FC2ブログ
2020
04.27

ホテル業界におけるコロナウイルスの影響

Category: ニュース
 
 現代ビジネス2020年3月28日の記事『コロナショックで大苦境の「ホテル業界」いよいよ明暗が分かれ始めた』にて、新型コロナウイルスが宿泊業へ及ぼす影響についての考察が紹介されています。数年にわたって業界をウォッチしてきた記者による、今後の見通しとは?



ホテル業界におけるコロナウイルスの影響 
(イメージ画像:フリー素材より)



 近ごろでは、宿泊料金が軒並み低料金になっているのだそう。コロナウイルスの影響で訪日外国人旅行客が激減し、空室が多いためです。空室のままよりも少しでも稼働を上げるため、致し方ない判断だと思います。しかし実は2018年末辺りから、供給過剰の懸念があったとのこと。2019年に入ると稼働率や料金が下落傾向が見られ、紅葉でにぎわう秋の京都でホテルが取れる、しかも安い、という状況だったんだとか。




 国は観光立国を目指し、目標6000万人を掲げていました。今年夏に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックに向けて、2015~2016年ごろからホテル建設が数多く計画され、5年で約600軒も増加。特に収益率が高く、開業のハードルが低いビジネスホテルが多いとのことです。さらにさまざまな需要に応えようと、民泊やカプセルホテルも7000軒ちかく開業したんだそうです。




 そこに今年2月下旬頃から世界中に広がり始めたコロナウイルス。訪日外国人の割合が多かった宿泊施設では、客数が80%減になったところもあるとか。さらに東京オリンピック・パラリンピックが1年延期されることで、さらに厳しい状況に陥る見込みです。建設中のプロジェクト関係者は非常に悩ましい状況でしょう。




 そんな中、もちろん奮闘してるホテルもあります。例えば、日本人にフィーチャーしてインバウンド率をコントロールしてきたホテル。あるいは宿泊頻度が高い出張族が利用するホテル、会員優待などを手堅くおこなってきたホテルなど。観光地では、ターゲットを明確にしてゲストのニーズに応え続けてきたホテルも客数を維持しているようです。




 独自のプランで奮闘してるホテルも。横浜ではルームサービス充実させたプランや、箱根では格安の宿泊プランなど。新しいアイデアで窮地を乗り切るためのプランを打ち出していくのだそう。ぜひとも踏ん張っていただきたいところです。まさに「ピンチをチャンスに」なタイミングといえるのではないでしょうか。




 在宅勤務や土日に不要不急の外出を控える動きが全国に広がっています。商業施設、観光地、カルチャーエンタメ関連は休業・休園がしばらく続くでしょう。本当に大変な時期だと思います。今はとにかくこの状況を収束させることががなによりも優先される状態です。この時期を乗り切った先に、人々が世界が動き出すことを望んでやみません。




Comment:0
2020
04.20

京都に伝統と革新の新しい風を

Category: ニュース
 
 不動産ニュースサイトR.E.port2020年3月19日の記事「京都で元電話局の設え生かしたホテル等開業」にて、4月にオープンする「新風館」が紹介されています。1926年に竣工し、およそ100年の歴史を持つ「旧京都中央電話局」の再開発プロジェクト。NTT都市開発が手がけています。



京都に伝統と革新の新しい風を 
(イメージ画像:フリー素材より)



 そんな歴史的建築物を一部保存・改修し、生まれ変わった「新風館」。京都市指定・登録文化財第一号だけあって、レンガの壁がレトロな雰囲気を醸し出しています。建築デザイン監修は隈研吾建築都市設計事務所が担当。新築部分は木材をふんだんに取り入れた落ち着いたたたずまいで、「旧京都中央電話局」の建物と調和しています。




 施設の中核となるのは、アジア初進出となる「エースホテル京都」。エースホテルはアメリカ・シアトルで創業したクリエイターズホテルで、その地域や歴史とのコラボレーションを目指しているのだとか。「エースホテル京都」のコンセプトは「East meets West」。国内のアーティストのオリジナルアートや「坪庭」をイメージした庭園など、京都の文化や伝統が盛り込まれています。「旧京都中央電話局」の雰囲気を楽しめるお部屋もあるそうですよ。




 客室数は213室。ギャラリーやジム、3つのレストランに加えて、バンケットルームやミーティングルームも完備。また、インテリアデザインを担当するのは、エースホテルの長年のパートナー「コミューン・デザイン」とのこと。大手チェーンのホテルとは一味違う滞在が体験できるのではないでしょうか。




 他にはミニシアター「アップリンク京都」が開業。アップリンクと言えば、ミニというよりミニミニシアターといった雰囲気で、マニアックなプログラムを上映している映画館です(※あくまでもアップリンク渋谷のイメージ)。こちらも大手シネコン系ではなく、個性的なチョイスとなりました。




 総入れ替えとなるテナント20店舗も、選りすぐりのショップやレストランが集まっています。飲食では、京都のお茶とお酒、京都の素材を使った餃子、クラフトビール、カカオ豆の焙煎からおこなうチョコレート店など。物販では、メンズきもの、眼鏡のセレクトショップ、自然農法の食材、レコードショップ、BEAMS JAPANやMAISON KITSUNEのライフスタイルショップなど。いわゆる複合施設とは一線を画したラインナップ。観光客にも地元の方にとっても、感性を刺激される空間になりますね。




 新型コロナウィルスの影響で、観光やエンタメ業界にとっては厳しい時期が続きます。そんな中、新しい風を吹かせてくれることを期待したいです!




