FC2ブログ
2016
01.28

今後の拡大に期待 倉庫リノベーション

Category: ニュース

 品川経済新聞2015年12月1日の記事『品川駅港南エリアに倉庫リノベーション専門ショールーム「アントルポ」』にて、ユニークなショールームが紹介されています。オフィス空室率が低下傾向にある昨今。倉庫をオフィスにリノベーションする動きが高まっており、需要が見込めるとのことでしょう。



今後の拡大に期待 倉庫リノベーション 




 いち早く「倉庫リノベーション」を手掛けてきたイーソーコグループの(株)リソーコが企画、イーソーコドットコムが運営するという「ENTREPOT (アントルポ)」。フランス語でズバリ「倉庫」という意味です。天井はコンクリートの打ちっぱなし、床はカーペットをはがした糊の跡をそのまま活かしており、良い味を出しています。設計や植栽にもこだわり、ぬくもりのある落ち着いた雰囲気に仕上がっています。




 もちろんショールームとしての機能も充実。リノベ向けの倉庫物件探しや先行事例の閲覧など、具体的に提案してくれます。立地は今後の発展が期待される山手線新駅からそう遠くない場所。社長の池田氏いわく、倉庫はかっこいいというイメージを浸透させ、さらに新しい分野への挑戦を目指したいとのことです。




 通販業界の拡大により物流倉庫は大型化し、郊外へ移転する動きが増えています。その結果、都心の中小規模の倉庫の使用が減っており、オフィスへの転用に適した物件も少なくないとか。空いたままにしておくよりは家賃収入が見込めるオフィスへ改装した方が…と考えるオーナーに向けて、イーソーコなどの仲介業者がリノベーションの提案を進めつつあります。




 倉庫をリノベした物件は、一般のオフィスビルに比べて賃料が抑えめなので、ベンチャーのような資金が少ない企業にとっても利用しやすいとのこと。倉庫のほとんどをシェアオフィスとして利用してる例も出てきています。以前は倉庫を活用したオフィスといえば、ちょっととんがったクリエイティブ系企業が使用しているイメージがありましたが、今後はもっとさまざまな業界に浸透していくかもしれません。




 少し気になるのが空調と窓のこと。1日の3分の1(もしくはそれ以上)を過ごすオフィス環境にとって、換気や採光は大事です。おそらくそのあたりも含めてリノベーションされていることでしょう。




 倉庫がオフィスにリノベーションされる一方、オフィスがホテルにリノベーションされるというニュースも耳にします。2020年に向けてホテルの供給不足も問題になってきています。いずれにせよ、今ある物件を有効活用しようとするフレキシブルな発想と行動力が、不動産業界の活性化にもつながっていくのではないでしょうか。


 
Comment:0
2016
01.25

満を持して東急プラザが銀座に進出

Category: ニュース
 
 WWDJAPAN2015年12月11日の記事「3月31日オープン 東急プラザ銀座"オール東急"の総力戦」によると、銀座5丁目の再開発プロジェクトの名称が決定したとのことです。モザイク銀座阪急の閉店から3年余り。その跡地が「東急プラザ銀座」として生まれ変わります。




満を持して東急プラザが銀座に進出 




 都内を中心に5店舗を展開する東急プラザですが、やはり渋谷のイメージが強いですね。しかし渋谷道玄坂エリアの再開発にともない、渋谷店は2015年3月に惜しまれつつ閉館。これからは銀座店が新たな旗艦店として東急プラザを牽引していきます。

 東急百貨店、東急ハンズ、東急文化村が集結し融合するということもあり、コンセプトのとおり「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」が感じられる施設になることでしょう。




 1、2階は高級ブランドの路面店で固め、3~5階は本物志向の大人に向けたファッションアイテムで構成。さらに東急百貨店の中型店「HINKA RINKA(ヒンカリンカ)」は3~5階ぶち抜きで登場。国内外の旬を取り揃えたセレクトショップとのことです。ちなみにこの名称は「品格」を持ち「凛」として生きる女性をイメージしているとのことです。納得です。




