FC2ブログ
2015
08.10

古い街並みと調和するマクドナルド@ロッテルダム

Category: ニュース

 GIZMODO2015年6月29日の記事「これがマクドナルド?超モダンでお洒落なマックがオランダに現る」で、オランダのロッテルダムにあるマクドナルドの店舗が紹介されています。ガラス張りと金に加工されたアルミ板で構成されており、それ自体が発光しているかのよう。黄色の「M」と白の「Macdonald's」も違和感なく溶け込んでいて、とっても洗練されたたたずまいです。




古い街並みと調和するマクドナルド@ロッテルダム 
(イメージ画像)




 旧店舗は「ロッテルダム1の醜い建物」と言われるほど、美しい街並みから浮いていたそうです。そこでロッテルダムの建築事務所がデザインし直し、モダンな建物に生まれ変わったとのことです。ガラス張りなので、やはり夜になると一層その美しさが際立ちます。周囲との調和を取りつつ、街を照らす存在になることを狙ったんだそうです。




 どうせ目立つのなら、いい意味で目立つ方がいい!ということでしょうか。私見ですがオランダという国は、何かを解決しようとするときに思い切った判断をするというイメージがあります。例えば大麻カフェや飾り窓。禁止することでより深刻に広まってしまうのなら、一部解禁してある程度は認めてしまおうという発想の転換。しがらみや規制に囚われがちな日本人にからすると、驚くと同時に感心してしまいます。




 他にもヨハン・クライフが実現した全員が連動するプレースタイルのトータルフットボールや、踊れないくらい(?)テンポが早いハードコアなテクノミュージックなど、新しい価値観を生み出し受け入れる土壌があるのかもしれません。そもそもオランダは土地が低く、国土の多くが湿地を干拓して開発されたとのことです。そこで「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」という言い回しがあるほど。思わず納得してしまいますね。




 さてマクドナルドに話を戻しますと、世界中に素敵な店舗やユニークな店舗が結構たくさんあるようです。例えばハンガリーのブダペスト西駅のマクドナルドは「世界で一番美しいマクドナルド」と呼ばれているそうです。エッフェル塔のアレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル氏が設計した駅舎のホールをそのまま利用しているとのこと。とてもクラシックで落ち着いた雰囲気です。




 ところでこのロッテルダムのガラス張り店舗、中でハンバーガーを食べるよりも、外から眺めている方が美しさを堪能できるような気がするのですが…


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top