FC2ブログ
2019
07.29

スペースを有効活用したら快適なオフィスになりました

Category: ニュース
 
 ニュースイッチ2019年6月28日の記事『「2020年問題」解消?都心オフィスの需要が多様化』によると、供給過剰が懸念されていた東京都心のオフィスビルの空室率が1~2%で推移しているとのことです。これは悪くない数字。オフィススペースの多様な活用法が浸透してきたといえるでしょう。



スペースを有効活用したら快適なオフィスになりました 
(イメージ画像:フリー素材より)



 その要因は大きく2つ。まずは現在各地で進行中の大規模再開発。2020年以降に完成する物件を前倒しで契約を結んでいる企業が多いのだとか。次に空室の有効活用。スタートアップ企業の台頭にともない、シェアオフィスやコワーキングスペースなどが普及していることも影響しています。




 たとえば渋谷の場合、駅周辺では「渋谷ストリーム」「渋谷スクランブルスクエア」「渋谷フクラス」など複合施設オープンが目白押しです。消費者としては商業施設エリアが気になりますが、上層階のオフィスエリアもぐんと増えることで、働く街としても注目されています。グーグル日本法人が渋谷へ帰ってくることも追い風ではないでしょうか。




 近年日本でも重要視されている「働きやすいオフィス環境の追求」も見逃せません。働く人たちの身心に考慮したオフィスづくりが進められています。疲れにくい椅子や机を導入したり、栄養バランスを整えるフードやドリンクを常備したり、観葉植物やフリースペースなどリラックスできる空間を準備したり。1日の3分の1を過ごす場所ですから、心地よい環境に越したことはありません。




 心地よいけれどもっと環境を変えたいという方はコワーキングスペースでのお仕事はいかがでしょう。日本でも増えてきましたね。1人で集中して業務に取り組むもよし、あるいは異業種の方と交流して新たなビジネスの種が生まれるなんてこともあるかもしれません。




 働きたい時間に働きたいだけ、働きたい場所で働くことで生産性がアップすることもあります。「働き方改革」と旗印を掲げるだけでは浸透していきません。同時に周辺の環境や意識も変えていくのが重要なポイントです。そんな世の中の流れとオフィススペース供給のバランスが合ってきたということでしょうか。




Comment:0
2019
07.22

甦る渋谷パルコ

Category: ニュース
 
 流通ニュース2019年6月18日の記事「渋谷パルコ/11月下旬刷新、投資額214億円ファッション100店舗」にて、リニューアルオープンする渋谷パルコの概要が紹介されています。渋谷エリアではさまざまな再開発が進行中ですが、そのなかでも渋谷カルチャーの中心地ともいえるパルコのリニューアルプロジェクトがいよいよ明らかになりました。



甦る渋谷パルコ 
(イメージ画像:フリー素材より)



 やはりファッション関連には特に思い入れがあるよう。開業する約180店舗のうち、ファッション系のショップが100店舗ほどを占めるとのことです。ファッションを取り巻く状況は創業時に比べてかなり変化してきています。ファストファッションの台頭、ECやフリマアプリの普及、そして日本経済の移り変わりなど。そんな今の時代と今後を見すえた渋谷パルコのターゲットは「ノンエイジ」「ジェンダーレス」「コスモポリタン」。あらゆる垣根を取り払うという意気込みが感じられます。




 長らく「若者の街」という枕詞が冠されてきた渋谷。しかし若者はやがて大人になります。大人になったら年齢に相応しいセンスを身につけて、いい感じにシフトしていきたいと思うもの。渋谷パルコが人と街が互いに成長していく道しるべになるといったところでしょうか。海外のメジャーブランドを取り入れつつも、日本人デザイナーによるトップブランドを積極的に打ち出すラインナップとなっています。




 もちろんファッションだけにとどまらない文化発信も盛りだくさん。パルコ劇場がパワーアップして復活するのを楽しみにされている方も多いでしょう。またさまざまなジャンルの企画展を行うミュージアムやギャラリーも誕生します。根強い人気の「ほぼ日刊イトイ新聞」関連のショップも出店するとのこと。新たな出会いで眠っていた感性が刺激されるかもしれません。




