FC2ブログ
2015
07.24

目にもやさしい「抹茶ビアガーデン」

Category: ニュース

 FASHION PRESS 2015年5月27日の記事『御茶ノ水に「抹茶ビアガーデン」オープン - 抹茶ビールが飲み放題&お茶料理も充実』によると、お茶尽くしのビアガーデンがオープンするとのことです。「グリーンティー レストラン 1899 お茶の水」にて、夏季限定開催です。




目にもやさしい「抹茶ビアガーデン」 
(イメージ画像)



 とにかく見た目にグッときます。爽やかなグリーンです。ただし抹茶黒ビールの方はかなり深~く濃~い緑です。肝心のお味はというと、ビールのほろ苦さと抹茶の苦みが合うそうです。抹茶の香りがビールを包み込み、かなり抹茶感が感じられるそうですよ。




 カロリーや糖質を抑えたビールが台頭してきている昨今。いろいろ気にするより、体にいいものと合わせてみようというポジティブな姿勢に好感が持てます。茶葉を丸ごと摂取できる抹茶とMIXしてしまえば、安心していくらでも飲める…ような気がします。まさにお茶感覚で!というのは言い過ぎかもしれませんが、2時間の飲み放題で税込3,780円となっております。




 ビールとは別料金ですが、お茶をふんだんに使った料理も魅力的。おつまみの定番・ポテトサラダやポテトフライには抹茶をまとわせています。枝豆はもちろん茶豆。抹茶をソースとして使用したメニューや、茶そばにお茶漬け等々、お茶ざんまい。カテキンパワーが充填できますね。




 ここで少し「グリーンティー レストラン 1899 お茶の水」についての情報を。お茶の水にある「ホテル龍名館」に併設されており、ホテルが2014年8月にリニューアルした際に新しくオープンしたとのことです。「ホテル龍名館」は明治32年(1899年)創業の歴史ある旅館が前身。店名に「1899」が冠されているのはそのためです。




 近頃ではビール関係のイベントやお祭りが盛り上がり、クラフトビールや地ビールなどのこだわり系ビールも増えてきました。またデパートの屋上のビアガーデンも洗練された雰囲気で定着しつつあります。そんな中、お茶の水の地でお茶にこだわり、抹茶のビールを生み出し…と「お茶」という芯が通った「グリーンティー レストラン」。いろいろと気になる大人の層に定着していくのではないでしょうか。




 ちなみに抹茶ビールにたどり着くまでに、焼酎や日本酒、梅酒、緑茶リキュールなど様々な案が出ていたそうです。今後のさらなるマリアージュにも期待が高まります。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top