FC2ブログ
2017
06.29

満を持して誕生のMUJI HOTELは深センで

Category: ニュース

 BUSINESS INSIDER JAPAN2017年4月27日の記事『初の「MUJI HOTEL」はなぜ中国だったのか-今年後半に深センでオープン』によると、無印良品を運営する良品計画がMUJIブランドのホテルを中国・深センで開業するとのことです。

 国内では「無印良品の家」やURとのコラボ・団地リノベーションプロジェクトなど住まいのプロデュースを展開していますが、ホテル事業は初。それが日本ではなく中国から、という点が少し複雑な心境ですが、そこはビジネスの世界。そこに至る経緯を見ていきましょう。



満を持して誕生のMUJI HOTELは深センで 
(深セン市 福田区の高層ビル群)



 一番の理由はビジネスパートナーとなる地元のディベロッパー・深業集団との出会いが大きかったとのこと。「MUJI HOTEL SHENZHEN(中国名:無印良品酒店 深セン)は、深業集団が運営する複合商業施設「深業上城」に入居します。共に協力し、新しい試みへ取り組むようです。




 次に、深センというロケーションもポイント。中国最初の経済特区となり成長を続けています。中国の有力テクノロジー系企業が集まり今では「アジアのシリコンバレー」と呼ばれているとか。以前は安価な労働力から「世界の工場」といった位置づけでしたが、IoTなど最先端の技術開発力を持った新興企業が台頭しており、活気があるエリアになっています。このような思い切った戦略は、日本も学ぶべき点が多いと思います。




 そしてもちろん、中国という巨大なマーケットの消費者たちを取り込むという目的が大きいでしょう。日本で成功した企業は世界進出を目指す場合、まずアジア、特に中国をターゲットにするのはもはや当然の流れと言えます。




 2005年に無印良品の中国1号店がオープンし、2013年には100店舗に。さらに出店スピードは加速し、2016年末には200店舗にまで達したとのこと。無印良品の人気ぶりがうかがえます。全体的に中国人の所得がアップしたことに加えて、日本ブランドへの信頼感もあり、若者を中心に受け入れられているようです。これまでに多くの日本企業が中国へ進出していますが、かなりの成功事例となっています。




 さて、開業が待ち遠しい「MUJI HOTEL SHENSHEN」は、「ゴージャスでもチープでもない」がコンセプト。家具や雑貨は無印良品の商品を使用し、肩肘張らずにシンプルで居心地の良いステイが楽しめることでしょう。さらに無印良品の旗艦店やMUJI BOOKS、Cafe&Meal MUJIも同居予定ということで、MUJIの世界観を満喫できるスペースになりそう。ますます中国人のファンが増えるのではないでしょうか!


 
Comment:0
2017
06.26

3カ月ごとに新しいコラボが登場 新宿サザンテラス

Category: ニュース
 
 新宿経済新聞2017年4月28日の記事『新宿サザンテラスにカフェスペース「SHINJUKU BOX」 LINE FRIENDS STOREも』にて、三越伊勢丹トランジットによる情報発信型カフェのオープンが紹介されています。約10年間クリスピー・クリーム・ドーナツ1号店として親しまれていた跡地が、フレキシブルな業態で生まれ変わります。



3カ月ごとに新しいコラボが登場 新宿サザンテラス 
(イメージ画像:フリー素材より)



 すでに台湾かき氷の「アイスモンスター」とイスラエル初のチョコレート店「マックスブレナー」が先行オープンしていましたが、このたび「LINE FRIENDS STORE」と「うさまるカフェ」が新たに加わりました。この4店がコラボする限定メニューやグッズを販売するとのことです。単体でも充分魅力的なブランドですが、コラボによってさらにスペシャル感がアップ!しているようですよ。




 メニューやグッズのみならず、期間も7月30日までの限定。その後3カ月ごとに出店するブランドを変えていく予定だそう。移ろいやすい消費者を飽きさせない工夫と言えるかもしれません。海外からの観光客も多い新宿ですが、より目新しく勢いのある店舗に切り替えていくことで、日本人客にとっても要チェックのスポットになることでしょう。




 いずれにせよさまざまな人が訪れる、試行錯誤やチャレンジをするのにぴったりなロケーション。上記の4社協業が成功すれば、プロジェクトに参加することがステイタスとなり、テナントの誘致や集客にもプラスになっていくと思います。