 6階と7階は「FIND JAPAN MARKET」がコンセプト。6階は「和」の伝統と革新をテーマとし、7階は東急ハンズの新業態「HANDS EXPO」が出店。「和・都・知・美・食」の5つのゾーンで構成されるとのことです。

 その上階の8、9階には都内最大の市中空港型免税店「ロッテ免税店銀座」が出店。記事にもあるように、8、9階で外国人観光客を呼び込み、シャワー効果で6、7階で受け止め…という流れになるでしょう。




 その他に、パブリックスペースが充実しているのも素敵。6階のKIRIKO LOUNGE(キリコラウンジ)では文化村のノウハウを活かした文化・情報発信イベントが開催される予定。江戸切子がモチーフのガラス張りの吹き抜けから、昼も夜も違った表情を楽しめそうです。一方屋上のKIRIKO TERRACE(キリコテラス)では緑や水辺を感じられる開放的な空間になる予定。お買い物に疲れたら、ぜひ立ち寄りたいですね。




 さて現在銀座の再開発といえば、「東急プラザ銀座」と並んで注目なのが6丁目のプロジェクト。松坂屋の跡地でJ.フロントリテイリングなど4社の共同運営で進行中です。いずれも劣らぬ大規模開発でもあり、お互いに非常に気になることでしょう。

 ほどよく距離があるので、棲み分け、共存は充分可能だと思います。既存の百貨店にも良い刺激となり、それぞれに個性を際立たせていくと、より魅力的な銀座になっていくのではないでしょうか。




 ところで6丁目のプロジェクトは地中障害物が発見されたらしく、竣工が2017年1月に延期されたそうです。ライバル同士のガチンコ対決!は少し先になりそうですが、それはともかく江戸切子がモチーフのシャープで美しい外観のように、きらきらと光を放つ新しい東急プラザに期待しましょう。




Comment:0
2016
01.21

東京タワーに手が届きそうなオフィスビル リノベでよみがえる

Category: ニュース

 Fashionsnap.com2015年12月5日の記事「トランジットが"東京タワーの絶景付き"新オフィスビル公開、今後リノベホテルの構想も」によると、古いビルをリノベーションでよみがえらせた「ザ ワーカーズ アンド コー(THE WORKERS&CO)」が完成したとのことです。




東京タワーに手が届きそうなオフィスビル リノベでよみがえる 




 オフィスビルでありながら、あえてコミュニティープレイスと名乗っているところにこだわりを感じます。屋上はバーカウンターつきの休憩スペース。目の前の東京タワーを眺めながらグラスを傾ければ、コミュニティ内の人たちとの会話も弾むことでしょう。他業種とのコラボアイデアなども生まれそうな予感が。




 また、日本では珍しい貸し方の「コア&シェル・リーシングシステム」を採用しているとのこと。最低限のインフラを備えたクォータースケルトンで部屋を引き渡し、さらに一定条件をクリアすると原状回復義務が免除されることで、コストダウンなどのメリットが。シンプルにそのままで使うのもよし、内装にこだわるのもよし。クリエイティビティが発揮できますね。




 他の施設では、1階にオープン予定のマイクロ・ブリュワリーも気になるところ。徳島県上勝町にある「RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store」の東京初進出店です。上勝町といえば「葉っぱビジネス」や「ゼロ・ウェイスト宣言」などユニークな取り組みで知られる町。

 ジェネラルストアも「ゼロ・ウェイスト=ごみゼロ」というコンセプトに基づいていますが、お店の外観やビールのボトルに至るまでとってもおしゃれ。どんな店舗で東京に乗り込んでくるのかが楽しみです。




 36区画はほぼ契約済。テレビ局が近いこともあり、映像関係・化粧品関係などの入居が決まっているそうです。トランジットグループとしては今後もシェアオフィス事業を進めつつ、リノベーションホテルにも意欲があるとか。こちらもユニークな空間になることでしょう。




