FC2ブログ
2015
11.30

砂漠の中でも「近くて便利」セブン‐イレブン ドバイ1号店

Category: ニュース

 朝日新聞デジタル2015年10月14日の記事「セブンがドバイに1号店 初の中東進出、独自メニューも」によると、セブン&アイ・ホールディングスがアラブ首長国連邦(UAE)のドバイにセブン‐イレブンの1号店をオープンさせたとのことです。

 アジアやアメリカを中心に出店攻勢を進めてきた日本のコンビニチェーンですが、中東一番乗りを果たしたのは、セブン‐イレブンとなりました。




砂漠の中でも「近くて便利」セブン‐イレブン ドバイ1号店 




 今後3年の間にUAEで100店舗を目指すとのこと。そのためには1号店を成功させたいところでしょう。UAEには24時間営業の店は少ないようなので、もの珍しさもあり、ある程度の来店客は見込めるのではないでしょうか。まずはドバイで高密度集中出店を進め、その後アブダビなど他の地域へ展開していく予定です。




 中東では外資による小売業への出資規制が厳しく、コンビニチェーンによる出店は厳しい中、セブン‐イレブンはアブダビ首長国の王族から出店を要請されていたとのこと。運営会社の代表が王子ということもあり、計画発表時には「ドバイの王子がセブンを運営!?」と話題になりました。ちなみにイケメンです。




 日本国内では質・量ともにトップを走り続けるセブン‐イレブン。商品開発や店舗づくりなど日本でのノウハウをそのまま活かせるよう、出店準備段階から支援してきたとのことです。さっそく現地の人たちの好みを取り入れたお弁当やおにぎり(!)を販売しています。気に入っていただけますでしょうか。




 セブン‐イレブンの一番の強みは、消費者からするとやはり「お弁当やお惣菜がおいしい」ことがポイントでしょう。文化や食習慣が日本と異なるイスラム圏ですが、マレーシアやインドネシアの店舗の経験を活かして、商品開発力を発揮してほしいところです。




 オイルマネーの力を享受する人、労働力としてやってくる人。金融や物流の拠点でありさまざなま国籍の人々を吸い寄せるドバイ。日本NO.1のセブン‐イレブンが新境地でも受け入れられるか、興味津々です。




 ちなみにこちらの店舗、タバコはありますがお酒は置いていません。宗教上の理由からです。その代わりかどうかはわかりませんが、中東の方たちは老若男女を問わず甘いものが大好きだそうです。スイーツ系のPB商品に力を入れていくとおもしろいかもしれませんね!


 
Comment:0
2015
11.26

歴史ある建物を守り育てるプロジェクト@兵庫県篠山市

Category: ニュース

 関西にフォーカスしたニュースサイトLmaga.jp(エルマガジェイピー)2015年10月9日の記事「篠山に、古民家再生のホテルが登場」によると、兵庫県篠山市に「篠山城下町ホテル NIPPONIA(ニッポニア)」(以下NIPPONIA)がオープンしたとのことです。築100年を超す古民家が趣あるホテルに生まれ変わりました。




歴史ある建物を守り育てるプロジェクト@兵庫県篠山市 



 国の史跡でもある篠山城は約400年の歴史があり、その城下町には古い建物が数多く残っているそうです。地区内に点在する4棟の古民家を宿泊施設やレストランに改装し、城下町をひとつのホテルと見立てたというプロジェクトが「NIPPONIA」。篠山城下町ホテルはそのフラッグシップと位置付けられているとのことです。




 プロジェクトを手がけたのは一般社団法人ノオト。兵庫県丹波・但馬地域の古民家を30棟以上再生した実績があります。空き家活用事業・着地型ツーリズム・スローフードなどの事業を展開し、地域の魅力発信や活性化に力を入れている団体です。




 他にも天空の城として有名な竹田城近くの酒造場をリノベートした「旧木村酒造場EN」や、近代建築をオーベルジュとして生まれ変わらせた「豊岡1925」などの実績があります。いずれも歴史的建造物を活かしつつ、住む人にも訪れる人にも新しい価値を提供する事業を実現させてきました。




