FC2ブログ
2016
11.28

釜石とAirbnbががっちりスクラム

Category: ニュース

 日本経済新聞2016年10月20日の記事「Airbnb、釜石市と民泊連携 自治体と国内初」にて、民泊にまつわる新しい取り組みが紹介されています。アメリカの民泊大手・Airbnb(エアビーアンドビー)と日本の自治体が提携するのは初めてとのこと。この度、岩手県釜石市と観光促進に関する覚書を締結しました。




釜石とAirbnbががっちりスクラム 
(イメージ画像)



 釜石市といえば、新日鉄釜石時代からラグビーで有名な街。現在は釜石シーウェイブスとして活動しています。そしてなにより大きいのは、2019年に開催されるラグビーワールドカップ。釜石市も会場の1つとして予定されているため、観客を受け入れるべくAirbnbと協力することになったそうです。




 国内の宿泊施設数の不足が取りざたされていますが、釜石市や周辺も決して多くなく、現時点ではスタジアムの収容人数1万6000人分に満たないそうです。そこで民泊。Airbnbの利用は伸び続け、2015年は約138万人の訪日客が利用しました。宿泊客のマナーが悪いなどネガティブなイメージもありますが、法改正で規制緩和が進むと今後もその数は増えていくことでしょう。




 そこで釜石市がまず手を打ったのが、今ある施設を利用する民泊制度。いわゆる「農家民泊」(農林漁業体験民宿)制度を既に活用しており、約20軒の農家がAirbnbに登録されるとのことです。2019年までに法改正があれば、さらに紹介数が増えることも期待できそうです。




 三陸地方の復興の加速になるであろうラグビーワールドカップ。建設予定のスタジアムは仮称ですが「釜石鵜住居復興スタジアム」となっています。ラグビーなどのスポーツ大会はもちろん、地域コミュニティ・県民の健康を促進する施設や、音楽・芸術・国際交流イベントの開催、震災の記憶と防災の知恵を体感できる施設など、ワールドカップ後を見据え、レガシーとして続いていく施設が計画されているとのことです。




 農家民泊で一気に宿泊受け入れ数の改善とはいかないかもしれませんが、大きなホテルを建設するよりも釜石にとっては良いことだと思います。訪れる人が地域の人々と交流し、震災と復興をより身近に感じる事ができるのではないでしょうか。さまざまな悩みを抱える地方都市にとっても注目です。




 2015年のワールドカップで驚きと感動を巻き起こした日本代表チーム。2019年は自国開催で否が応でも期待が高まりますが、その勢いを地域の観光促進にもつなげていきたいところですね。


 
Comment:0
2016
11.24

三宮・再整備基本構想に思う、日本らしさ

Category: ニュース
 
神戸市役所ホームページ上の2016年10月25日の記事「神戸三宮『えきまち空間』基本計画作成業務委託事業者を公募プロポーザルの実施について」によると、神戸市三宮が今変わろうとしています。駅前「阪急三宮ビル」の大規模な建替えは、生まれ変わろうとする意気込みの象徴とも感じられます。かつては神戸市株式会社と呼ばれるほどに活気に溢れていた神戸がまた戻ってくる、そんな期待が神戸を訪れる人々の笑顔に表れています。




 三宮・再整備基本構想に思う、日本らしさ 
(イメージ画像)



この笑顔の理由は、神戸市の取組みの過程そのものにあります。その過程を簡単に説明します。

1.平成27年7月13日~8月12日の期間で、三宮周辺地区の「再整備基本構想」の案について意見募集(パブリックコメント)を実施しました。「神戸の都心と三宮周辺地区の計画について、みなさんのご意見を募集しています!」という神戸市からのわかりやすく率直な呼びかけに多数の意見が集まりました。

2.神戸の都心の未来の姿「将来ビジョン」が平成27年9月3日策定されました。

3.「神戸の未来を創る 300人のBE KOBE会議」を、神戸市と株式会社神戸新聞社との共催で、平成28年1月9日に開催しました。




この過程の中でも「BE KOBE会議」は圧巻です。参加条件からワークショップの進め方までを少し紹介します。




参加資格は高校生以上で神戸市内外不問。三宮は神戸市民だけでなくその周辺広くは県外からも訪れる都市なので市内外不問とすることは、より広い範囲の人々の興味・関心を引き出すのに有効でしょう。




