FC2ブログ
2016
03.31

柔軟な戦略で成長を続けるすかいらーく

Category: ニュース
 
 東洋経済ONLINE2016年02月14日の記事『好調すかいらーく、プレミアム後に狙う客層 郊外では「むさしの森珈琲」に手応え』にて、2015年12月期決算説明会の様子が紹介されています。谷真社長率いるファミレス大手・すかいらーくが見据えるこれからとは?





柔軟な戦略で成長を続けるすかいらーく 
(イメージ画像)




 いずれも前期比で売上高3.3%増、営業利益28.5%増、当期利益59.5%増で、過去最高益を記録。2016年12月期も増益の見通しとのことです。既存店でプレミアム食材を使った高価格帯のメニューを投入し、客単価を押し上げたことが好調の要因と分析しています。




 一方で客数は0.7%のマイナスでした。そこで2016年は客単価を追及する路線から方向転換し、客数を増やす戦略を進めるとのことです。さっそく2月から開始するのが499円のランチ。ターゲットである女性客を取り込むべく、生野菜が取れるメニュー構成で展開します。




 さらに「売り物がはっきりしている業態」へ切り替えていく方針に。これまでもテコ入れとして既存店を「むさしの森珈琲」「しゃぶ葉」「じゅうじゅうカルビ」などへ転換してきましたが、今後も続けていくとのことです。また並行して、低価格帯を考慮した新たなるガストも登場するとか。既存店の強化と新業態、高価格と低価格、どちらかだけではなくグループとしてバランスよく攻めていく姿勢です。




 谷社長によると、特に「むさしの森珈琲」に手応えを感じたそう。まずは地方から仕掛けていき、1~2年後にはブランド転換の柱と期待しています。記事にもあるように「コメダ珈琲店」や「星乃珈琲店」など、いわゆる郊外型のコーヒー店がだいぶ浸透してきた今日この頃。コーヒーもさることながら、ボリュームのあるスイーツ、ゆったりした座席、そして長居をしても許されそうな雰囲気が、時代にマッチしたのかもしれません。




 コーヒーという視点で言えば、豆や入れ方にこだわった専門店、気軽な値段すっかり定着したコンビニコーヒー、忘れちゃいけない、古き良き喫茶店、そして「むさしの森珈琲」のような郊外型カフェなど、さまざまな店舗がひしめいています。




 が、そこは好調な現状に満足することなく、常に改善を意識し次への布石を打ち続けるすかいらーく。新しいメニューや新業態を展開していくことでしょう。




Comment:0
2016
03.28

招き猫の効果はバツグン!? イオンモール常滑

Category: ニュース

 SUUMOジャーナル2016年2月10日の記事『名古屋や県外からも集客する「イオンモール常滑」の魅力』にて、2015年12月にオープンした「イオンモール常滑」の好調ぶりが紹介されています。ショッピング以外にもアウトドアパーク、温泉施設までそろえた東海エリア最大級のイオンモールの魅力とは。




招き猫の効果はバツグン!? イオンモール常滑 
(イメージ画像)




 まず挙げられるのが立地の良さ。中部国際空港セントレアからほど近く、無料バスも運行しており、インバウンド対策もばっちり。また名古屋から最短45分と言うこともあり、地元、商圏外、旅行客など幅広い客層を呼び込んでいるとのことです。




 名産品の常滑焼の展示や地元メーカーの出店など、常滑のアピールにも力が入っている模様。常滑は日本一の招き猫の産地ということで、世界最大級の招き猫「おたふく」がお出迎えしてくれます。他にもインバウンド向けの品ぞろえの売り場や免税対応も抜かりがありません。




 さらに人気なのが体験型施設「ワンダーフォレスト きゅりお」。広々とした公園内にフィールドアスレチック、カート用のサーキット、スケートリンク、トランポリンなど、日常では体験できないアクティビティが満載。特にファミリー層に好評のようです。3月にはBBQガーデンがオープンとのことで、ますます楽しめる空間になりそうです。




