FC2ブログ
2016
10.27

北斗星 馬喰町で再び輝く

Category: ニュース

 鉄道新聞2016年9月6日の記事『北斗星の2段ベッドなどを再利用した宿泊施設「Train Hostel 北斗星」オープンへ』よると、かつて上野~札幌間を結んでいた寝台特急「北斗星」で実際に使用されていた2段ベッドや個室が楽しめるホステルが誕生するとのことです。




北斗星 馬喰町で再び輝く 
(フリー画像より)



 何とも言えない色使いが郷愁を呼ぶ2段ベッド。カーテン越しに見えるのは車窓の風景…ではなく馬喰町の街並みでしょうか。JR馬喰町駅直結というロケーションです。コンパクトでミニマムなプライベート空間が列車の旅気分を盛り上げてくれることでしょう。




 ターゲットは訪日外国人旅行者としていますが、むしろ国内の鉄道ファンの方たちにはたまらないのでは。ちなみに実際に北斗星のパーツを利用しているベッドと、寝台車をモチーフにしたベッドの2タイプがある模様。いずれにせよユニークな試みですね。




 JR東日本による開発プロジェクトということで、東日本各地の観光情報を発信していくとのこと。ポジティブな相乗効果が生まれるのではないでしょうか。ベッド数は78、宿泊料金は2500~4000円とリーズナブル。ラグジュアリーなホテルはもちろん素敵ですが、宿泊費を抑えてアクティビティや買い物にお金を使いたい行動派も多いと思います。さまざまなニーズに応えるべく、小さいながらも個性的な宿が増えていくのは選択肢が拡がることもあり大歓迎でしょう。




 使われなくなった車両を再利用している例はすでにいくつかあります。新幹線やLCCの台頭で寝台列車が消えつつあることもあり、今後こういったケースが増えるかもしれません。海外でさらに走り続けるというパターンもありますが。




 「Train Hostel 北斗星」の運営は未活用不動産の再利用事業を手がけているR.project。Rediscover Japanのコンセプトのもと、眠っている土地や施設に新しい価値を生み出している会社だけに北斗星プロジェクトはうってつけでしょう。すでに馬喰横山で外国人旅行者向けのホステルを営業しており、このエリアの活性化にも期待が持てます。




 記事では神田にオープン予定の女性専用カプセルホテルも紹介されています。こちらのパートナーはナインアワーズ。シンプルで清潔なカプセルホテルの運営を進めています。こちらは旅行客だけでなくビジネス客も期待できるのではないでしょうか。




 「狭いところが落ち着く」というのは日本人ならではの感覚かもしれません。が、外国の方には逆に新鮮なようでCOOL!との見方もあるとか。空間を上手に利用するという日本の発想を、泊まりながら味わっていただきましょう。




Comment:0
2016
10.20

コンセプトは「銀座おしゃれナビGATE」

Category: ニュース

 WWD JAPAN2016年8月31日の記事『「プランタン銀座」が「マロニエゲート」に統合 3館体制で相乗効果見込む』によると、プランタン銀座がマロニエゲートとして生まれ変わり、2017年3月にグランドオープンするとのことです。フランスのプランタン社との商号・商標契約終了が発表され、今後の方向性が注目されていましたが、このたびマロニエゲートに統合されることになりました。




コンセプトは「銀座おしゃれナビGATE」 
(フリー画像より)




 プランタン銀座本館が「マロニエゲート銀座2」に、アネックスが「マロニエゲート銀座3」に改められます。それに伴って、マロニエゲートは「マロニエゲート銀座1」に変更され、3館体制となります。




 1984年から銀座で働くOLに親しまれてきたプランタン。その名が消えてしまうのを寂しく感じる方も多いでしょう。近年ではユニクロやニトリが出店するなど大衆化路線を進めていたプランタン銀座と、フランスのプランタン社の高級路線にギャップが生じたため契約解消となったようです。