当日は、集まった306名により、楽しくも熱いワークショップが3段階で実施されました。

1.「都心でやりたいコト」をひとりひとりがカードに記入し、それをもとに結成されたグループでテーマを決定します。

2.プロジェクトの実現に向けて議論し、興味がある、聞いてみたいというプロジェクトに参加者それぞれが投票し、発表されます。

3.明日からの自らの行動の決意表明である「BE KOBE 宣言カード」を作成し、グループ内で共有します。

ただ意見を吸い上げるだけでなく、ひとりひとりの意識に働きかけるという3つめのワークショップが意識の共有そして高まりを促しますね。




街はそこに集う人々のためにある。そんな誇りと自主性を人々に持たせ、その実現に向けて動く神戸市。平成27年9月にサイトで紹介されている「再整備基本構想」には、三宮周辺地区のまちづくりについて以下のような5つの方針が書かれていました。

1.笑顔で歩く
2.気持ちよく動ける
3.誘う魅力が溢れる
4.海・山、神戸らしさを感じる
5.支え、まもり育て、発信する




整備の過程に市民を巻き込み、またその結果をオープンにし、かつ皆で育てていく。これは貿易港として古くは平安時代から栄え発展し、国際都市となり、震災を経て絆が強まった神戸の歴史があるからこそ生み出された形と感じるのは私だけではないでしょう。





それぞれの地域の歴史をないがしろにすることなく、そこから湧き上る思いを形にし、都市も地方もその独自性を感じさせる姿を持つことが、日本の文化や教育のレベルの高さの証明にもなります。それぞれの地域が異なった輝きを放つ日本になってほしいと願いながら、まずは三宮の整備計画の成功を見守っていこうと思います。




Comment:0
2016
11.21

お酒の締めのラーメンが一緒に味わえる!「一風堂」でちょい飲み

Category: ニュース
 
プレスリリース配信サービスPR TIMES2016年10月28日の配信『一風堂、“立ち呑み”業態が好評につき2号店オープン!11/1(火)、「一風堂スタンド」を東京・五反田へ。』によると、人気の博多ラーメン店「一風堂」の東京西五反田スタンドが誕生し、ちょい飲みも楽しめるという嬉しいニュースとなっています。




お酒の締めのラーメンが一緒に味わえる!「一風堂」でちょい飲み 
(イメージ画像)




お酒を飲んだら締めはラーメンと言う人も多いと思いますが、締めの本格的ラーメンとお酒が一緒に堪能できるという一か所で満足感たっぷりのスタンドが誕生です。本店が博多という「一風堂スタンド」では、博多で日本酒好きをうならせている「住吉酒販」がセレクトした日本酒「松の司(滋賀)」「東一(佐賀)」「新政カラーズ エクリュ(秋田)」「美田(福岡)」を提供。




同じく福岡県八女市の老舗豆腐店「豆藤(まめふじ)」の豆腐や練りもの、特製のマスタードソースで食べる「唐揚げ棒」やカレー塩で食べる「やわらかたこから揚げ」と言ったオリジナリティあふれるメニューも自慢のスタンドとなっています。




まさに九州福岡の美味しい組み合わせを自慢にしていますが、今回はまた「一風堂」の人気の定番ラーメン「白丸元味」「赤丸新味」とビールの相性を考えたビール選びにも取り組んでいます。クラフトビールの老舗「木内酒造」の「常陸野ネストビール」と言うラガービールとアンバーエールの厳選されたこだわりの2種類を提供。



 
あっさりとした味わいの博多ラーメンとして創業以来不動の白い豚骨スープ「白丸元味」には、モルトの旨みと軽いホップの風味が魅力のラガービールとの組み合わせを、自家製の香味油と辛みそが自慢の革新的豚骨ラーメン「赤丸新味」には焙煎モルトとスパイシーなホップが特徴のアンバーエールビールとを組み合わせて食べることがお店のおすすめです。




お酒とラーメンとの相性までも考えた最高の締めを追求したスタンドとなります。ビールと締めのラーメンはこれまでは何となく食べていたものですが、その鉄板の組み合わせを徹底して追及したと言える「一風堂スタンド」2号店です。




本格的な締めのラーメンの美味しさを求めて、美味しいお酒、美味しいおつまみもそれぞれに最高を追求しています。ビール派、それともこれから寒くなるので熱燗派、どちらも満足させる2号店の展開となりそうです。




Comment:0
2016
11.17

シウマイで飲む。シウマイBARで飲む。

Category: ニュース
 
 乗りものニュース2016年10月8日の記事『崎陽軒「シウマイBAR」東京駅にオープン 初のできたてシウマイ全種提供 ちょい飲みを』によると、シウマイでちょっと一杯できる、新業態の店舗がオープンするとのことです。「シウマイ」といえば横浜の崎陽軒。地元では飲食店舗を営業中ですが、東京へは初進出。東京駅地下1階というアクセス良好な場所でさまざまな集客が狙えそうです。




シウマイで飲む。シウマイBARで飲む。 
(イメージ画像)