 「ザ ワーカーズ アンド コー」は、古い建物でも丁寧に掘りおこし、きちんと手をかけてリノベーションすれば人気物件として生まれ変わることができるという良い一例です。大規模な再開発が注目されがちな東京ですが、小粒でもピリリとスパイスが効いたクリエーターズオフィスにも要注目ですね。


 
Comment:0
2016
01.18

地方の魅力をググっとつめ込んだ、まるごとにっぽん

Category: ニュース
 
 流通ニュース2015年12月2日の記事『淺草六区/新商業施設「まるごとにっぽん」、50店舗で17日オープン』にて、浅草に新しくオープンする商業施設が紹介されています。その名も「まるごとにっぽん」。浅草の東京楽天地浅草ビル・1階から4階で、各階ごとにテーマを設けながら日本をまるごと応援。真の地域振興を目指します。




地方の魅力をググっとつめ込んだ、まるごとにっぽん 




 全体のテーマは「風土巡礼」。海外からの観光客はもちろん日本人にとっても「和」を感じることができる浅草から、さまざまな地方のモノ・コト・ヒトの魅力と発信していくとのことです。仲見世~浅草寺からは少し離れますが充分徒歩圏内ですし、つくばエクスプレスの浅草駅からはアクセス良好。観音様が閉まった後は六区へ、という流れを生み出し、街全体の活性化に繋がると良いですね。




 フロア構成は、1階食品、2階日用品、3階情報発信、実演・体験、4階飲食。いずれも地方の逸品を取り揃えています。またテナントの大半は東京初出店だとか。小ロット商品の販路開拓や内装・什器を用意するなど、出店にまつわるあれこれをまるごとにっぽんがバックアップ。地方自治体や地方事業者に腕試しの場を提供します。




 最近の傾向から訪日外国人を意識した構成かと思いきや、メインターゲットは足元商圏の地域住民、並びに首都圏在住の40代を中心とした女性とのこと。ファンになって何度でも通ってもらえるリピーターを大事にしようということもあるでしょう。目先の爆買いよりも長いスパンで、地方の良いもの・良いところを育てていこうという意図を感じます。




 その特徴がよく表れているのが3階フロア。「旅の窓口」をテーマとし、郷土料理の料理教室や各市町村とのコラボイベントやメニュー、さらにはふるさと納税やUターン・Iターンの相談まで、まさに情報発信、実演・体験を実感できます。買う・食べる・使うから一歩進んで「現地に赴く」という選択肢を提供します。




 ところでこの度オープンの「まるごとにっぽん」。浅草六区誕生130周年の記念事業「浅草六区再生プロジェクト~For the future of the "Rock"~」の一環だそうです。3年計画で劇場やスポーツ施設などを整備してきました。六区をRockに書き換えると、より熱い感じがしますね。




 映画や演芸など娯楽の興行街として栄えてきたこのエリア。浅草寺の敷地内であり、外部の事業者が開発に携わるのが難しくなかなか開発計画が進まなかったとのこと。地元のブロードウェイ商店街が主体となって、Rockスピリットで攻めていってほしいと思います。




Comment:0
2016
01.14

6年目の大規模リニューアル ららぽーと新三郷

Category: ニュース
 
 流通ニュース2015年11月20日の記事「ららぽーと新三郷/大規模リニューアル、改装後売上5.6%増の300億円」によると、「ららぽーと新三郷」のリニューアルがいよいよ完了したとのことです。9月と11月の2段階でオープンし、50店もの新店が登場しました。




6年目の大規模リニューアル ららぽーと新三郷 




 2009年にオープンし、初めての大規模リニューアルだとか。その後周辺の住宅建設が進んだこともあり、ファミリー層を強く意識した構成になりました。新コンセプト「ママ with ららぽーと」のもと、子育て中のママが使いやすいような授乳室やトイレを整備し、「KID’S PARK」「KID’S ROOM」など安心して子供が遊べるエリアも充実させました。じっとしていられない子も、じっとしている必要がありません。




 またフードコートにもさまざまな工夫が。テーマ別で1階と2階にあったものを集約し、約600席に増やしました。また時間帯によって照明の色やBGMを変え、心地よく過ごせる工夫がされているとのことです。このシステム、オフィスに取り入れると職場のストレス緩和になるのでは?




