FC2ブログ
2015
09.14

東京メトロをとりまく状況について

Category: ニュース

 のりものニュース2015年7月18日の記事『「一人勝ち」する東京メトロ 如実に現れた首都と日本のいま』によると、大手民鉄16社のうち大半は乗客数がマイナスの中、東京メトロだけはプラス傾向にあるとのことです。

-----
大手民鉄16社とは
東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急・東京メトロ・相鉄・名鉄・近鉄・南海・京阪・阪急・阪神・西鉄
-----




東京メトロをとりまく状況について 
(イメージ画像)




 東京メトロによると「緩やかな景気回復、街の再開発、副都心線の定着」の3つが乗客数増加の要因と見ているようです。2015年5月発表の資料によると、乗車人員が3000人以上増加した駅は「大手町」「九段下」「豊洲」「虎ノ門」「渋谷」「新宿三丁目」の6駅で、その大半が駅周辺の再開発が進んでいる地域とのこと。




 さらに都心の居住者が増加していることも影響しているとか。確かに近ごろでは都心のマンションに住みたいとか、狭い土地でも工夫して家を建てたいと考える人が増えているようです。通勤時間の問題や利便性などが理由でしょう。オフィスや商業施設だけでなく暮らす人も増えているのなら、この数字も納得です。




 地方創生や各地域の産業や名産品の掘りおこし→町おこし等の話題をよく耳にするようになったなあと思っていたのですが、都心への人口集中も同時に進行していたんですね。この傾向は今後も続くと見られています。




 ただ「一人勝ち」というのはちょっと表現が強いような気がします。東京メトロは路線が張り巡らされていますし、私鉄との直通運転も多いです。その場合、東京メトロが有利にカウントされるのでは?とも思います。




 また各社ともメインは鉄道事業ですが、不動産や周辺地域の開発・街づくりなど、企業としてトータルで利益を上げていくという方針ではないでしょうか。あらためて上記16社を眺めてみると、ほとんどデパートを経営していますね。




 東京メトロも数年前にエチカをスタートさせたり、駅ナカや乗換通路のデッドスペースに店舗を展開するなど、リテールにも力を入れています。車両やホームも目に見えて改善されていますし、このまま快適な空間を目指していってほしいところです。




 最後に、ご利用の多い駅上位30駅の印象を少し。
・銀座が減っているのが意外です。爆買い観光客の方々はバスで乗りつけるからでしょうか
・国会議事堂前も車で出勤される方が多いのでしょうね
・九段下は武道館でのライブやイベントさぞかしが盛り上がっているんですね




 余談ですが先日、北千住駅の掲示板が北「干」住になっていたという、まさかの誤植が発覚したのをご存知ですか?とりあえず「千」のシールを貼ってしのいでいるそうです。担当者は悔しい思いをお察ししますが、ほっこりさせていただきました。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top