FC2ブログ
2016
12.26

香ばしいアロマに包まれた劇場へ

Category: ニュース
 
 朝日新聞DIGITAL2016年10月21日の記事「スタバ、焙煎所併設の新店舗 18年末、都内に開設へ」によると、東京・中目黒にスタバの新業態店舗がオープンするとのことです。店名は「スターバックス リザーブ ロースタリー」。2014年スタートのシアトル、出店予定発表済みの上海とニューヨークに続く、4店舗目となります。




香ばしいアロマに包まれた劇場へ 
(イメージ画像)




 一見、セカンドウェーブの最大手・スタバもサードウェーブ的なアプローチを始めたか?とも取れる動きに見えますが、以前より「スターバックス リザーブ」として、希少性の高い豆と抽出にこだわったコーヒーを限定で提供していたスタバ。その拡大版との位置づけになるようです。




 シアトル店は、生豆の焙煎・抽出・ドリップをおこなう1400平方メートルの広大な空間だとか。中目黒店も負けてはいません。目黒川沿い1200平方メートルの敷地が予定されており、建築家の隈研吾氏が店舗設計を担当します。新国立競技場も何かと忙しいとは思いますが、周りの自然環境と溶け合うような居心地の良い空間になることでしょう。




 コーヒーができるまで、を工場見学気分で見られるだけでも興味深いですが、プラスアルファのお楽しみにも期待したいところ。シアトル店では、ロースタリーならではのフードメニューやグッズ、コーヒーにまつわる本を集めた図書スペースなども楽しめるそうです。中目黒店も同様の形態で展開されるとのことなので、新しいコーヒー体験ができそうですね。シュルツCEOも、劇場のような場所にしたいとおっしゃっています。




 日本ではすでに工場見学が人気です。大人も子供も楽しめて、普段見たり食べたりしているものがこんな風に作られているんだねえと感心し、無料でおみやげがもらえたり試食ができたりして得した気分で帰る、といいことづくめ。普段目にすることがない過程をあえて見せ、自社の商品をより身近に感じてもらい、そしてファンになってもらう、という良いサイクルが生まれているのかもしれません。




 さて、今回のロースタリーは大きなプロジェクトだけに、完成は約2年後。それまでに日本でのコーヒー業界の趨勢はどうなっているのでしょうか!?さすがにフォースウェーブは来ていないと思いますが…。




 くしくも中目黒ではブルーボトルコーヒーの新店舗がオープンしたばかり(ただしロースタリーではなく、清澄白河で焙煎した豆を使っているとのことですが)。トレーニングスペースやワークショップスペースを完備し「コーヒーを楽しむ人を育てる」というテーマのもと、コーヒーを提供するだけでなく、お客との良い関係を築くショップになりそうです。




 東は清澄白河、西は中目黒。コーヒー好きが押さえておくべき二大拠点といったところでしょうか。




Comment:0
2016
12.22

コンビニと「ドラッグストア」の境界線は何?競い合う今後の展開

Category: ニュース
 
 ダイヤモンド・オンライン2016年11月5日の配信『コンビニが警戒する「ドラッグストア」の領土侵犯』によると、最近の「ドラッグストア」の勢いがコンビニの領域にも入ってくるような勢いにあるとのことです。



コンビニと「ドラッグストア」の境界線は何?競い合う今後の展開 
(イメージ画像)



 確かに「ドラッグストア」の数はとても増え続け、現在では店舗数で2万店近くになり、市場も6兆5000億円程度に拡大してきていると言われています。特に最近は海外からの観光客でも賑わいを見せる「ドラッグストア」です。




 また、最近の「ドラッグストア」は加工食品やペットボトル飲料なども安く販売するようになってきていますが、「ドラッグストア」大手の「ツルハホールディングス」は豆腐や納豆などの日配品も売っています。こうした食品部門の販売を強化することで、他の「ドラッグストア」もお客様の来店回数を増やすように努める方向にあります。




