FC2ブログ
2015
09.28

長く続ける秘訣も知りたい 閉店した飲食店の業態と営業年数の調査結果

Category: ニュース
 
 PR TIMES2015年7月27日の記事「閉店したラーメン店、4割が開店から1年以内。飲食店で閉店しやすい業態とは?」で、飲食店についてなかなか興味深い調査結果が公表されています。



長く続ける秘訣も知りたい 閉店した飲食店の業態と営業年数の調査結果 
(イメージ画像)



 飲食店の出店開業支援サイト「飲食店.com」が、開店した飲食店の業態と営業年数を集計したところ、アジア料理、ラーメン、中華、そば・うどんについては7割以上が3年以内で閉店しており、4割以上の店舗は営業1年以内に閉店していることがわかりました。




 ラーメンは出店したいトップ5の常連だそうですが、閉店も多く、入れ替わりが激しい業種のようです。国民食といってもいいくらい人気があるラーメン。チェーン店も多いですし、素材にこだわりまくったものや変わり種のラーメンなど、あの手この手で攻めているお店も増えているように感じます。ここ数年は海外に活路を見出すチェーン店の話もちらほら耳にしますし、国内では飽和状態と言えるのかもしれません。




 逆に長続きしやすいのは寿司、フランス料理とのこと。営業3年を超える店舗が5割以上だそうです。調理に専門技術が必要で開店までのハードルが高い分(開店障壁が高いというそうです)、ねばり強く経営していくということでしょうか。厳しい修行を乗り越えてやっと開いたお店を、おいそれとやめられるか!という意地もあることでしょう。気合いを感じます。




 意外なところでは、鉄板焼・お好み焼きも3年を越えて営業されているとか。こちらも設備投資コストがかかり、競合が少ないということで、閉店しにくいと見られているようです。




 アジア料理も移り変わりが激しいのでしょうか。タイ料理やベトナム料理は結構お客が入っていて、人気があるイメージがあるのですが…




 今回の調査は業態が切り口となっていますが、エリアや立地、人口密度なども関係していると思います。また近所にライバル店があるかどうかも大きいかもしれません。企業努力や切磋琢磨が人気・売上アップには欠かせない要因でしょう。




 ちなみに、鉄板焼・お好み焼きにはもんじゃ焼も含まれていると思われますが、もんじゃ焼といえば月島。というように同業種が密集している地域はブランド化されているのが強みになっていますね。




 最近気になっているのが、高田馬場。ミャンマー料理店が増え続けていて、「リトルヤンゴン」と呼ばれているそうです。もちろんミャンマーの方たちが経営されています。アジア料理店を長く続けるのは大変とのことですが、根付いていくことを願っております。




 ミャンマーのラーメン「モヒンガー」はクセになる美味しさです。ぜひ一度ご賞味ください!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top