 「NIPPONIA」は関西圏国家戦略特区の事業に認定され、古民家再生による地方創生プロジェクトとしては珍しくファンドの導入に成功したとのこと。2020年に向けて、篠山城下町ホテルを10棟30室まで拡張していく予定だそうです。




 さらに、高級宿泊施設の予約サイト「一休.com」を運営する株式会社一休と業務提携し、「NIPPONIA」を専属販売していくそうです。集客はもちろん、ブランディングという点でも理想的なパートナーとなるでしょう。




 さて、篠山といえば…黒豆。恥ずかしながら篠山城のことはあまり存じ上げておりませんでしたが、「丹波篠山の黒豆」はおせちには欠かせませんね!他にも栗、松茸、丹波篠山牛など、土地ならではのグルメも豊富。食関係のイベントもいろいろと開催されているようです。




 古き良き街並みと居心地の良いホテルとおいしい食べ物。旅の目的がそろい踏みの「NIPPONIA」です。


 
Comment:0
2015
11.19

品川のディープゾーンがタワマンに 武蔵小山の再開発

Category: ニュース

 東京ローカルのシティカルチャーガイド『TOmagazine』のWeb版「TOWeb」2015年10月1日の記事「再開発の武蔵小山 東京R不動産・林厚見が歩く」にて、再開発が迫る武蔵小山の現状が紹介されています。11月には店舗の解体が始まり、その跡地には40階建てのタワーマンションが建設される予定だそうです。




品川のディープゾーンがタワマンに 武蔵小山の再開発 
(イメージ画像)




 東急目黒線武蔵小山駅周辺は昔ながらの飲み屋が密集している地域で、地震や火災などに対する防災性を向上させるべく整備事業が計画されたとのことです。正式には「武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業」という名称で、東京都都市整備局の主導で実施されます。




 すでに閉店している店舗が多く、街に活気がなくなってきており、営業しているお店の方が少ないそうです。東京R不動産の林厚見氏と武蔵小山の飲み屋街に詳しい草彅洋平氏が聞く、店主たちの声とは。




 ある居酒屋のご主人いわく「(立ち退き料で)葬式代くらい出ちゃうからね」「もちろん街が綺麗になった方がいいですよ!」「いやあ、我々はもう辞めたいですから」と、すでに割り切ってらっしゃるご様子。




 また前回のオリンピックの際、酔っぱらって裸でほっつき歩く姿を外国から来る人たちには見せたくないという理由で、夜間は営業禁止だったとか。他にも再開発自体は以前から計画されていたのに又貸しが多く、なかなか話が進まなかったなど、現場の生の声が興味深いところです。




 カラオケ居酒屋のママもサバサバしたもの。武蔵小山のお店に通っている方らしく、「粘って強制撤去まで営業するなんて、みっともないじゃないですか?」「(タワーマンションなんて)誰が買うんでしょうね?」




 林氏、草彅氏も言うように、時折飲みにやってくる立場からすれば「変わってほしくない」という気持ちでしょう。ただ、店主の方たちの考えや立場もそれぞれ。再開発でタワーマンションになるのが一概に良い・悪いとも言えません。もちろん移転してお店を続ける方たちもいるので、すべてゼロになってしまうということはなさそうですが。




 建物はいつか老朽化するものです。かといって再開発のたびに利便性を追求し、クリーンで人工的な空間ばかり生み出されていくのは…少し味気ないような気もします。特に武蔵小山のような独特な雰囲気は、一度なくなってしまったら元に戻ることはないでしょう。これからはその土地土地の個性や歴史を十分考慮しながら、再開発を進めていくことが求められるのかもしれません。