 お買い物やアートを堪能した後はレストランやカフェで食欲を満たしましょう。B1の「カオス キッチン」ではカジュアルに個性豊かな飲食を楽しめそう。ジビエと昆虫という斬新な組み合わせの料理もあるようで…まさにカオス?とにかく気にはなります。一方7階のレストランフロアでは、落ち着いた雰囲気で本格的な料理が提供されます。




 忘れてはいけないのは3月の発表時に話題になった「ニンテンドートウキョウ」。加えて「ポケモンセンター」も出店するので、コラボなども開催されるのではないでしょうか。大人も子どももさらに外国の方も。まさにノンエイジでコスモポリタンなコンテンツです。




 ジャパニーズカルチャーを全方位で網羅した趣きの渋谷パルコ。いわゆる商業施設とは一味も二味も違います。今年の冬のオープンが待ち遠しいですね。




Comment:0
2019
07.15

1人1人の私たちのホテル「OUR OUR」

Category: ニュース
 
 WWDJAPAN2019年6月17日の記事『老舗かばん商社がホテル事業に参入 浅草橋にミニマルホテル「OUR OUR」をオープン』によると、かばんの企画・製造・卸売りの老舗・林五(はやしご)がホテルを開業するとのことです。海外からの観光客数の増加や、来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックに備え、大小さまざまな宿泊施設が充実しつつある今日この頃。異業種ともいえる老舗かばん商社のねらいとは?



1人1人の私たちのホテル「OUR OUR」 
(イメージ画像:フリー素材より)



 林五の担当者いわく「かばんという"モノ"を売るだけでなく"コト"つまりサービスを提供することで新たな旅のプラットフォームを構築していく」とのこと。突拍子もないアイデアなどではなく、創業130年という歴史の延長上の戦略といえるのではないでしょうか。浅草橋という渋めのチョイスは、江戸時代から続くかばん問屋が多くなじみがあること、また浅草や秋葉原へのアクセスが良いことが理由だとか。東東京エリアの歴史と最先端が味わえるロケーションです。




 ホテルの名称は「カフェアンドミニマルホテル アゥア(CAFE / MINIMAL HOTEL OUR OUR)」。お部屋はいわゆるカプセルホテルタイプがメインです。3タイプですべて朝食付き。プライベートルーム(1人用)とグループルーム(2~4人用)はカプセルタイプ、プライベートルームはベッドがゆったり配置された客室となっています。




 ここ数年のカプセルホテルのトレンドを取り入れ、清潔感がありすっきりとした内装。それでも「OUR OUR」ならではのユニークなサービスで、先行するライバル達との差別化を図っています。その1つが1000円で利用できるランナー向けのプラン。ホテルの5階はランニングステーションとしての利用が可能で、シャワールームと桧風呂を備えているのです。宿泊だけにこだわらない、さまざまな人々が集う仕掛けがそこにはあります。




 1階のカフェバーもオープンな造り。朝食~ランチ~ディナー~バーとオールタイムに対応。朝食からランチタイムでは、食パン専門店のリッチな食パンがいただけます。「高級食パン」を掲げるお店が各地で増えてきており、高くてもおいしいパンを食べたい人たちのあいだで着実にファンを増やしています。朝起きてすぐに焼きたてのパンが食べられるなんて、想像しただけで幸せ…な気分になること間違いナシでしょう。




 ちなみにディナータイム以降はモダンな小料理屋の雰囲気に変わるそう。店内ではセレクトされたアパレルや雑貨の販売もおこなうとか。ミニマルな中に質もギュギュっとつめ込んだ「OUR OUR」。「AMBIVARENT=両価性」のある複合スペースがコンセプトです。泊まる人も泊まらない人も、ついつい行きたくなる居心地の良いホテルの誕生です。




Comment:0
2019
07.08

町田に新しい街が誕生 南町田グランベリーパーク

Category: ニュース
 
 SUUMOジャーナル2019年5月17日の記事『「南町田グランベリーパーク」、11月にまちびらき』にて、官民連携による開発プロジェクトが紹介されています。2017年に閉店したグランベリーモールが装いも新たに帰ってきます。町田エリアの方々にとっては待ちに待ったリニューアルではないでしょうか。



町田に新しい街が誕生 南町田グランベリーパーク 
(イメージ画像:フリー素材より)