 三越伊勢丹トランジットは、三越伊勢丹ホールディングスとトランジットジェネラルオフィスとの合弁会社。三越伊勢丹HDの飲食事業拡大を目的に設立されました。トランジットジェネラルオフィスは、カフェブームの先駆けともいえるカフェに始まり、話題になる店を次々と手がける会社。サザンテラスがさらにイケてる場所になっていくのではないでしょうか。




 社長交代が大きなニュースとして取り上げられた三越伊勢丹HD。本業の百貨店でも重要な要素となる飲食事業ですから、「SHINJUKU BOX」での新たな取り組みにも期待がかかります。会長もドキドキしているこの新業態、私たちはワクワクしながら楽しみましょう。




Comment:0
2017
06.19

旅の良さ モノ・コト・ヒトで掘り起こす

Category: ニュース
 
 日本経済新聞2017年4月26日の記事「ビームスとJTB子会社が提携 若者に旅の魅力訴え」によると、アパレルセレクトショップのビームスが地域活性化を目的としたプロジェクトを立ち上げたとのことです。提携パートナーはJTB。ということでその名も「JTBeams(ジェイティービームス)」の誕生です。



旅の良さ モノ・コト・ヒトで掘り起こす 
(イメージ画像:フリー素材より)



 第1弾は熊本県天草をフィーチャー。2016年の熊本地震からの復興支援はもちろん、ビームスの東京以外の初出店が熊本だったということで、白羽の矢が立てられました。そして熊本といえばくまモンと、その生みの親の小山薫堂氏。小山氏は総合アドバイザーの立場から特設サイトと物産展のキュレーションに参加しています。




 ビームスプロデュースということもあって流行に敏感な若者をターゲットとしていますが、既存の旅行プランとはひと味違う視点で地域の魅力を引き出してくれそうで楽しみです。買う・食べるの「モノ消費」から人との交流をメインとした体験型の「コト消費」にも力を入れていくようです。




 天草といえば天草四郎のイメージが強く、旅の目的地としては未知な部分が多いように思われます。が、実は海と山に囲まれた自然豊かな環境に加え、さまざまな地産品が眠っている宝島なんだそうです!その眠れる逸品たちにスポットを当てるべく、まずはビームスジャパン(新宿)で大天草物産展を開催。食品や伝統工芸品の販売だけでなく、背景のストーリーを紹介する写真集などでアピールしていくとのことです。




 記事にもあるように、アパレル系企業が飲食など本業以外の事業を展開することが増えています。より発想を広げて、ライフスタイルを意識した商品や情報を発信するという各企業の姿勢が現れているのかもしれません。




 また地方自治体の立場から見ても、異業種とのコラボはメリットが大きいのではないでしょうか。より多くの人の目に触れることができますし、思わぬ化学反応も生まれることでしょう。今回のプロジェクトでいうと、さまざまなファッションブランドををセレクトしてきたビームスのセンスに期待ですね。




 さまざまな分野で活躍する小山氏は天草出身。どんな人でも自分の地元は元気でいてほしいものでしょう。地方創生アドバイザーや請負人など、プロの考え方もある程度は重要でしょうが、やっぱり人を動かすのは、人のアツい気持ちなんだなあと思います。




Comment:0
2017
06.15

大阪発 お笑いだけじゃない、本気のエンタメを

Category: ニュース
 
 スポニチアネックス2017年4月13日の記事「大阪にエンタメパーク構想 オモロイ大阪復権へ吉本中心に開設準備」によると、大阪らしいエンターテインメント施設が計画されているとのことです。オリンピックに向けて盛り上がっとる東京に負けてたまるか!と意気込む関係者の想いが詰まったプロジェクトとは?



大阪発 お笑いだけじゃない、本気のエンタメを 
(イメージ画像:フリー素材より)



 2017年度中のオープンを目指すということで、具体的な内容が挙がっています。歌舞伎、歌劇、イリュージョン、クールジャパンの要素を盛り込んだショーを予定。コテコテの笑いではなく、本格的な魅せるショーとなる模様。候補地は大阪城公園で、大・中・小で1000人規模の劇場を建設します。




 吉本はなんばグランド花月で「舶来寄席」というイベントを2014年から開催しています。海外の一流パフォーマーを招待しており、彼らの芸は例えて言うならサーカスの超絶技巧版といったところ。新喜劇との2本立てというところは、吉本ならではの組み合わせですね!