 
Comment:0
2015
11.16

品と、格と、未来が融合する、東京ガーデンテラス紀尾井町

Category: ニュース
 
 住宅新報web9月24日の記事『赤プリ跡地の「紀尾井町」 複合開発が上棟 西武グループ』によると、東京都千代田区紀尾井町の複合機能タウン「東京ガーデンテラス紀尾井町」が上棟したとのことです。「赤プリ」の名称で知られたグランドプリンスホテル赤坂の跡地を西武ホールディングスの連結子会社である西武プロパティーズが開発中の施設で、2016年夏に開業予定です。



品と、格と、未来が融合する、東京ガーデンテラス紀尾井町 




 オフィス・ホテル棟は地上36階で、詳細は未定ですが1~4階は飲食店などの商業施設が入る予定。5~28階はオフィスフロアで、24フロア中20フロアにヤフーが入居する予定だそうです。六本木のミッドタウンからガーデンテラスにオフィス機能を集約させるとのことです。どんどん新しく大きな場所を求めて、ダイナミックなヤドカリのようです。




 上層階のの30~36階に入るのは「ザ・プリンスギャラリー紀尾井町」。プリンスホテルの最上級ホテルと位置付けられており、名前からもすでに高級感を感じます。また、グランドプリンスホテル赤坂の旧館だった旧李王家東京邸が「赤坂プリンス クラシックハウス」として生まれ変わるとのこと。歴史的な建造物を残しながら、レストランやバンケットルームを増築しさまざまなイベントに応えます。




 こちらの施設、上棟のタイミングで「東京ガーデンテラス」から「東京ガーデンテラス紀尾井町」に名称が変更されました。紀尾井町という町名は、紀伊徳川家、尾張徳川家、彦根井伊家の屋敷があったことに由来しています。「紀尾井町」が入ることで、そこはかとなく由緒正しい雰囲気を感じさせます。ロゴマークも葵の紋をイメージしているそうです。




 西武グループとしては今後、品川・高輪エリアと芝公園エリアの再開発を控えているとのこと。それぞれ約13万平方メートル、約8万平方メートルと、かなりの大型案件。「東京ガーデンテラス紀尾井町」が今後の成功のカギを握るととらえているそうです。特に品川・高輪エリアは山手線の新駅誕生という追い風もありますし、期待できそうですね。




 西武ホールディングスが2006年にスタートして10年目を迎える2015年。節目の年にビッグなプロジェクトの上棟を終え、さらなる飛躍を感じるニュースです。




Comment:0
2015
11.12

オリンピック・パラリンピック開催が及ぼす、大型施設への影響について

Category: ニュース

 IRORIO2015年9月28日の記事「コミケが中止?2016年問題に2019年問題、大型施設の不足は解消できるか」によると、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催による大型施設への影響が懸念されているとのことです。



オリンピック・パラリンピック開催が及ぼす、大型施設への影響について 
(イメージ画像)



 まずは2016年問題から見ていきましょう。今年から再来年にかけて、首都圏で改修・閉館される施設が相次ぎ、コンサートや舞台公演の会場が不足する恐れがあるようです。改修のため一時閉館が予定されている施設は、日本武道館、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、渋谷公会堂、日比谷公会堂、代々木競技場第一体育館など、かなりのメジャーどころです。




 大規模な施設が閉館するあいだは公演が減り、さらに替わりの会場を押さえるのも難しいということで、思わぬところに余波が及ぶことになりそうです。




 また2019年問題としては、オリンピックの会場となる東京ビッグサイトなどの施設が約1年前から使用できなくなる可能性が浮上しているそうです。東京モーターショー、コミックマーケット、東京おもちゃショーなどの開催が危ぶまれています。




 ビッグサイトには取材拠点となる国際放送センターやプレスセンターが設置され、オリンピック・パラリンピックの期間中は継続利用される予定です。その事前準備で2019年の7月からビッグサイトを占有できることが立候補ファイルに記されているそうです。




 こちらも別の会場を手配したり、開催時期をずらすなどの対策が必要になってくるかもしれません。ただ、いずれもかなりのビッグイベントですので、会場や日程の候補が限られそうです。具体的な時期はIOCと協議中で未定とのことですが、関係者は気が気ではないでしょう。各団体が国や自治体に働きかけて活路を見出そうとしているようです。