 こうした部門の販売を行う事で「ドラッグストア」はコンビニとあまり変わらない販売商品となってきているのも事実です。また、一方でコンビニも女性客の獲得のために化粧品や医薬品を売りたいという希望を持つようになっています。




 ただ、そのためには医薬品を販売するための厚労省の「登録販売者」が必要になるという課題もあり、独自では難しい点があるため「ファミリーマート」ではドラッグストアと一体になる形態も取り始めています。「ファミリーマート薬ヒグチ」などという店舗を作って増やす計画にあります。




 コンビニと「ドラッグストア」はお互いの領域に入ってせめぎ合いをし始めているという所です。これからの高齢化社会の中で多くの患者数がいる糖尿病患者の健康維持をも考えた療養食を「ファミリーマート」では展開し始めています。




 依然として今のところ健康志向の分野で強いのはやはり「ドラッグストア」ですが、これからはそれぞれに高齢者を対象とした商品へのアプローチを始めることが予想されます。




 どちらが増え続ける高齢者層を多くの客層として取り込むことができるのかが今後のコンビニと「ドラッグストア」の競合の結果を占うのではないでしょうか。




Comment:0
2016
12.19

オフィスキャンプ東吉野が生んだ二次的役割のユニークさ

Category: ニュース
 
 県民だより平成28年奈良11月号で紹介された特集「つながる ひろがる 奥大和の ひと もの こと」によると、2016年現在、人口約1700人の山村の川沿いに建つ一軒の古民家に今、たくさんの人が押し寄せているとのことです。それは『オフィスキャンプ東吉野』。2015年4月1日からオープンしました。




オフィスキャンプ東吉野が生んだ二次的役割のユニークさ 




 築70年の民家を改築してつくられたシェアオフィスは、大きな川が目の前にある一軒家。吉野杉がふんだんに使われ、大きなガラスを通して明るい日が差し込むオープンな空間です。WiFi環境や複合機プリンターというオフィス環境はもちろんのこと、展示室やコーヒースタンドも備えられ、村のおばあちゃんがコーヒーを飲みに訪れるような開放的な場です。




 コンセプトは「遊ぶように働く」。川のせせらぎを聞きながら、澄んだ空気の中で行われる会議、静けさの中で叩くキーボードの音、仕事の合間に緑あふれる景色を眺めながら飲むコーヒー。いつもと違った仕事空間で、頭はリフレッシュされ、次へのエネルギーが自然と湧き出てくるかもしれません。こんなふうに週末だけ、オフィスまるごとキャンプができます。ここを訪れた人はすでに1700人ほどいるのもうなずけます。




 ここの設立者はデザイナー坂本大祐氏とプロダクトデザイナー菅野大門氏のお二人で、雛形によると、坂本氏の、デザイナーだけでなくいろいろなクリエイターが集まる村になったらおもしろいのではという思いつき「クリエイティブ・ヴィレッジ構想」から始まったのだそうです。これを後押ししたのが、奈良県庁の移住・交流推進室室長の福野博昭氏です。この思いつきをおもしろがり、賛成し、奈良県庁から東吉野の村役場に話をもちかけ、実現に向かって力強くどんどん話を進めていきました。




 こうして、取り壊されかけていた一軒家が、坂本氏の構想やデザインのもと、地元の建築家や設計士に発注され、リノベーションがなされ、生まれ変わったのです。こういったプロジェクトの多くは役場などの行政もしくはコンサルティング会社が主体となって企画をし、すべてでき上がった後に、運営から地元の人たちに任せるという形がほとんどですが、ここは実際に移り住み、使っていく人たちが企画から運営まで担いました。このユニークさが全国でも注目され、多くのメディアで紹介されています。