 アウトドアだけが目的だとちょっとハードルが高そうな気がしますが、ショッピングがールとの併設で、訪れる人のワクワク感も上がるのではないでしょうか。「よーし今日は1日中、常滑のイオンで遊びまくるぞー」「やったー」というやり取りが目に浮かぶようです。




 「イオンモール常滑」と2013年開業の「コストコ中部空港倉庫店」ができたことで、常滑市外に流出していた消費傾向に良い変化が生まれたそうです。地元でモノとコトの消費が可能になっただけでなく、他のエリアからも客を呼び寄せる魅力となっています。予想以上の経済効果で、教育や福祉、インフラへの投資も期待できるとのことです。




 開業に先駆けて「CHITA CATプロジェクト」を立ち上げ、常滑を盛り上げる動きも。イオンとセントレアによる地域活性化プロジェクトです。「Centrair」「AEONMALL」「TOKONAME」の頭文字と招き猫で「CHITA CAT」。まずは無料シャトルバスの運行から始まり、今後は施設の相互利用を促進するイベントなどが予定されています。




 自社だけでなく地域の発展を見据えた出店方法が、今後はどの業界にも必要な姿勢だと思います。


 
Comment:0
2016
03.24

109からスクエアへ 金沢・香林坊の商業施設

Category: ニュース
 
 WWDJAPAN2016年2月5日の記事『金沢から「109」消える ギャルファッション低迷で30代向けSCに刷新』によると、北陸ギャルの聖地・金沢の「香林坊109」が全面改装され、「香林坊東急スクエア」に生まれ変わるとのことです。春と秋の2段階で改装が実施される予定で、まずは4月に地下1階と地上1~2階の3フロアが先行オープンします。




109からスクエアへ 金沢・香林坊の商業施設 
(イメージ画像)



 こちらの店舗、109としては初の地方店で開業は1985年。ちょうど30周年の節目となる2015年に改装計画が発表されていました。30年ともなれば新陳代謝があるとはいえ、ギャルの基準も移り変わります。ある程度の役割を終えたということかもしれません。今後は30代の男女向けにシフトしていきます。




 商業施設としてはターゲットを10~20代の女性に限定するよりも、幅広い層にアピールできる店舗構成にした方が、集客もアップします。年齢層が上がれば使うお金の額も上がり、さらなる収益も見込めることでしょう。




 東急としても、金沢東急ホテル(2014年改装済)とともに一等地に位置する109のテコ入れは当然の流れだったと言えるでしょう。その理由はそう、北陸新幹線の開業です。メディアでも大きく取り上げられましたし、金沢への観光客数も大きな伸びを見せました。金沢の1人勝ちという声もありますが、富山と福井の巻き返しにも期待したいところですね。




 金沢といえば、ちょっと落ち着いていてしっとりとした旅が楽しめそうなイメージがあります。加賀友禅、九谷焼 漆器、金箔などのきらびやかな伝統工芸、温泉、茶屋街、和菓子、おいしい魚、そしてお酒…などなど。大人に刺さる名物が目白押しです。




 「香林坊東急スクエア」に話を戻しますと、現時点では北陸初のユナイテッドアローズや地元のうつのみや書店の本店機能移転が決定しています。外装は金沢の街並みや自然と調和するアースカラーになるとのこと。金沢の人にとっては「109がある」ことがちょっとした自慢だったそうですが、名称が変わっても香林坊エリアの活性化に貢献することと思います。




 一方、渋谷の109は相変わらずの人気。2月から3月にかけて新規出店やリニューアルが予定されています。常にゴリゴリのギャルファッションだけでなく、時代に合わせて少しずつ変化しているのが、どの時代の若者にも長く愛されている秘訣かもしれません。




 ところで一つ心配が。金沢のギャルたちは今後、どこでお買い物をするのでしょうか?!