 2020年に向けてインフラの整備、宿泊施設の建設、オフィスビルの再開発などに加えて、記事にあるように既存施設のやりくりまで、やるべきことは山積みです。なにより、総本山の新国立競技場の建設が控えています。ポリシーを持ちつつ計画的に、妥協しすぎず、しわ寄せは最小限にして、なるべく幸せになる人が増えるような解決策を編み出していただきたいところです。


 
Comment:0
2015
11.09

ワタミがWATAMIに?外国人インバウンド向け新業態

Category: ニュース
 
 ハフィントンポスト2015年9月17日の記事「ワタミが外国人旅行者向けの店を展開へ 勝算はあるの?」によると、居酒屋チェーン大手のワタミが新業態の店舗を計画しているとのことです。ターゲットはずばり外国人観光客。メニューはもちろん浴衣の試着やそば打ちなど、日本文化に触れられる居酒屋になるようです。




ワタミがWATAMIに?外国人インバウンド向け新業態 
(イメージ画像)



 旅行会社「エイチ・アイ・エス」との提携なので、団体客を取り込めば活路が見出せるかもしれません。ここ数年はネガティブなイメージが先行しているワタミですが、好調なインバウンド向け事業への参入で波に乗れるかどうか。東京・六本木で11月に1号店をオープンするとのことです。




 近頃では中国人旅行客による爆買いが話題になっていますが、海外からの訪問客が日本に来て一番やりたいことは「日本食を食べる」ことだそうです(海外20か国・地域。2015年調べ)。また日本在住の外国人へのアンケートでは、ワタミは外食チェーン店では5位にランクイン。居酒屋ならではの品数の多さや4ヶ国語に対応したメニューなどが好評で、ガイドブックでも紹介されているとのことです。




 記事にもあるように、専門メニューを提供するチェーン店が多い中、ワタミは健闘していると言えるのではないでしょうか。日本人には当たり前の居酒屋ですが、海外から来る方にとっては目新しく感じるのかもしれません。




 外国人向けの飲食店と言えば…NINJA AKASAKA、ロボットレストランなど、新旧の日本文化(?)を前面に押し出した店舗をつい思い浮かべてしまいます。飲食が楽しめるだけでなく、わかりやすいコンセプトやエンターテインメント性の高さが人気の理由なのでしょう。というよりもただ単に「COOL!」「CRAZY!」ということなのかもしれませんが。




 このたびオープンする店舗は、強烈なインパクトがあるわけではなさそうです。が、海外でも、寿司・天ぷら・和牛などの王道だけでなく、ラーメン・焼き鳥・枝豆などの庶民的なメニューが浸透してきていると聞きます。そんなさりげないメニューを網羅した居酒屋で日本文化もちょこっと紹介するという方向性は、悪くないと思います。訪れた方たちが、良いイメージを持って帰ってくれるような店づくりを目指しほしいところです。




Comment:0
2015
11.05

介護レクリエーションの普及はコーヒーを飲みながら

Category: ニュース
 
 日経デジタルヘルス2015年9月15日の記事『珈琲飲みつつ認知症予防、「レク・カフェ」がオープン』によると、介護レクリエーションを体験できるカフェが大阪市・天神橋筋商店街にオープンするとのことです。商店街の空き店舗を有効活用しながら、高齢者が楽しめる環境を目指します。



介護レクリエーションの普及はコーヒーを飲みながら 
(イメージイラスト)


 中心となるスマイル・プラスは介護レクリエーションに特化した事業を展開している企業で、「レク・カフェ」は新たな取り組み。他にも数社が参加し、さまざまな角度から運営を支えます。2015年度は大阪府の支援事業として無償で利用できるとのこと。2016年春からの本格稼働後はコーヒー代500円程度で各種サービスが利用できるようになるそうです。




 記事にもあるように「認知症予防」「商店街の活性化」「地域包括ケア」など、これからの日本が立ち向かっていかなければならない問題の解決策が見出せそうな「レク・カフェ」。一石三鳥で軌道に乗り、他の地域にも広がっていくといいですね。「1商店街に1レクカフェ」となるでしょうか。NTT西日本・ユーキャン・富士ソフト・プラスなど協力企業の顔ぶれを見ると、今後の広がりにも期待できそうな気がしませんか?




