FC2ブログ
2016
07.28

拡大するカフェインレス市場

Category: ニュース
 
 サントリー食品インターナショナル株式会社の5月30日付ニュースリリース『「ボス デカフェ・ブラック」新発売』によると、コーヒー飲料ボス・シリーズにデカフェタイプが登場、6月28日から全国のコンビニ及びキオスクを中心に販売が開始されます。今回販売開始となるのは同社が展開しているボス・シリーズの新商品で、近年市場が拡大しているデカフェタイプ。小容量ではなく500mのlペットボトルで販売、当初は全国のコンビニエンスストア及びキオスクでの限定販売で訴求していきます。





ボス デカフェ・ブラック新発売、サントリー 
(イメージ画像)




 近年健康志向の高まりを受け、日本でもオーガニックや糖質などに配慮した商品が市場を賑わせています。静かにブームとなっている健康市場に向けて、飲料各社も「特保」などの商品開発に取り組んできました。サントリー食品においてもウーロン茶などのお茶飲料を中心に参入していましたが、今回提供されるのはコーヒー飲料。カフェインを大幅にカットした「デカフェ」を全面に押し出しての展開となります。




 日本の「デカフェ」「カフェインレス」市場は、実はそう大きくはありませんでした。コーヒー大手のネスレジャパンにおいて、赤いキャップで販売されているレギュラー・ソリュブルコーヒーがその草分け的存在ですが、どちらかと言えばコーヒー市場の片隅でひそやかにその存在を主張してきた印象です。同社によればその「カフェインレス・コーヒー」の需要がこの10年で1,6倍に、また全日本コーヒー協会によるとカフェインを抜いた豆の輸入量は2013年から2014年で倍増しているとのことで、メーカー各社から熱視線が向けられています。




 日本ではようやく動き出した感の強いカフェインレス市場ですが、欧州ではカフェインの摂取量に指標が設けられていることもあって人気となっており、世界的にはコーヒー市場の10%を「デカフェ」「カフェインレス」が占めています。従来コーヒーからカフェインを抜く過程で発生する味の劣化や変化も技術の進歩によって十分カバー出来ること、またUCC上島コーヒーのようにカフェイン含有量が少ないコーヒー栽培に本格的に乗り出していることも、デカフェ市場が成熟化していくための追い風となっています。




 「カフェインが少ないコーヒーなんて」とは言え、コーヒーの持つ利尿作用や眠気を払う力が穏やかになれば、もっと親しみやすい飲料として手に取りやすくなるのも確かでしょう。妊婦さんやお年寄り、そして肌荒れしたくない若い女性にとって、好きだからこそ毎日飲みたいコーヒーを安心して飲めることになるのですから。スターバックスやタリーズでも展開しているデカフェ市場にペットボトルで参入を果たすサントリー食品のボス・デカフェ、新しい飲料ジャンルのボスを目指して市場に切り込んでいくことになります。




Comment:0
2016
07.21

健康にフォーカスしたリフォーム推進

Category: ニュース

 2016年6月2日付日経プレスリリース『積水化学、セントラルスポーツと“健康寿命を延ばすためのリフォーム”展開で協業』によると、積水化学はセントラルスポーツ株式会社と協力して健康にフォーカスしたリフォーム事業を展開していくことを発表しました。





健康にフォーカスしたリフォーム推進 
(イメージ画像)




 具体的な事業としてはマンション及び戸建て住宅の顧客に対し、日常生活を送るのに支障のない健康な身体を維持してもらうための室内外ジムの設置とリフォームの展開、セントラルスポーツの施設の利用、動画による運動サポート提供、運動プログラムの作成などを通して介護サポートを受けることなく健康に過ごせる寿命の長期化を目指すとしています。




 提案されるのはジムの設置で、リフォームスペースにより「2畳タイプ」「2坪タイプ」が、戸建て住宅であれば庭のスペースを利用した「外ジムタイプ」が用意されています。身体を鍛えると言うよりは、自力で支障なく日常生活を送る身体を維持することに重点が置かれているので、軽いストレッチや孫たちとボルダリングを楽しむなど、無理なく継続出来ることが主眼となっています。




 積水グループが抱える同社施工マンションや戸建て住宅のオーナー(およそ50万棟)が第一の対象ですが、それ以外の一般顧客も取り込みたいとしています。協力関係となるセントラルスポーツ株式会社は首都圏を中心に200店舗以上を展開しており、その平均年齢は52才。資金的にゆとりがあり、健康に一番気を遣う60才代をターゲットとしています。




 近年の政府の政策を見ても、「施設」や「介護サービスの提供」よりも優先されているのが「予防」です。高齢化が進んでいる事実は動かせなくとも、寝たきりを防ぎ、他人の手を借りずに元気で動ける年齢が伸ばせるのは、私たち個人にとっても喜ばしいこと。自立した生活を長く送れることが、個人の生活を守る基本でもあるからです。




