FC2ブログ
2015
07.16

初の試み ドン・キホーテの地域密着型高級店

Category: ニュース
 
 産経ニュース2015年5月15日の記事『ドンキが「高級店」に挑戦 1号店を白金台に29日オープン』によると、「プラチナ ドン・キホーテ」が5月29日、白金台にオープンしました。割安感とカオス感でおなじみのドン・キホーテに「高級感」のテイストを加えた新型店とのこと。もちろん24時間営業です。



初の試み ドン・キホーテの地域密着型高級店 
(イメージ画像)



 店舗名に「プラチナ」を配し、外観は白と金でまとめるといった凝りようです。徹底して白金(=プラチナ)を貫き通します。会議ではさぞかし盛り上がったのではないでしょうか。




 今回の店舗の売り上げによっては、多店舗展開も検討するとのこと。他の場所では…ネーミングや外観はどうするのでしょう?「プラチナ」をブランド化していくのか、それとも立地に合わせてカスタマイズしていくのか。銀座だとシルバーを基調にした外観に?などと想像してしまいます。他の街での展開が気になるので、ぜひ白金台で成功してほしいと思います。




 取扱商品は食品、生活雑貨品、日用消耗品のカテゴリーに絞り込んだとのこと。とりわけ高級食材の取り扱いが既存店との大きな違いとなっています。なかでも話題になりそうなのが、松阪牛の専門店「朝日屋」。地元とネット通販のみで取り扱っていた高級肉を販売(こちらの営業は10時~22時)。全国初の取り組みだそうです。他にも製菓やパン、また店内で調理する惣菜や弁当なども提供していくようです。




 業績好調のドン・キホーテ、グループ全体で300店に達しました。また売上高、営業利益ともに過去最高を更新し、2015年6月期には26期連続で増収増益を達成する見込みだそうです。積極的な出店攻勢もありますが、インバウンドの取り込みが大きな要因のようです。




 他社に先駆けて海外へのPRを開始し、免税店である点をアピール。やがて深夜営業や陳列方法、品揃えが独特ということで外国人の間で話題になり、人気が出てきたようです。期間限定で外貨によるレジ精算サービスを行うなど、素早い判断と機動力が功を奏しているのだと思います。




 最初に聞いたときには「驚安の殿堂が高級店を?」だとか、「白金台だから白と金?」などとツッコミたい気持ちにもなりました。が、好調なときだからこそ、チャレンジできますし、幅広いニーズに応えようとする貪欲さはさすがですね。




 ところでお店でかかっている例のBGMも高級な音になるのでしょうか。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top