FC2ブログ
2015
07.23

心と体に優しいコンビニ

Category: ニュース

 日本経済新聞2015年5月1日夕刊の記事「1コインでプチ健康診断 血液検査で中性脂肪・肝機能…コンビニ・スーパーで気軽に」によると、ファミリーマート+ファーマライズ薬局末広町店(東京都千代田区)において、コンビニ店舗に調剤薬局を2014年11月から併設し、500円で最大4項目の血液検査が受けられサービスを始めました。

 同店では、生活習慣病が気になる30~50代のサラリーマンや、定期的な健康診断を受ける機会の少ない主婦を中心に約60人がこれまでに利用しているのだそうです。このサービスは、2014年に施行された「産業競争力強化法」に基づく規制緩和によるもので、コンビニやスーパーなど身近な場所でプチ健康診断が受けることができるようになったのです。




心と体に優しいコンビニ 
(イメージ画像)



 店舗ごとに差別化を図るコンビニですが、その個性的な外観で、メディアが取り上げるほどの話題となっているコンビニ店があります。




 三重県伊勢市にある「ファミリーマート伊勢神宮内宮前店」は、伊勢神宮にほど近いこともあって、昔ながらの風情のある景観に溶け込む“町家風建築”になっています。店の看板も控えめな木製になっていて、あまりの溶け込み様にそれと気づかずに通り過ぎてしまいそうな佇まいです。

 また、京都市にある「ローソン八坂神社前店」も京都の景観条例に配慮した外観で、木製格子を窓面に設置し、おなじみのブルーの看板ではなくモノトーンを意識したものを掲げ、祇園の町並みに溶け込む風情に仕上げています。




 日本で唯一、ドラえもんが店内や看板を賑わしているコンビニ店があります。神奈川県川崎市にある「ローソン宿河原駅前店」は、藤子・F・不二雄ミュージアムの近くということで、ドラえもんやパーマン、怪物くんなどの藤子キャラクターが看板・壁面・天井に描かれ、子供だけでなく大人の藤子ファンも多く訪れ、通常のコンビニ商品に加え、藤子キャラのお菓子やグッズも豊富に揃えられています。




 便利なサービスを提供するコンビニが、カフェや一杯飲み屋さんの役割を持ったり、医療やアートの一端も担うまでになっています。特に店舗の外観は、都市や地方を問わない“ご当地ならでは”というのが楽しいところではないでしょうか。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top