 もちろんただ単に社名や屋号が変わるだけではありません。改装後はOLに限定せず「20歳代~40歳代の働く女性とおしゃれママ」がターゲットに。アパレルが中心の2~4階は雑貨の比率を5割に増やします。また地下2階は「美と健康」のフロアとし、ヨガやラン、フィットネスのスポーツ用品や体に優しいフードをそろえたイートインを新設するとのこと。




 全体的にライフスタイルを重視した店舗構成へシフトしていくようです。3館でバランス良くそれぞれの特色を活かしながら、統合の効果を出したいところでしょう。




 今のファッョンの流れはカジュアルやモードが主流です。コンサバ系のイメージが強いプランタンにとっては分が悪かったのかもしれません。近隣エリアにマルイやルミネが出店したことも影響があったでしょう。心機一転、生まれ変わるのに良いタイミングではないでしょうか。




 開店当初はともかく、今となってはフランスのプランタンとの関連性を意識している人は少ないような気がします。やはり日本の市場やニーズにあった品ぞろえや店舗構成の方が理にかなっていると思います。マロニエゲートの3館体制、さらにはもっと広げてエリアのライバルたちと共に、有楽町を盛り上げていくこととなるでしょう。




Comment:0
2016
10.13

東京メトロ、5駅で「まちの顔」大募集中

Category: ニュース
 
 流通ニュース2016年8月30日の記事「東京メトロ/高田馬場、東陽町など5駅で公募型連携プロジェクト」にて、東京メトロによる新しいプロジェクトが紹介されています。「駅周辺開発における公募型連携プロジェクト」の第2弾として、高田馬場、東陽町、水天宮前、小伝馬町、湯島の各駅が開発対象。4月から募集を開始している茅場町と赤坂に続く第2弾となります。




東京メトロ、5駅で「まちの顔」大募集中 
(イメージ画像)




 大きな目的は駅のバリアフリー施設の整備。と同時に隣接する建物の建替えや開発をおこなうことで、提案する側と東京メトロ、さらには駅利用者にとってもメリットとなる開発を目指します。その街ならではの特徴を活かした提案が望まれますね。ちなみに駅との接続(階段・エスカレーター・エレベーターの整備)は東京メトロの負担とのことです。




 地下から地上へのエスカレーターやエレベーターが増えてきているとはいえ、場所によって状況はまちまちです。地下鉄は出口が多く、整備がなかなか進んでこなかったのかもしれません。今回の開発予定地も区画が細かく指定されているようです。



 利用者としては、併設されるであろう商業施設なども気になるところ。「駅から0分」の好立地を活かし、さまざまな施設が考えられるのではないでしょうか。それこそ新しい「まちの顔」になるような、魅力的なアイデアが集まることを期待したいですね。




 計画の募集期間は5年間。長期的なプロジェクトです。今まで未着手だったエリアですから、じっくり吟味し話し合い、関わる人たちが納得できるカタチに落とし込めると良いと思います。長く住んでいる住民もいることでしょうし、それに伴って土地の権利者も多いことでしょう。調整に時間がかかるかもしれませんが、長い目で見ていきましょう。




 2020年のオリンピック・パラリンピックに向けてインバウンド対策も重要ですが、住民や通勤者など日常的に駅を利用する人の目線も忘れてほしくないところ。東京メトロとしてはEchikaなどの駅ナカ事業を進めているなか、駅周辺も巻き込んだ開発で、相乗効果を生み出していくことでしょう。




Comment:0
2016
10.06

賢く夜遊び~WISE OWL HOSTELS

Category: ニュース
 
 日本橋経済新聞2016年07月31日の記事「八丁堀駅前にデザインホステル 築50年の古ビルをリノベーション」にて、フクロウが女将を務めるユニークなホステルが紹介されています。その名「WISE OWL HOSTELS TOKYO(ワイズ オウル ホステル トウキョウ)」。7月22日にグランドオープンしました。




賢く夜遊び~WISE OWL HOSTELS 
(イメージ画像)