Comment:0
2020
04.13

大手町一丁目のプライドを感じる「大手町ワン」

Category: ニュース
 
 FASHION PRESS2020年3月11日の記事『「大手町ワン」商業施設“大手町ワンアベニュー”やフォーシーズンズホテル、同エリア最大級の再開発』にて、三井物産と三井不動産が手がける大規模開発が紹介されています。大手町ワンタワーと三井物産ビルが並んでそびえ立つ街区を「大手町ワン(Otemachi One)」とすることも発表されました。



大手町一丁目のプライドを感じる「大手町ワン」 
(イメージ画像:フリー素材より)



 東京メトロ・大手町駅の北側に誕生する「大手町ワン」。オフィスや商業施設、ホテル、ホールを備え、このエリア最大級の複合施設となります。日本のビジネスの中心であると同時に、皇居からも近いという最高のロケーション。多くの開発が続く大手町エリアでも、かなり注目のプロジェクトです。




 ちなみに「大手町ワン」は、平将門の首塚に隣接しています。さらわぬ神に祟りなし、現在も畏怖の念をもって大切に守られている将門塚。今回の開発も強化ガラスで囲われ、アンタッチャブルな存在だったそう。現在ではビジネスパーソンにとってのパワースポットともとらえられているとか。時代は移り変わっても、この地でにらみをきかせていくことでしょう。




 さて「大手町ワン」の概要を見てみましょう。メトロの駅から直結でアクセスできる地下1~2階の「大手町ワンアベニュー」には、30店が出店。働く人たちに欠かせないランチ、テイクアウト、夜の会食にもぴったりな飲食店が登場。もちろんコーヒーやスイーツなど、ほっと一息つきたいときのスポットも充実しています。




 他には「大手町ワン」で働く人専用のサービスがうれしいポイント。食堂では医師が考案した健康的なメニューがいただけたり、コワーキングスペースとしても利用可能とのこと。さらに専用のコンシェルジュやフィットネスも設置されるとか。さすが最新モデル。1日中快適にオフィスライフをエンジョイできそうですね。オフィスエリアには、国内外さまざまな業種の大企業の入居が決まっていて、ほぼ満室とのことです。




 オフィス以外の目玉が「フォーシーズンズホテル東京大手町」でしょう。2020年7月、大手町ワンタワーの上層階に誕生します。都内で2軒目となるラグジュアリーホテル。1軒目の丸の内とさほど離れていませんが、変わらぬホスピタリティで出迎えてくれるのではないでしょうか。




 最新の設備をそなえたオフィスとラグジュアリーホテルと。大手町の進化はまだまだ続きそうです。




Comment:0
2020
04.06

理想のキッチンに出会える たのしいキッチン不動産

Category: ニュース
 
 TechCrunch2020年2月27日の記事『クックパッドが不動産領域の新事業、理想のキッチンを軸に部屋を探せる「たのしいキッチン不動産」公開』にて、新しい切り口の不動産サービスが紹介されています。現在は東京の一部地域のみの展開ですが、順次エリアを拡大していくとのことです。



理想のキッチンに出会える たのしいキッチン不動産 
(イメージ画像:フリー素材より)



 クックパッドといえば、お料理レシピサイトで有名ですね。誰でも自分のレシピを公開できるというコミュニティサイト的なシステムで、アクセスと人気を集めてきました。毎日の献立を考える方にとってはおなじみです。材料や料理名で検索すると、クックパッドのレシピが数多くヒットします。玉石混交とも言われていますが…そこは利用者の使い方しだいです!




 それはさておき、このたび立ち上げた不動産情報サイト「たのしいキッチン不動産」。メイン事業である料理と不動産を結びつけました。料理を作ることをより楽しむために、キッチンという環境面から不動産を探せるという発想にいたったのだとか。同社ならではのサービスですね。一見ニッチではありますが、需要があるのではないでしょうか。




 こだわりのキッチンというと、新築時に機能やパーツを選び、作り上げるのが一般的な方法。シンク、コンロ(もしくはIH)、オープン、自動食洗機などをいわゆるシステムキッチンへはめ込んでいくという段取りかと思います。




 そこまでお金はかけられないけれど、賃貸でも理想的なキッチンがある部屋を探せるのが「たのしいキッチン不動産」のユニークなところ。検索条件に、キッチン設備の項目を細かく設定しているのが特徴です。たとえば「3口コンロ」「調理スペースが広い」「ガスコンロ」「大型冷蔵庫が置ける」「シンクが広い」などなど。使い勝手がよいキッチンが探しやすくなっています。




 また、独自のキッチンスコア「KiT(キット)」を算出。キッチン設備の充実度を総合的に判断した数値とのことです。第三者による基準が提示されていると、利用者側としても選びやすくなるでしょう。




 「毎日の料理を楽しみにする」というクックパッドのミッションの延長線上で生まれた「たのしいキッチン不動産」。お気に入りのキッチンと出会えれば、料理の楽しむ気持ちも自然と生まれてくるのでは? ちなみに私は調理スペースが広いキッチンがいいです!




Comment:0
back-to-top