 移住者が企画・運営をしているこのオフィスには、同じように移住を視野に入れた人たちが自然と訪れます。そしてこれまた自然な流れで、移住の先輩でもある両氏が相談にのり、希望があれば役場に紹介をし、物件選びにも付き合い、移住希望者と村とをつなぐ役割を担うようになりました。そういった過程の中でこのシェアオフィスが貢献したことは言うまでもないでしょう。




 環境を整え「さぁ移住してください」と両腕を広げても、都会から来る若者にとって、地方への移住はハードルが高く感じます。まずはオフィスキャンプとして軽いノリで「遊ぶように働く」ために訪れ、その中で自分と向き合い、移住への本気度を確認していく。そんな時間と空間が必要です。さらに間に立つ人がいるこの東吉野は、移住者にとって理想的な形であるに違いありません。




Comment:0
2016
12.15

健康とダイエットのために「ガスト」で低糖質、野菜増量メニューが人気に!

Category: ニュース

 THE PAGE2016年11月3日の配信『低糖質、野菜増量メニューが人気 「健康」がキーワードに』によると、ファミリーレストラン「ガスト」で低糖質の麺メニューが予想を上回るヒットになっていると伝えられています。




健康とダイエットのために「ガスト」で低糖質、野菜増量メニューが人気に! 
(イメージ画像)




 糖質を控える人のためにこんにゃくベースの糖質ゼロ麺を目指した「1日分の野菜のベジ塩タンメン」が人気となり、他にも低糖質メニューを揃えることで「販売計画の150%強」という売り上げを獲得しています。




 最近流行りの「糖質制限」は、ご飯やパンなどの炭水化物に含まれる糖質を抑えて生活習慣病を予防したりダイエットを目指したりするものです。




 最新の「ガスト」のメニューでは糖質0麺を使った2つのメニューとして「1日分の野菜のベジ塩タンメン」に「特製本格辛口チゲ」を揃え、他にも「糖質控えめ・海老と野菜のさっぱりサラダ麺」と「サラダで食べる!フレッシュアボガドの超あらびきハンバーグ」の食事メニューなどが「糖質が気になる方へ」ということで提供されています。




 「糖質制限」を目指している特に女性や中高年の人達の間では面倒なこともなくこれを食べることで低糖質メニューを食べることができる便利さがあって人気なのではないでしょうか。




 また、「糖質」は控え目ですが、野菜を多めにとることによっても健康志向を目指すメニューとなっています。




 さらに、糖質控えめのメニュー以外でも「ガスト」では単品で注文ができるようになっているため、ライスの代わりにサラダをセットすればより健康的な組み合わせとして食べることができます。3種類の選べるミニサラダがあり、追加しやすくなっています。




 ライスやパンなどとのセットメニューから単品メニューを増やすことで、友人や家族と一緒に食事をとる時にも気兼ねなく簡単に低糖質、野菜増量メニューを食べることができるという気づかいにもなっています。




 ファミリーレストランでも低糖質の健康志向とダイエット応援メニューの提供が始まったと言えるのが「ガスト」のメニューです。


 
Comment:0
2016
12.12

専門店「fruit bouquet(フルーツブーケ)」がクリスマス前に嬉しい宅配をスタート!

Category: ニュース
 Yahoo! JAPAN BETUTY2016年10月31日の配信『クリスマスケーキ、もう準備した?今年はおうちでハイレベルなクリスマスを迎えちゃお?』によると、「食べられる花束」をコンセプトの専門店「fruit bouquet(フルーツブーケ)」がいよいよ宅配をスタートしました。




専門店「fruit bouquet(フルーツブーケ)」がクリスマス前に嬉しい宅配をスタート! 
(イメージ画像)




 これはクリスマスシーズンに向けて注目が集まりそうなニュースです。クリスマスパーティにはケーキやチキンと言う定番に加え、「フルーツブーケ」という新しい形も人気となりそうではありませんか。