 ビジネス街のイメージが強い八丁堀ですが、東京や銀座からも近く、なかなか良いロケーションではないでしょうか。ディズニーランドへのアクセスが良いこともポイントが高いですね。




 部屋タイプはドミトリーが中心で、他には2名用の個室やファミリー向けのサービスアパートメントなども。ドミトリーは3000円台~、個室は7000円台~、アパートメントは月額60万円~となっています。いずれも1人あたり数千円で、かなりお得な価格設定となっています。




 価格はリーズナブルですが、こだわり抜いた設備が随所に。すべてのベッドはシモンズ製マットレスを採用し、快適に眠れそう。木材を多用した内装は落ち着いた雰囲気です。また地下のバーはサウンドシステムが充実。音響設計、真空管アンプ、スピーカーなどその道のプロの方たちが携わっているとのこと。ライブやアートのイベントが楽しめるそうです。




 そして旅の重要な要素である飲食店にもセンスが感じられます。同時にオープンした和食居酒屋「地酒・おでん・肴(さかな) フクロウ」が、国内外からの宿泊客の胃袋を満たしてくれそう。ダシを活かした料理と全国各地の日本酒を提供します。コーヒーブレイクには三軒茶屋「OBSCURA COFFEE ROASTERS」のコーヒーを。




 ターゲットは旅行客ですが、バーや居酒屋は地元で働く方や住民もウェルカム。多様な人々の交流をうながし八丁堀を活性化させ、街のシンボルを目指します。企画・運営はシェアハウスやシェアオフィスを数多く手がけるシェアカンパニー。ホステル事業は初の試みですが、これまでのノウハウを活かして新たな価値や収益、そしてコミュニケーションを生み出す空間になることでしょう。




 「WISE OWL HOSTELS TOKYO」のコンセプトは「フクロウのごとく賢く夜行性で、東京を夜まで遊び尽くす」とのこと。かなりアグレッシブです。なにしろ女将の八(ハチ)さん自身、本能が夜行性です。夜遅く帰ってきた時に、鋭い目で出迎えてくれそうですね。




Comment:0
2016
10.03

糖質抑制ピザ発売、ピザハット×RIZAP

Category: ニュース

 2016年8月19日付日本経済新聞ニュースリリース『ピザハット、RIZAPとコラボの「糖質を抑えたピザ」など関東6店舗限定で発売』によると、ピザ販売大手ピザハットはパーソナル・ジムを展開するRIZAP株式会社とコラボレーションを組んで開発した糖質抑制ピザを販売すると発表しました。




糖質抑制ピザ発売、ピザハット×RIZAP 
(イメージ画像)



 販売するのは、3種類のピザ「熟成ベーコンとグリル野菜」、「旨みギュッとプルコギ」、「テリチキエッグ」(全てSサイズ)と、「チキンビッグサラダ5.6」の4アイテムで、8月22日から提供されます。ピザとサラダのセット販売もあります。ただし提供店舗は東京と千葉の6店舗限定となります。




 ではどのくらい糖質抑制されているかと言えば、ピザハットで従来から提供されている「もっちりハンドトス」(通常生地)比で50%オフ、1枚当たりの糖質は約29-31gとなっています。またチキンビッグサラダ1個当たりの糖質は5.6gになっています。




 さてRIZAPと言えば「結果にコミットする」を謳い文句に、店舗を拡大しています。そのRIZAPとコラボレーションしたピザはと言えば、美味しいのは分かってはいるけれど太るのが恐い、カロリーが高そうというイメージがありますね。ことにここ数年は糖質の摂取を控える傾向にあり、飲料水や食品など様々な分野で糖質オフが謳われています。




 悪役にされている糖質ですが、実は身体にとって必要不可欠なものでもあり、全く摂取しないと健康を害することになりかねません。やみくもに摂取を抑えるのではなく、バランスの良い食事と適度な運動が、健康で美しい身体と心を作るのでしょう。




Comment:0
back-to-top