 今のところ「レク・カフェ」は、お茶がメインというよりも人々が集う場所という意味でのカフェのイメージです。が、最初にこの記事のタイトルを拝見したときに頭をよぎったのが「コーヒーが認知症予防に効果がある」という説。抗酸化物質のポリフェノールがいい、カフェインは脳に良い影響を与える、などなど諸説あります。諸説ありすぎて新説が出てきても覚えきれないほど。しかもコーヒーと同じくらい「緑茶は体にいい説」もたびたび耳にします。




 それはさておき、コーヒーは1日に3~5杯がほどよい量だそうです。ご参考までに。そこにココナツオイルをプラスすると、さらに認知症予防への効果が期待できそうですね。




 「レク・カフェ」に話を戻しますと、今後は協力する企業を増やし、文房具や薬局とのコラボ店舗も考えているとか。実用的でありながらそれだけではない、潤いと言いますか刺激と言いますか、街と脳の活性化になりそうな新形態カフェに期待しましょう。




Comment:0
2015
11.02

いまだ衰えない寅さんの吸引力 寅さんサミット開催

Category: ニュース
 
 日本経済新聞2015年9月12日の記事『柴又で「寅さんサミット」、ロケ地の特産品販売など』によると、11月7~8日に東京都葛飾区柴又にて「寅さんサミット」が開催されるとのことです。映画「男はつらいよ」で寅さんが訪れた国内外のロケ地の特産品を展示・販売するほか、各地の伝統芸能も披露されるそうです。



いまだ衰えない寅さんの吸引力 寅さんサミット開催 



 「男はつらいよ」は、1969~95年の27年間で48作が制作され、ギネスブックに登録されるほど長く続いた人気映画でした。シリーズが終了してから20年も経っているのですが、それほどの年月を感じさせません。テレビでもたびたび放映されていますし、柴又に行けばいつでも寅さん(の銅像)が迎えてくれるからでしょうか。




 今までも各ロケ地との交流はありましたが、今回のようにサミットという形式は初の試み。計画した葛飾区は全ロケ地197市町村に声掛けしたそうですが、スケジュールが迫っていたため、今年の参加は12地域にとどまっています。

 そんな中、海外から唯一参加するウィーン市の心意気にグッときますね。サミットは来年以降も開催予定で参加地域を増やし、各地の魅力を発信しながら地域の活性化を目指します。




 会場は葛飾柴又寅さん記念館や柴又帝釈天、帝釈天参道など。上記の特産品販売、伝統芸能の披露のほかに、映画上映会やトークショーなどもおこなわれる予定です。まだオファーの段階ですが、山田洋次監督と寅さんの妹・さくらを演じた倍賞千恵子さんがゲスト出演するかも!?との情報も。




 また、映画撮影時に提供していた寅さんラーメンや寅さんどら焼きなどの寅さんメニューが復活するそうです。団子以外にも色々と関連商品があったんですね。今回はどのような新メニューが登場するのか、楽しみですね。




 今思えば「男はつらいよ」という映画は、いわゆる「聖地巡礼」と地域活性化が結びついた先駆けだったと思います。実家を彷彿とさせる団子屋が繁盛していたり、寅さんが産湯を使った帝釈天のご利益にあやかろうとしたり。ファンの人たちがロケ地に赴いて映画の世界を体験しようとする動きが、自然と生まれていたんですね。さすが国民的映画です。




 さらに寅さんがテキ屋だったことも大きなポイント。商売柄日本中(たまに海外)を旅していた故に、ゆかりがある地域が197もあるのですから。今後は各地にもさまざまな効果が波及していくことを狙ってのサミット開催。11月の両日には、柴又がフーテンな人たちで溢れかえることでしょう。




Comment:0
back-to-top