 積水化学では加齢配慮型住宅の研究や介護サービス事業にも進出しており、セントラルスポーツ株式会社との協力によって、健康的な生活を長く送るためのハード&ソフト面でのより一層の充実を図るとしています。





Comment:0
2016
07.14

東京駅前の大規模プロジェクトが加速

Category: ニュース

日刊建設工業新聞電子版2016年5月12日の記事「東京駅前で大型プロ胎動/国家戦略特区に4件追加提案/ビジネス・交通拠点化が加速」によると、首都・東京の顔がさらにパワーアップしそうな感じをもたらしています。





東京駅前の大規模プロジェクトが加速 
JR東京駅





東京駅は日本の中心ステーション。西は九州、東は北海道まで新幹線で結ばれ、交通の要所として多くの人でにぎわいます。東京駅を一歩外に出るとオフィスが経ち並びます。丸ノ内、大手町を擁する日本最大のビジネス街です。




ビジネスマンやOLの街とのイメージが強いこのエリアも時代とともに変化をみせています。その変化を丸の内口で見つけることができます。東京中央郵便局をリニューアルして建てられた「KITTE」は、日本郵便が初めて手掛ける商業施設として話題になりました。




施設にはファッション、レストランの各店舗が軒を連ね、東京駅エリアの人気スポットとしてすっかり定着をしているようです。都内で新たに商業施設がオープンすることは何も珍しくはないことですが、こと東京駅丸の内口となるとその意味は大きく異なります。




丸の内は無機質なビジネス街です。休日になると平日の風景が嘘のように閑散とします。ビジネスマンらが街から一斉に姿を消し、街の表情は一変してしまいます。そこにインパクトを与えるきっかけになったのが「KITTE」です。




オフィスの一角に商業スペースをつくることで今までにいなかった人の往来を取り込むことができました。それは同じく丸の内に構える「東京ビルTOKIA」にもいえることです。金融機関やメーカーが入居するビルに商業ゾーンとしてオープンし、ビジネス色の強いこの街にひと際、華やかな明かりをさし込んでいました。




一方、日本橋口の再開発も注目を集めています。2027年には国内でもっとも高くなる390mの超高層ビルの開業が予定されています。具体的なテナントは分かっていませんが、商業施設にホテルと東京駅周辺に新たなスポットが誕生するようです。




東京駅を囲んで、丸の内・大手町エリア、八重洲エリア、そして日本橋エリアと、ビジネスに止まらず商業施設が次々にオープンする運びになっており、首都の顔は予想もつかない変化をみせつつあります。


 
Comment:0
2016
07.11

JRおおいたシティの快進撃

Category: ニュース

大分合同新聞電子版2016年4月30日の記事「競争と共創 大分駅ビル開業1年」によると、大分駅がリニューアルオープンして1年が経過したとのことです。





JRおおいたシティの快進撃 
JR大分駅




昨年、春にオープンした「JRおおいたシティ」。以前の大分駅を取り壊し、商業複合ビルとして生まれ変わりました。当初は年間目標を1100万人と見込んでいましたが、開業してわずか半年で1400万人を突破しました。




駅ビルにはアミュプラザおおいたが入居しています。アミュプラザとはJR九州グループが運営する商業施設のことです。アミュプラザは博多駅、小倉駅、長崎駅、鹿児島中央駅の主要ターミナルで展開されています。




アミュプラザの売り上げは好調で、各駅に人を呼び込む効果は抜群とされています。駅ビルとセットされる形で人気を博し、JRおおいたシティでもアミュプラザ効果が如実に表れているようです。




アミュプラザ効果に加え、TOHOシネマズやシティ屋上ひろばも週末にはとてもにぎわいをみせています。JRおおいたシティは駅の利用者だけでなく、市内のショッピングスポットになっていますが、他の商業施設はそのあおりを受けているとされます。




ただ、JRおおいたシティを起点に市内中心部の施設を回遊する動きもみられ、ここにきて相乗効果が一部に現われているとの指摘もあります。九州では福岡市の一極集中が続いています。




大分市もその影響を受け、若者を中心に福岡で買い物をすることが一種のトレンドになっているようです。この福岡流出を避けるべき防波堤としてJRおおいたシティは大いに期待されています。あわよくば県外からの客も取り込みたい考えです。




駅ビルにはJR九州ホテルブラッサム大分もあり、ビジネス客や県外からの旅行客が利用し、JRおおいたシティのシンボルになりつつあります。ブラッサム大分の屋上には大分らしく露天温泉がつくられ、高さ80mからの眺めは圧巻です。




駅はその街の象徴です。JRおおいたシティの開業は人の流れを呼び起こし、大分のあたらしいスポットとして浸透し始めているように思えます。


 
Comment:0
2016
07.07

空家管理月額990円パックスタート!

