカクテルなどもあり、どれも楽しそうです。




 週末を中心に、さらにらくがき心を盛り上げてくれそうなイベントも。オリジナル色のサインペンを作るワークショップや、全身らくがきOKな「Mr.キャンバス」の登場などが予定されています。本格的なフェイスペインティングもあるそうなので、特にハロウィーンの時期にはうってつけではないでしょうか。




 ぺんてるは会社として「表現」することを強く意識したビジョンを打ち出しています。らくがきカフェバーもその活動の一環ということでしょう。マジメなポリシーを柔らかい表現で、幅広い人たちに届けようとするこの試み。今後も定着していくことと思います。




「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」は9月6日(日)~10月31日(土)まで、銀座にて営業中です。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top