FC2ブログ
2018
11.19

思いがけないものがつまっているかもしれない、箱根本箱

Category: ニュース
 
 FASHIONSNAP.COM2018年7月5日の記事『大人のための秘密基地、ブックホテル「箱根本箱」が8月に開業決定』にて、人気の観光地・箱根に誕生する新たなスポットが紹介されています。新刊から古書、洋書など1万冊を取り揃えるというブックホテル「箱根本箱」。上から読んでも下から読んでも…ではありませんが、センスを感じるネーミング。その本箱の概要とは?



思いがけないものがつまっているかもしれない、箱根本箱 
(イメージ画像:フリー素材より)



 ロケーションは箱根強羅温泉。日本出版販売(日販)の保養所をリノベーション。本との出会いをテーマに、新しいライフスタイルを提案するというコンセプトのもと、ブックホテルに加えてブックストアやレストラン&カフェ、ショップ、シアタールームなどが展開されます。




 客室は18室で、それぞれに異なるインテリアが施されるとのこと。また、すべての部屋に露天風呂を完備。眺めも良く、ゆったりとした時間を過ごせることでしょう。まさに大人のための秘密基地といったところですね。




 本をセレクトするのは、日販のブックディレクションブランド「YOURS BOOK STORE」。施設全体のプロデュースは自遊人が担当します。そのほかに「あの人の本箱」というスペシャル企画も。各界の著名人が選書したオリジナルの本箱が客室内や館内にランダムに置かれるんだそうです。アーチストや作家、タレントなどそうそうたる面々。思わぬ発見があるのでは?




 宿泊しなくても利用できる施設も魅力的。例えばレストランは、「オーガニック&クレンジング」をテーマとした自然派イタリアン。自遊人が提唱するローカルガストロノミー(地域の風土や歴史、文化、農林漁業の営みを「料理」に表現すること)を味わえます。ショップでは、手仕事の良さを活かしたさまざまなグッズを販売するとのことです。




 秋以降にはメンバーシップ・プログラム「本箱会」がスタート予定。宿泊以外のすべての施設の利用が可能だそうです。サテライトオフィスや別荘としての利用を見込んでいるとか。Wi-Fi完備のブックラウンジにPCを持ち込んでお仕事をしながら、フリードリンク。さらにはフリー温泉という特典付き!さすが箱根ですね。




 ユニークなアプローチで「本のある暮らし」を提案する「箱根本箱」。あわただしい日常を忘れて温泉と本をのんびり楽しむなんて、想像しただけでうっとりしてしまいます!




Comment:0
2018
11.05

ストローの素材が気になるタピオカミルクティースタンド、日本初上陸

Category: ニュース
 
 流通ニュース2018年7月5日の記事「ルミネ/ニュウマン新宿に春水堂新業態、ルミネ新宿に日本初上陸レストラン」によると、オープンから1年あまりが経った「ニュウマン新宿」にニューフェイスが登場するとのことです。高速バスターミナル「バスタ新宿」と直結していることもあり、旅行客や帰省客を意識したショップがそろう「ニュウマン新宿」。新しく登場するお店も、ついつい立ち寄ってしまいたくなるメニューを取りそろえているようです。



ストローの素材が気になるタピオカミルクティースタンド、日本初上陸 
(イメージ画像:フリー素材より)



 まずは、タピオカミルクティーで有名な台湾「春水堂(チュンスイタン)」プロデュースによる「TP TEA」。春水堂は台湾のお茶文化を体験できる落ち着いた雰囲気のお店ですが、TP TEAはより気軽にお茶を楽しめるスタンド形式。台湾では250店舗を展開しており、今回が日本初上陸とのことです。




 看板メニューのタピオカミルクティーはもちろん、鉄観音ラテや日本限定のタピオカ抹茶ラテ、翡翠ジャスミンティーなど、メニューは50種類以上もあるとか。どれにするか迷ってしまいそうです。




 日本人の発想からすると、厳選した茶葉を丁寧に抽出し、シンプルに味わうという方向に考えるもの。ところが、台湾の人たちは惜しげもなくミルクやタピオカと組み合わせてしまうのですね!お茶の可能性を最大限に活かし、とことん楽しもうということでしょうか。さらに、タピオカミルクティーソフトクリームや、夏期限定のマンゴーティーシリーズも登場予定です。




 と、ここで1つ気がかりなことが。近ごろ問題になっているプラスチックのストロー。海を汚染する物質としてやり玉に挙げられており、欧米では廃止の方向へと加速しています。プラスチック製の代替品として、紙製や穴のあいたパスタの使用を進めるとか。タピオカミルクティーにとっては、極太ストローが必須アイテム。今後はエコなものになっていくのでしょうか。




 さて、ニュウマンに話を戻すと、森永製菓のコンセプトショップ「TAICHIRO MORINAGA」も気になるところ。創業者の名前森永太一郎に由来した店名です。”おかしを超える、「をかし」な体験を”がコンセプトで、東京初の常設店となります。ミルクキャラメルの味わいを表現したラスクやフィナンシェなど、店舗ならではの「をかし」を取りそろえています。




 選りすぐりのショップが集う「ニュウマン新宿」。おいしい発見が待っているのではないでしょうか。




Comment:0
back-to-top