 シウマイとBAR(バル)という、今までになかった組み合わせ。「シウマイをおつまみにお酒を楽しむ」ため、気軽に立ち寄れるバル形式としました。しかもできたての崎陽軒のシウマイ全種類が食べられるとのこと。冷めてもおいしい崎陽軒のシウマイですが、やっぱりできたてはうれしいもの。ビールとの相性も良いそうなので、ハフハフしながらいただきたいですね。




 ビールに合うといえばライバル(?)の餃子。消費量をめぐって宇都宮と浜松が競ったり、メディアで餃子店の特集が頻繁に組まれたり、冷凍食品の餃子が大ヒットしたりと、ニュースには事欠きません。「ラーメンのお供」というポジショニングも大きいと思います。それに比べると焼売(シウマイ)は若干地味な印象が無きにしも非ず。さらには小籠包などもじわじわと追い上げてきている状況です。




 とはいえ安定した根強い人気を誇るシウマイ。デパ地下や駅ビルには必ず入店しているのでは?というくらいに店舗を見受けます。「崎陽軒のシウマイ弁当が無性に食べたくなるときがある」という人のニーズに応えてくれています。お弁当だけでなく、BARならではの飲みながらいただくシウマイの可能性に期待大です。餡の素材によっては、ワインなど他のアルコールでもいけると思います。




 シウマイBARは、東京駅一番街の「にっぽん、グルメ街道」内の1店舗。他には「函館立喰い寿司 函太郎」「富山 白えび亭東京駅店が11月22日同時にオープンするとのこと。既存店の「仙台牛タン炭火焼『杜』」と4店での構成です。来年には広島のお好み焼きや鹿児島の黒豚、博多の明太子など、JR東海による全国各地の飲食店が登場予定です。地元の名店を集めて、東京駅を行きかう旅行客や通勤客たちを誘います。




 ちなみに東京駅一番街には東京キャラクターストリートというエリアがあり、さまざまなキャラクターたちがしのぎを削っています。ひょうちゃんも食い込めればおもしろいと思います。

※ひょうちゃん…シウマイの箱に入ったひょうたん型のしょう油入れ。さまざまな表情のパターンがあり、隠れた横浜名物。漫画家・横山隆一氏デザイン。




Comment:0
2016
11.14

押忍!油津応援団

Category: ニュース
 
 YOMIURI ONLINE2016年10月8日の記事『「シャッター商店街」再生、全国から視察相次ぐ』にて、商店街に人を呼び戻すことに成功した事例が紹介されています。以前はほぼ半数が空き店舗や空き地だった宮崎県日南市の油津商店街。今では新しい店舗が次々と進出し、地域再生への道を歩んでいるとか。同じ悩みを抱える自治体にとってはぜひともその手がかりを知りたいところでしょう。




押忍!油津応援団 
(イメージ画像)




 地域コンサルタントの木藤亮太氏が着任したのは2013年7月。日南市の中心市街地活性化事業の公募「活性化請負人」として選ばれました。市民がくつろげる交流場所やユニークなイベントを開催したりと、「商店街に行けば何か(おもしろいことが)ある」という期待感を創り出してきました。そんなポジティブな雰囲気によってさまざまな店舗がオープンし、活気が戻ってきたそうです。




 再生プロジェクトの第1弾は街の喫茶店をリノベーションしたABURATSU COFFEE。いまや老若男女が集うカフェは、どんな街に欠かせない存在のようですね。この喫茶店を運営するのが株式会社「油津応援団」。新しく出店する店舗の出資・開設・運営まで一貫してサポートする、まさに街の応援団です。プロのコンサルタントのノウハウも欠かせませんが、住民自らが意識を変え、自発的に動くことが何よりも成功の秘訣ではないでしょうか。




 その後オープンした多世代交流モールも地元住民目線の素敵な施設。市民のためのスクールやスタジオ、フリースペースがある「油津Yotten」、おしゃれなコンテナショップが集まる「ABURATSU GARDEN」、宮崎出身者がオーナーの「あぶらつ食堂」で構成されており、さまざまな世代が集まる空間になっています。




 また油津商店街のすぐ近くには、広島カープが50年以上キャンプ地として使用している球場があるとのこと。その縁で「油津カープ館」も併設されています。今年は25年ぶりにリーグ優勝しましたし、良いタイミングでしたね。おめでとうございます。




 さらには商店街そのもののテコ入れはもちろん、IT企業やNPO法人、市役所職員たちとの連携や、地方講演で市の魅力をアピールするなど、外への発信も功を奏したのでしょう。なお木藤氏の任期は2017年3月までとのこと。ノルマである「新規20店舗の誘致」まであと少しだそうです。