 この「舶来寄席」をグレードアップさせたイメージになるのでしょうか。外国人観光客の集客が主な目的のため、言葉がわからなくても見てスゴい・楽しめるショーになりそうです。その先には2025年の誘致を目指す大阪万博やカジノ構想が。それらに弾みをつけるためにも、街としての大阪を盛り上げるプロジェクトとしたいところでしょう。




 今回のプロジェクト、吉本を含む民間12社と官民ファンド「株式会社海外需要開拓支援機構」、いわゆるクールジャパン機構が出資する新会社によるものです。ここにも大阪の本気度がうかがえます。




 ニュースリリースによると殺陣、忍者、下駄タップなど外国人観光客が喜びそうなラインナップも。さらにカナダのマルチメディア・エンターテインメント・スタジオ「MOMENT FACTORY」が参加するイルミネーションプロジェクトなるものも計画されているとのこと。ということでやはり、盛りだくさんでコテコテなショーになりそうですね!ただでは帰さへんでー外人さんも腹一杯楽しんでってやーというサービス精神があふれています。




 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが好調で、大阪に元気がないとのイメージはあまり無かったのですが…たしかに東京ばかり盛り上がるよりは、日本のさまざまな地域が元気な方が多様性があってよいと思います。ここは官民力を合わせてオモロイ大阪へのテコ入れをお願いします!




Comment:0
2017
06.12

「やっぱり地元だね」 福井のショッピングセンター事情

Category: ニュース

 YOMIURI ONLINE2017年4月16日の記事『イオン系列SCが唯一ない福井、商圏に「黒船」』にて、石川県小松市にオープンした「イオンモール新小松」が紹介されています。それよりも驚きなのが、全国展開しているイオンが福井にだけは出店していないという事実。その理由と新店舗の今後の展望についてチェックしていきましょう。
※なお今回は石川県のモール開店情報にもかかわらず、福井目線の内容となっております。




「やっぱり地元だね」 福井のショッピングセンター事情 
(イメージ画像:フリー素材より)



 小松といえば小松空港。その立地から、金沢など北陸主要都市へのアクセスが微妙と話題になることが多いように思います。さらに北陸新幹線という強力なライバルが現れ、厳しい状況に。そんな小松の救世主となれるのか?「イオンモール新小松」はJR小松駅から1.5キロ、そして福井市の中心部から車で1時間ほどの場所です。




 北陸地方最大級のショッピングセンターとして170店舗が出店。そのうち北陸初出店は30店にのぼるとのこと。近隣地域から広く集客を見込んでおり、さっそく福井の方たちも駆けつけたようです。




 ところで福井のショッピングセンターは、地元の商業者でつくる協同組合が主導して開発されてきたという歴史があるとのこと。大手スーパーと地元のテナントとの共存という「福井方式」が特徴で、現在11店が営業中です。




 ショッピングセンターといえば、最大公約数を求めるあまり、似たような雰囲気になりがちです。地域住民の要望や運営側の戦略を考えれば、ある程度は致し方ないことかもしれません。その戦略どおり多くの人々を呼び寄せ、近隣の商店街がさびれてしまい、買い物をする場所がますますショッピングセンターの一択になっていく、というスパイラルに陥ることも。




 その点「福井方式」は地元を守りつつ、地域の特長を出せるのが強み。店舗間の連携も良く、他店の商品をおススメしあうこともあるとか。保守的だという意見もありますが世知辛いこの世の中、商売敵とも連携するという考え方は貴重なものでしょう。




 福井県は、都道府県幸福度ランキング1位になったことでも有名ですね。福井の人は、ガツガツしていなくてマイペースで、地元を愛している、といった印象があります。そうして多くを求めるのではなく「足るを知る」という感覚が培われてきたのではないでしょうか。そんな福井マインドが、なにか関係しているのかもしれませんね。




 とはいえ「イオンモール新小松」については、福井県内のSCも影響はゼロとは言えないような雰囲気。のんびりしてはいられません。地元密着型のイベントなどを開催し、対策を講じています。「新しさ以外では十分対抗できる」との気合いと自信が頼もしく、他県人でも思わず応援したくなってしまうニュースです。




Comment:0
2017
06.05

銭湯って意外といいものですね

Category: ニュース
 
 DIAMOND online2017年4月6日の記事「銭湯業界復活!?仕掛人は20~30代の若者たち」にて、じわじわと人気を取り戻している銭湯の状況が紹介されています。人を呼び込み、コミュニケーションをうながす工夫が凝らされている銭湯が増えているとのこと。その原動力となっている若い世代の取り組みを見ていきましょう。




銭湯って意外といいものですね 
(イメージ画像:フリー素材より)