 コンセプトは「生活遊園地~くらしの『楽しい』があふれるエンターテイメントパーク~」。東京都町田市と東急電鉄、ソニー・クリエイティブ・プロダクツによる大型プロジェクトです。田園都市線・南町田駅の南側に「新しい暮らしの拠点」を創り出すべく商業施設や公園、都市型住宅を整備するとのことです。敷地面積は依然とさほど変わらないものの、店舗数は2倍以上になるとか。




 その中でも注目されているのが「スヌーピーミュージアム」でしょう。こちらのオープンは12月の予定です。六本木にあった旧ミュージアムは期間限定でしたが、グランベリーパークで常設として復活します。アメリカの「チャールズ・M・シュルツ美術館」の公式サテライト(分館)として、六本木よりも2倍の規模となりパワーアップ。貴重な原画の展示するとのことです。




 スヌーピーはキャラクターとして充分チャーミングですが、原作のコミック「ピーナッツ」もおもしろいんです。おもしろいというよりもちょっぴり哲学的な雰囲気をまとっているかのよう。登場人物たちの言葉がなんとも言えない深みがあるといいますか、ウイットに富んでいるといいますか。じっくり鑑賞できる場所ができるのはうれしいことですね。




 スヌーピーのオリジナルグッズはもちろん、カフェなども展開されます。またワークショップルームも併設されるようなので、「ピーナッツ」の世界をより身近に体験することができるでしょう。子どもから大人まで楽しめること間違いなし!というかむしろ大人がはまるかもしれません!




 およそ230からなる店舗は、4割がアウトレット、3割が飲食系とのこと。他にもアウトドアやシネコンなども備え、エリアごとにさまざまなエンターテインメントを提供していくとのことです。近隣エリア以外からも訪れる人が増え、地域のにぎわいに大きな役割を果たしていくことになるでしょう。単なる商業施設の開業ではなく、あえて「まちびらき」という言葉をチョイスしたところに町田の意気込みを感じます。




Comment:0
2019
07.01

東池袋の新しいランドマークに キュープラザ池袋

Category: ニュース
 
 池袋経済新聞2019年5月24日の記事『「キュープラザ池袋」開業日が7月19日に決定 エリア初含む全16店』によると、池袋東口のサンシャイン通りにオープンする商業施設の詳細が明らかになったとのことです。東池袋エリア「最大級」や「旗艦店」「初出店」など、魅力的なワード満載のビルとなるようです。



東池袋の新しいランドマークに キュープラザ池袋 
(イメージ画像:フリー素材より)



 「ENTERTAINMENT PLAZA」のコンセプトの元、核となるのは都内最大級となるシネマコンプレックス。シネマサンシャインを展開する佐々木興業と東急不動産による開発とあって、やはりシネコンには力が入っています。池袋には映画館が点在していますが、その中心的存在となることでしょう。




 飲食系では、旗艦店としてカフェ併設の雑貨店「AWESOME STORE & CAFE」、鍋師が調合する火鍋スープの「小肥羊」、目利きが厳選する「焼き肉ブラックホール」の3店が入居。エリア初としては、最新VRを駆使した「プラザカプコン」とワンテーマをフィーチャーする「カプコンカフェ」、韓国生まれのかき氷「ソルビン」、本格江戸前寿司の「築地日本海」、そしておしゃれカフェの新業態としてベーカリーカフェ「EDW」が出店。バランスの取れたラインナップとなります。




 40年余り前に開業し、東池袋に新しい人の流れを生み出した「サンシャインシティ」。ターミナル駅から少々歩く場所ながらも、長い目で見れば良い方向に進みましたね。サンシャインへ至る道も含めて街の賑わいを生み出しました。さらには日本が世界に誇るコンテンツ・アニメ関連の成長もあり、東池袋は独特な形で発展を遂げてきました。良い意味でのゴチャゴチャ感があるといいますか、清濁併せ呑む街といいますか。




 ちなみに近隣エリアでは、2020年夏に「ハレザ池袋」が開業予定。こちらはミュージカルに伝統芸能、サブカルまでを網羅するエンタメ施設とのこと。「キュープラザ池袋」との両輪で、東京のカルチャー発信拠点として東池袋がますます盛り上がるのではないでしょうか。




 個人的にはバッティングセンターが復活したのにちょっとびっくりしました。全国的に数が減っているそうですが、球を打ってストレス発散したい方は意外といると思います!こういうところが東池袋ならではというか、ツボを押さえているなあと感心してしまったのでした。




Comment:0
back-to-top