Comment:0
2016
03.17

BreakfastではなくArtで勝負 高円寺の泊まれるギャラリープロジェクト

Category: ニュース
 
 高円寺経済新聞2016年2月2日の記事『高円寺のビルを「泊まれるギャラリー」へ オープンに向けネットで資金調達』によると、アート作品の発信とアーチストの支援を目的としたホテルが開業予定とのことです。




BreakfastではなくArtで勝負 高円寺の泊まれるギャラリープロジェクト 
(イメージ画像)




 BnA株式会社が手がける「Bed & Art Project」。先行する池袋・京都は外国人観光客に好評だそうです。3件目のアートホテルとして高円寺で準備を進めているのが今回紹介する「BnA koenji」。JR高円寺駅北口から徒歩1分という好立地で、2月中のオープンを目指します。




 なんといっても「泊まれるギャラリー」というコンセプトがユニーク。単にお洒落な部屋を提供するということではありません。旅行者が日本の現代アートに触れるための物理的な接点を、という発想から生まれたプロジェクトだそうです。利益の一部はアーチストに還元されるので、泊まるだけで貴方もアーティストを支援するパトロンの一員になれます。




 ギャラリー以外にも屋上ラウンジやバーなどでもイベントが企画されているとか。宿泊する人もしない人も楽しめるような空間になることでしょう。さらにホテルだけにとどまらず、高円寺エリアの空き家を利用し、30~40部屋をアートルームとして展開する予定。飲食店や銭湯と連携し、街全体をアート空間として盛り上げようという試みです。




 2015年の訪日外国人数は1900万人を突破し、過去最高を記録しました。消費の面からいくと喜ばしいことですが一方、急激な客数増加によるインフラやホテルの供給不足が懸念されています。空きスペースを有効活用し、わざわざ選んで泊まってみたいと思わせる素敵なホテル・素敵な街を創り出す「Bed & Art Project」が、インバウンド需要に一役買うことに期待したいところです。




 地元密着的な商店街やチェーン店ではない個性的な飲み屋、ライブハウス、古着、雑貨屋など、独特なおもしろさがある高円寺。そこにアートという新たな魅力が加わって、旅行客だけでなく地元からも国内からも人を呼べる街になるのではないでしょうか。



続きを読む
Comment:0
2016
03.14

こんな空間で働いてみたい "働ける美術館"

Category: ニュース
 
 マイナビニュース2016年1月15日の記事「東京都・西新宿に"働ける美術館"が4月オープン- クラウドファンディング中」にて、ユニークなコワーキングスペース事業が紹介されています。"美術館で働く"ではなく、"働ける美術館"とは?




こんな空間で働いてみたい  
(イメージ画像)




 その名は「ARTHOUSE(アートハウス)」。学生の企業支援を行っているGOB Incubation Partnersと至峰堂画廊銀座店が共同で4月に開業します。賃貸マンションなどの遊休スペースをリフォームし、画廊が提供する絵画を展示。働く人の創造的な発想をうながす空間になるとのことです。




 西新宿にオープンする第1号のテーマは「和の美術館」。飛び石や畳、障子、木のトンネルが施され、都会のビジネスマンがリラックスしながら働ける美術館になりそう。おそらく今後は、部屋ごとに異なるコンセプトで展開することになるかもしれませんね。その時の気分やメンバーによって、さまざまなバリエーションが選べるとおもしろくなりそうです。




 オフィスとしてだけではなく、貸し切りでミーティングやワークショップ、講演などでも利用できるよう、設備も整っています。また、展示する絵画は事前にウェブからの予約が可能。数万点がリストアップされるそうなので、よりどりみどりです。画廊というと敷居が高いイメージがありますが、こういったところから意外な出会いや発見、あるいは需要がが生まれてくるかもしれません。




 このプロジェクト、クラウドファンディングサービス「Makuake」で支援を募ったところ、開始1時間で目標額を達成したとのこと。美術館×オフィスという、意外な組み合わせに興味を持った方が多かったのでしょう。さらに興味深いのが、東京大学の学生だった女性が企画を立ち上げたというところ。現在は休学し、"働ける美術館"に集中しているそうです。5年間で全国に200店舗をオープンさせるのが目標だとか。頼もしいですね!