 とにかく見た目が華やかでフレッシュなフルーツが彩り良く盛られた様子は、かわいくて美味しそうでパーティや食事会にぴったりです。サイズも10人以上のパーティにも対応してくれるなど人数に合わせてサイズを注文することができます。




 特にグリーン・赤・白の配色の「BERRY BERRY (白)」は、クリスマスカラーの赤としてイチゴをデコレーションして何段も重ねています。そこにフランス産高級ホワイトチョコをディップし、金箔も載っていますのでクリスマスの華やかさも充分です。




 これだけたくさんイチゴがあってどうなのかなと思いがちかもしれませんが、フルーツなのでその点はすぐに食べられそうです。また、甘いものが苦手な男性には甘さを控えたブラックチョコレートのディップタイプも準備されていますのでそちらがおすすめです。




 見た目的にもクリスマスにお花のバスケットのようなデコレーションになって、かわいくて美味しいとなれば、家族やお二人で食べるのにもサプライズになるのではないでしょうか。またそれが宅配でも届けられるようになったことでクリスマスシーズンには検討してみる必要がありそうです。




 尚、配送地域は東京都23区内・千葉市中央区の一部、千葉市美浜区の一部限定で、配送料2,000円を別途必要となります。他にもパインなどを飾った「CHEERY」「Twinkle」ならば本州の宅配が可能です。お届け希望日の5日までにネット申し込みまたは電話0120-357997、FAXでの予約となっています。




Comment:0
2016
12.05

スープでパスタ ズッパ・ディ・パスタ

Category: ニュース

 流通ニュース2016年10月21日の記事「サイゼリヤ/ラボ併設の持ち帰りスープパスタ専門店」によると、サイゼリヤが新業態のパスタ店をオープンさせたとのことです。東京・茅場町「ZUPPA di PASTA(ズッパ・ディ・パスタ)」、オフィス街や駅構内などへの出店を見据えた約25㎡の小型店での開業です。




スープでパスタ ズッパ・ディ・パスタ 
(イメージ画像)



 忙しいランチタイムに対応できるようメニューはRosso(赤)、Bianco(白)、Specialita(きまぐれ)の3種類のみ。それにパン詰め放題がついて、価格は税込500円のワンコインに収めました。気軽に食べられ、栄養補給を考慮した具材が使用されているとのこと。女性が一人で短時間で食事が摂れるようなメニュー構成になっています。




 メニューは3つに絞り込んでいますが、不定期に10種類ほどを入れ替えていくので、飽きることなくいろんな味を楽しめそうです。またサイゼリヤとしては初めてグリッシーニを提供。イタリアンレストランで時折見かける細くて固いアレです。スープとの相性が良いので、スープパスタにはぴったりですね。




 サイゼリヤは7月から先行して、スパゲッティ専門の「スパゲッティマリアーノ」を営業しています。こちらも500円で、気軽にさまざまな種類のパスタが楽しめるお店。「ZUPPA di PASTA」とは隣接していますが、ZUPPAはランチ・ディナーともに統一メニューなのに対し、マリアーノはディナーでアルコールやおつまみを提供するなど、差別化を図っています。今後もそれぞれの需要を見極めながら、他のエリアへの展開を目指しているとのことです。




 サイゼリヤは1000店を超え、ガストに次ぐ業界2位の店舗数の多さです。イタリアの食文化を伝えることをメインとしながら、客のニーズや立地に合わせて新業態の開発にも取り組み続けています。また価格を抑え、テイクアウトもOKという形態はコンビニを意識したしたものと言えそうです。




 スープで女性に人気と言えば思い浮かぶのが、Soup Stock Tokyo。おいしくて体に良いというイメージがすっかり定着しています。軽めに食べたい、おいしいものをちょこっと食べたい、という感覚にはまったのでしょう。ZUPPAもそういった需要を取り込めるか。企業規模を活かした食材の調達や価格設定を強みとし、働く人たちの昼と夜を支えていっていただければと思います。




Comment:0
back-to-top