 他にも、インポートブランドの強化、商品認知をうながすディスプレイスペースの設置、会員カード用カウンターの新設など、細かいところまで見直しました。さらに3月に登場予定の農産物直売所「わくわく広場」も気になるところ。地元の産直野菜や果物を、生産者が直接販売するコーナーになるそうです。小松菜をはじめとしてさまざまな野菜や果物を生産している三郷市ですので、期待できますね。




 いわゆる競合のイオンレイクタウンもほぼ同じタイミングでリニューアルを終えました。お互いに相手が気になりつつも、相乗効果で地域を活性化していく良きライバルのような関係でしょうか。ららぽーと新三郷としては、今後も幅広い客層に合わせたリニューアルを続けていくとのこと。例えば近隣住人の子供の成長に合わせた店舗構成などが考えられるでしょう。




 ららぽーと開業のタイミングで町名を「新三郷ららシティ」に変更し、商業施設と住宅街を同時に開発してきたという経緯を持つこの地域。計画の段階から地域とともに発展していこうという理念があったようです。単なるお買い物場所というだけでなく、住む人も集まり街が活気づくという良いサイクルが生まれてくるものなんですね。これからの街づくりのモデルとして、ららぽーと新三郷がどのように発展していくのか、期待したいところです。




Comment:0
2016
01.07

みんなでワイワイ! ヨドバシAkibaのレストラン

Category: ニュース

 日本経済新聞2015年11月21日の記事『「ヨドバシAkiba」が大改装 ご当地メニューが勢ぞろい 』にて、このたびリニューアルオープンした東京・秋葉原の「ヨドバシAkiba」が紹介されています。8階のレストランフロアが「ワイワイグルメ ヨドバシAkiba」として生まれ変わったとのことです。




みんなでワイワイ! ヨドバシAkibaのレストラン 




 10月の第一期、11月の第二期と合わせて全30店舗が出そろいました。約4000平方メートルと広く、秋葉原では最大級のレストラン街となります。店舗増に加えて席数もアップ。ひいては集客力のアップももくろんでいることでしょう。




 洗練された雰囲気の商業施設を得意とする柴田陽子事務所が、フロアの総合監修を手がけたとのこと。トータルプロデュースで、ブランディング戦略も万全のことと思います。




 白・黒・グレーでまとめたおしゃれなダイニング空間や居酒屋ゾーンの「ヨドバシヨコチョー」、オープンキッチンなど、その日の気分でさまざまな雰囲気を楽しめそうです。お店のジャンルもさまざまで、肉系が多いような印象がありつつ、女性を意識した店舗も。ガレットにフレンチトースト、ブリオッシュ、ワッフルなど、アキバとしては珍しく女子受けしそうなフードメニューが新登場しています。




 長い間、電気街とオタクのイメージが強かった秋葉原。それだけでも人を呼び寄せる魅力充分です。が、おいしいものを食べたり、お酒を楽しむ場所が増えれば滞在時間が延び、街が活気づくというもの。また、駅周辺の開発が進み働く場所としての環境が整ってきた結果、飲食店の需要と供給も同様に伸びてきたのではないでしょうか。




 そして忘れてならないのが、外国人観光客の存在。以前より日本での旅の目的地として人気があったAKIBAですが、ここ数年の日本旅行ブームで爆買いの聖地のような雰囲気です。今回のリニューアルでも4か国語対応メニューを用意し、オープンで入りやすい雰囲気にするなど、外国人客を意識した設計になっています。




 いろいろ考えつくされたリニューアルで、さらにパワーアップしたヨドバシAkiba。ごはんを食べにヨドバシへ!という新たな流れが生まれそうですね。選び抜かれたお店の中から、きっとお気に入りが見つかることでしょう。


 
Comment:0
back-to-top