Category: ニュース
 
 2016年5月24日付のプレスリリース『「充実度」業界 NO.1 !!  オーナーに代わって空き家を低価格で管理する「管理あんしんパック990」の提供を開始します!』によると、株式会社ライフサービスは空家の管理サービスとして月額990円パックを設定、当初は豊島区を中心にサービスの提供を開始することを発表しました。





空家管理月額990円パックスタート! 
(イメージ画像)




 2015年5月、家屋に関する重要な法案が成立しました。「空家対策特別措置法」がそれで、この法案によって個人所有の家屋に関する自治体の権限が一歩踏み込んだものになったのと同時に、日本が抱える問題が浮き彫りにもなりました。土地や建物には所有者がおり、その権利を侵すことは出来ません。しかし高齢化と核家族化が進むにつれて「実態は空家」が増加、放置され老朽化した空家が周辺に及ぼす影響が懸念材料となって、今般成立したものです。




 「空家対策特別措置法」が従来の政策よりも大きく踏み込んでいる点は、行政による強制執行を認めたところにあります。誰も住んでいない空家が放置状態にあると認められ、そのままにしておくと周辺に危険が及ぶ・不衛生・安全を損なう可能性があると判断されると「特定空家」と見做されます。この「特定空家」の解体撤去に向けて協議が持たれ、何の改善も見られなかった場合は行政による強制撤去が可能となります。




 空家となっても解体撤去が進まない理由の1つに、居住用住居に認められている固定資産税などの優遇措置の対象から外れるということがあり、心理的な抵抗としては「思い出に残る家を壊したくない」という思いが、誰も住まない家屋の放置につながっています。定期的に家を訪れてメンテナンス出来れば良いのでしょうが、仕事や家族を抱えての訪問は金銭的、時間的にも簡単ではありません。




 株式会社ライフサービスは空家の放置を防ぎ、きちんと手を入れて管理していくためのサービスを月額990円というリーズナブルな価格で設定、豊島区からサービスを開始していきます。サービス内容は主に玄関周りや植生のチェック、掃除と除草、破損個所の有無確認などで、現場写真を添付した報告書が作成されます。売却や賃貸を検討するにしても、最低限のメンテナンスは可能となります。




 2013年時点で全国に存在する空家は820万戸、家屋総数に占める割合は13%となっています。5年で100万戸の増加となっており、単純計算でも年間20万戸増えていくことになります。自治体も手をこまねいているわけではなく「空家バンク」などで流動化を促してはいますが、正直焼け石に水といったところでしょう。家屋も上手に手を入れれば、貴重な財産となります。思い出の家をトラブルの元にしないためにも、ぜひ利用を検討したい旬なサービスではないでしょうか。




Comment:0
2016
07.04

大人気スポット武蔵小杉

Category: ニュース
 
 SUUMOジャーナル電子版2016年4月25日の記事『「地価が値上がりしそうと思う街」は実際に地価が上昇したのか!?』によると、関東で地価が値上がりしそうと思う駅ランキングで武蔵小杉が昨年に続き1位を獲得しました。




大人気スポット武蔵小杉 
(イメージ画像)




 武蔵小杉は住みたい街としてメディアでもたびたび取り上げられます。40代以上の方なら、かつての武蔵小杉は多摩川をはさみ世田谷と隣接する川崎市内の街というくらいのイメージだったと思います。




 ところが近年の武蔵小杉の変貌ぶりには驚かされるばかりです。そこには川崎市の戦略がありました。同市は武蔵小杉を第三都心として整備することにしました。これによりJR、東急の武蔵小杉駅周辺の再開発が進むことになります。




 武蔵小杉地区の再開発の特徴はタワーマンションと商業施設の建設です。もともとこのエリアは工場と住宅街からなる街でした。しかしその工場が閉鎖となり、跡地が再開発の目玉となります。




 武蔵小杉は交通の利便性がとてもよく、渋谷や横浜まで10分少々で行けるということもあって、再開発の中心がタワーマンションにシフトしていきます。大規模住宅を建てるにあたって都心へのアクセスをアピールできるため、タワーマンションの建設が相次ぎます。




 多摩川河川敷からみるタワーマンション群は圧巻です。200mを超える国内トップクラスの59階建てマンションもそびえ、そこにはかつての武蔵小杉のイメージはありません。今後もさらにタワーマンションの建設が予定されており、人口増加は必至とみられています。




人口が増えればそこには巨大なマーケットがつくられます。武蔵小杉駅周辺で目立つのは商業施設の多さです。「ららテラス武蔵小杉」や「グランツリー武蔵小杉」といった地域密着型の大型商業施設が新たに建設され、ショッピングにこと欠くことがないくらい買い物スポットが充実しています。




 人口増が商業施設の開発を促し、さらに人が増え、そして商業不動産の価値を高めるという好循環を生み出しています。人気エリア武蔵小杉。住宅地、商業地としての発展はしばらく続きそうです。




Comment:0
back-to-top