 最近ではスタートアップ企業やフリーランスなど、働き方が多様になってきました。それに伴いコワーキンングスペースの需要が増え、進化している状況だと思います。眠っている絵画とスペースをゆり起こし、お互いの良い面を引き出すコラボに期待したいところです。




Comment:0
2016
03.10

ついに登場、京橋の大型複合施設 その名もエドグラン

Category: ニュース
 
 Fashionsnap2016年1月19日の記事『開発進む東京駅東側の新ランドマーク名称は「京橋エドグラン」に、商業・観光の新拠点めざす』にて、東京メトロ京橋駅直結の複合施設の名称発表が紹介されています。その名も「京橋エドグラン(KYOBASHI EDOGRAND)」。江戸時代から続く街に、未来へと続くグランドデザインを描くとの想いが込められています。





ついに登場、京橋の大型複合施設 その名もエドグラン 
(イメージ画像)




 詳細は夏の発表ですが、飲食など店舗のテナントはほぼ決定しているとのこと。パティスリー「ToshiYoroizuka(トシ ヨロイヅカ)」の旗艦店が入るということで、発表会でもエドグランモチーフのケーキがお披露目されました。ちなみにオフィステナントは1月中旬の時点で決定しているのは約3割。京橋駅はもちろん、東京駅からも徒歩5分という恵まれた立地ですので、これから決まっていくことでしょう。




 歴史的建造物棟である明治屋ビルと、店舗で構成されるガラスファサードの再開発棟がシンメトリーに並び、背後にオフィス棟がそびえ立っている外観。オフィス棟は京橋エリア最大級、地上32階となります。




 京橋と言えばオフィス街というイメージが先行していました。近隣の東京や日本橋エリアが徐々に商業関連施設を増やし、より多くの人を呼び込もうとする動きが活発になっています。京橋エドグランも開発にあたり、そういった視点が考慮されています。




 さらに付加価値として「観光情報センター(仮称)」、大型バスも発着できるバスベイを併設する予定。働く、食べる・飲む、買う、遊ぶ…に加え、直接アクセスできる交通の起点という機能は強みとなるでしょう。もう一点、「食」をテーマとしたワークプレイスを予定しているとのこと。ベンチャーや大企業のイノベーションを支援していく場所で、こちらも気になります。




 ところで「京橋エドグラン」というネーミング、「江戸」が入っているところがミソだと思います。日本橋界隈のコレド(COREDO)同様、歴史ある街としてのこだわりを感じますね。この辺りは区画が細かく分かれており、大型のオフィス開発が進まなかったエリアだそうです。約15年をかけて権利者の方たちと話し合いを重ね、ようやく実現したのだとか。さまざまな想いを込めて2016年秋、京橋に新たなランドマークが誕生します。




Comment:0
2016
03.07

意外にも台湾初進出 三井アウトレットパーク

Category: ニュース

 日本経済新聞2016年1月27日の記事「三井不動産、台北近郊にアウトレット 220店入居」によると、日系企業初のアウトレットが台湾にオープンしたとのことです。台湾の玄関口・桃園国際空港から近く、アクセスは良好。三井不動産と地元コングロマリット企業との合弁会社が手掛ける、台湾北部最大規模のモールとなります。




意外にも台湾初進出 三井アウトレットパーク 
(イメージ画像)




 正式名称は「三井アウトレットパーク 台湾林口」。林口エリアは新興住宅地として開発が進みつつあり、ファミリー層の増加が予想されるとのこと。アウトレットパークにとっては追い風です。新しい街を、これから共に作り上げてくという関係でしょう。




 空港に近いので、国内はもちろん海外からの旅行客も大きなターゲット。日本で言うと酒々井のアウトレットのようなポジションでしょうか。林口は空港と台北中心部を結ぶ高速道路やMRTの駅(2016年6月開業予定)から1本でスマートにアクセス可能。地理的にも空港と街を結んだほぼ直線上に位置しており、迂回する必要がないので、効率よく時間を使えるのでは?