ただしここがゴールではなくスタートライン。これからもつい行きたくなる魅力的な商店街として、住民の方たちが作り上げていくことが理想だと思います。




Comment:0
2016
11.10

ありそうでなかった ものづくりシェアオフィス

Category: ニュース

 浅草橋経済新聞2016年9月15日の記事「浅草橋にクラフトシェアオフィス 内装は女性チームでDIY」によると、ものづくりをテーマにしたシェアオフィスがオープンしたとのことです。JR浅草橋駅近辺はアクセサリーや服飾の付属品など、ハンドメイド用品の問屋が多く集まっています。そんな街にぴったりなシェアオフィスの登場です。




ありそうでなかった ものづくりシェアオフィス 
(フリー画像より)



 駅から徒歩30秒の「EDITORY 浅草橋」は、千葉産業CANDIY事業部の女性メンバーが内装を手がけたとのこと。共有スペースはカラフルな壁やアンティーク風の家具を配置し、おしゃれな雰囲気に。クリエイティブ心を刺激してくれそうなインテリアになっています。8室のオフィスルームはシンプルながら、オフィスとしての環境が整っています。キッチンや撮影ブースも備えており、便利に使えそうですね。




 DIY好きな女性が多く集う浅草橋でワークショップや作品販売をきっかけに、さまざまな利用者の獲得を目指します。プロデューサーの笹野さんは、好きなことを自発的におこない、そしてここにいることがカッコいいと思える空間にしたいとのこと。今後は海外展開も見据えているとか。まずは田園調布や神田の系列施設も計画しているとのことです。




 そもそもEDITORYは本の街・神保町で開業したワーキングラウンジ。領域(TERRITORY)を編集(EDIT)するという意味が込められているそうです。また千葉産業は機械工具を取り扱う老舗企業で、CANDIY事業部は新しく立ち上げたDIY女子専門部隊です。ECサイトを運営しており、すぐにでも取り入れられそうなPOPな手作りグッズが紹介されています。さまざまな動きを結びつけるシェアの発想が、さらにさまざまな人たちを呼ぶ環境を生み出しているのではないでしょうか。




 近頃はお金をかけず、自分らしく暮らしたいという人が増えているように思います。浅草橋以外にも日暮里など、手づくり関連の問屋街が賑わっています。初めてみると意外とできちゃう、そしてなにより自分が作ったものには愛着が持てる、という点が手づくりの素敵なところ。買ってすぐに作れてしかも居心地の良さそうな「EDITORY 浅草橋」。プロだけでなく副業や趣味でものづくりをしている方にとっても、要注目の施設です。


 
Comment:0
2016
11.02

人はふわふわに弱い生き物なんだと思います

Category: ニュース

 自由が丘経済新聞2016年9月16日の記事『自由が丘にスフレパンケーキ専門店「フリッパーズ」 ベイクルーズ新業態』にて、新しいパンケーキ店が紹介されています。ジャーナルスタンダードなど数多くのアパレルブランドを展開しているベイクルーズが手がけるショップで、下北沢店に続き自由が丘店のオープンとなります。




人はふわふわに弱い生き物なんだと思います 
(フリー画像より)




 コンセプトは「最高の一皿」。看板メニューは「奇跡のパンケーキ」というように、並々ならぬこだわりと自信が感じられます。ふわふわとした食感となめらかな口溶けが特長とのこと。素材はもちろん、配合や鉄板の温度・焼き時間まで細部に試行錯誤を重ねて完成したそうです。写真からもそのふわふわ感が伝わってくるようです。たまりません。




 パンケーキがブームとなってから数年が経ちますが、ブームを通り越してすっかり定着しましたね。一時期より落ち着いてはきたものの、休日にはいまだにお店の前で列をなしている風景を見かけます。フルーツやクリームのトッピングで高さもテンションもアップ!してしまうスイーツなのかもしれません。フォトジェニックなためSNSでアピール→拡散しやすいことも若い層、特に女性にとってはグッとくることでしょう。




 「フリッパーズ」に話を戻すと、1~2階が同時オープンの「JOURNAL STANDARD relume(ジャーナルスタンダードレリューム)自由が丘店」で、「フリッパーズ」は3階に位置します。ベイクルーズはアパレル以外に飲食事業にも力を入れてきていますね。同じ場所で営業することで滞在時間が長くなり、飲食目的で来たお客にアパレルの訴求ができたりと、相乗効果を生み出すことも期待できそうです。




 いわゆるオールドタイプのパンケーキ店も展開しているベイクルーズですが、今後は新食感スフレパンケーキの「フリッパーズ」が増えていくのでしょうか。と思っていたら、早くも10月に吉祥寺店がオープンとのこと。こちらは「JOURNAL STANDARD」内に併設されます。奇跡のふわふわを味わえる場所がまた1つ増えますね。


 
Comment:0
back-to-top