 例えば、さまざまなサービスとのコラボ。シェアオフィス付きやシェアハウスに隣接しているなど、「シェア」の発想が今どきな銭湯。あるいは、マッサージに力を入れていたり、深夜も入れる22時間営業、イベントの開催など、お風呂プラスワンのサービスを充実させている銭湯も。いずれも20代・30代の若い世代のアイデアが活かされているとのことです。




 その中心は「東京銭湯(TOKYO SENTO)」というWEBメディア。もともと銭湯関係ではないデザイナーが立ち上げたサイトで、切り口がとてもユニーク。特に気になるのが不動産屋とのタイアップ企画「風呂なし物件ツアー」。「風呂が無いんじゃない!銭湯があるんだ!」というポジティブなスローガンのもと、お部屋情報と共に近所の銭湯紹介、さらには街の情報もさりげなく盛り込まれていて、「銭湯があるからいいか!」という気になってしまいそう。




 前述のデザイナーの方は、東日本大震災がきっかけで地域の人々の助け合いが必要だと気づかされたとのこと。若者が地域とつながらなければと感じ、銭湯を拠点にしようと思い至ったそうです。月並みな表現ですが「裸のつきあい」になるわけですし、より密接なコミュニケーションができることと思います。銭湯で人と人との交流が生まれ、やがては街の活性化にもつながれば、と先を見据えた取り組みをおこなっています。少しずつですが、交流の場として機能してきているようです。




 というように新しい動きがありつつも、週に1軒のペースで廃業している銭湯。ガス設備や清掃などのメンテナンスが大変なのではないでしょうか。戦後まもなく制定された物価統制令の影響がいまだにあるという入浴料金。東京では460円です。この値段設定が、経営を続けていくのには厳しいのかもしれません。エンタメやリラクゼーションやレストランも一度に楽しめるスーパー銭湯の台頭も向かい風です。




 そんな中、銭湯に新しい魅力や価値を見出そうとする若者たち。とにかく風呂に入ってリラックスしながら、ぼちぼちと素敵なコミュニティが各地に増えていくといいですね。




Comment:0
2017
06.01

ここ2年間のFC店の増減は時代の流れを映すもの!

Category: ニュース
 
 東洋経済オンライン2017年4月10日の記事『セブン・マック…、これが「FC店増減」の全貌だ』によると、ここ2年間でどれだけフランチャイズ店が増減したかを主要FCチェーンが加盟する日本フランチャイズチェーン協会のホームページに開示されている「情報開示書面」をベースに分析しています。



ここ2年間のFC店の増減は時代の流れを映すもの! 
(イメージ画像:フリー素材より)



 週刊東洋経済4月10日発売号(4月15日号)にも『フランチャイズ 天国と地獄』が特集され、東京・吉祥寺駅前にも多くのチェーン店が並ぶ状況で、大手チェーンの進出で日本全国の駅前や郊外も似たような状況にあると伝えています。




 2015年、2016年の2年間を見てみると、小売り業の店舗数の伸びで1位は「セブン-イレブン」で2,192店舗ほど増加。「ファミリーマート」と「サークルKサンクス」も1,396店増加、「ローソン」も1,321店増えています。




 一方、2年間で減少数が多い店舗でもコンビニが目立っています。「ミニストップ」、「ポプラ」、「コミュニティ・ストア」、「デイリーヤマザキ&ニューヤマザキデイリーストア」などが減少となっています。




 サービス系では「ブックオフ」、プラザクリエイトが運営する写真プリント店「パレットプラザ」、「リースキン」などが減少。増加で言えば、“女性だけの30分フィットネス”で知られるシニア層に人気の「カーブス」、「やる気スイッチグループ」や「城南コベッツ」と言った学習塾が1人当たりの子どもにかける教育費の増大で増えています。




 また外食業界で言えば、定年層のシニア層を中心に「珈琲所コメダ珈琲店」が増加、カレーハウス「CoCo壱番屋」も独立支援制度を設けていることから拡大しています。




 減少が多い中では、ピザチェーン店が目立ち、ピザ自体の需要の喚起が叫ばれています。また、「マクドナルド」は期限切れ鶏肉問題や異物混入問題が重なり、大きく減少傾向にあります。




 こうして見ますと、時代の流れを感じるもので、傾向的にシニア層に人気のFC店は伸びている所も多く、本や写真と言ったFC店は苦戦を強いられています。




 少子高齢化の時代、そしてパソコンやスマートフォンが普及した時代にチェーン店の増減もそうした時代を映したものになっていると言えるのではないでしょうか。




Comment:0
back-to-top