 ヨーロッパのラグジュアリーブランド、スポーツ系ブランドと共に、日本発の店舗も50店余りが出店しています。「ビームス」「ユナイテッドアローズ」などお馴染みのショップや、ラーメンやうどんなど、事前調査のリクエストに応えた構成となっているとのこと。台湾の方は日本のカルチャーに概ね好感を持っているようなので、喜んでいただけると思います。




 エンタメ系にも興味深い施設が。日本のちびっこに大人気の「お絵かき水族館」をご存知ですか?お絵かきをその場でスキャンし、スクリーンに映し出したりタッチして動かしたりできる、インタラクティブなバーチャル水族館です。セガが手掛けるアミューズメント施設に入るとのこと。台湾のちびっこにも楽しんでほしいですね。




 また台湾発の「誠品生活」も素敵。「誠品書店」として始まったこのショップ、日本の蔦屋書店が参考にしたというオシャレな本屋さんです。「生活」はさらに幅広くライフスタイル提案型で、ものづくり体験もできるとか。こちらも気になります。




 三井不動産としては海外店3店目となる「三井アウトレットパーク 台湾林口」。国内のアウトレットが飽和状態とも言われるなか、海外に活路を求めるのは当然の流れです。ただし、台湾の店舗が盛り上がりすぎると、中国や台湾の方が「日本に行かなくても買い物ができる」という発想になってしまい、訪日客をインターセプトするなんてことになりかねないのでは!? 




 でも大丈夫。買い物だけではない、日本ならではの体験や感動がきっとあります。まずは「三井アウトレットパーク 台湾林口」が良いきっかけになることでしょう。


 
Comment:0
2016
03.03

初もんとよかもんがお出迎え KITTE博多

Category: ニュース

 日本経済新聞2016年1月19日の記事「KITTE博多、4月21日開業 4割が九州初店舗」によると、博多駅前に「KITTE(キッテ)博多」がオープンするとのことです。メインのテナントとなる「博多マルイ」も含めて地元を意識した店舗づくりを進めており、大きな話題となりそうです。




初もんとよかもんがお出迎え KITTE博多 
(イメージ画像)




 博多駅周辺の開発計画「福岡市都心部機能更新誘導方策」の適用第一号となる「KITTE博多」。JR博多シティや博多駅とつながり、アクセスも良好。さすが日本郵政、駅近の一等地を所有していますね。ちなみに隣りにはJRJP博多ビルが5月にオープン。こちらは大型オフィスビルで、有名企業が入居するそうです。




 KITTEの目玉はなんといっても「博多マルイ」でしょう。12フロアのうち7フロアに入ります。アパレル以外の店舗が7割を占め(通常は5割程度だそうです)、飲食関係や大型複合書店、雑貨などバラエティ豊かなショップが揃います。特にカフェが充実。1階~6階の各階に導入し、ゆっくりとくつろげるスペースを提供します。




 マルイと言えば「らくちん○○」シリーズなど、お客さまの声を聞きながら商品開発を進めていることに定評があります。「博多マルイ」も2014年からお客さま企画会議やコミュニティサイトを立ち上げ、積極的に意見を取り入れて店づくりに活かしてきたとのこと。上記のようなちょっとユニークな店舗構成にも反映されています。




 マルイ初・九州初のショップが注目されがちですが、同時に力が入っているのが「九州発信」のお店。さすが地元愛が強い九州ならではのラインナップではないでしょうか。




 ところで先ごろ、2015年度の全国百貨店売上が発表されました。既存店全体で-0.2%とのこと。特に地方はマイナス傾向にあり、訪外国人の購買意欲も日本のすみずみまでは浸透していない模様です。プラスだったのは東京(3.4%)、大阪(1.6%)、福岡(0.9%)の3都市のみ。福岡の健闘が光ります。やはり地理的なアドバンテージでしょうか。




 九州各地から、そしてアジアからの観光・買い物客が集う福岡。県内でも天神エリアと刺激しあいながら、訪れる人たちを受け止めます。「KITTE博多」のコンセプト『だれでも、気軽に、毎日でも』のもと、特にターゲットを絞ることなく、すべての客層を迎え入れます。




 日本全体の人口が減少傾向のなか、福岡市は首都圏などと並んで増加しているとか。さらに平均年齢が43.0歳と比較的若いのだそうです。この点からも、今後も街としての発展が期待できることと思います。「KITTE博多」と「博多マルイ」が良い影響を及ぼすことでしょう。


 
Comment:0
back-to-top