FC2ブログ
2015
07.31

巡礼し、語らい、癒される場所

Category: ニュース
 
 神戸新聞NEXT 2016年5月16日の記事「全国の珍しいプラネタリウム巡ろう 明石天文科学館が企画」によると、明石市立天文科学館(兵庫県明石市)が、珍しい場所にある全国33カ所のプラネタリウムを3年3カ月かけて巡る、「全国プラ『レア』リウム33箇所巡り」を企画しました。

 国内には約300基のプラネタリウムがありますが、今回、船上や寺に設置されたプラネタリウム、世界一高い場所に設置されたものや日本最北端にあるものなど、“レア”な33ヵ所が選ばれました。

 2013年には、ドイツのカールツァイス社製投影機を保有する7施設を巡る「全国カールツァイス・プラネタリウム巡り」が実施され好評だったことから、今回の企画が考案されたのです。



巡礼し、語らい、癒される場所 
(イメージ画像)



 滋賀県守山市にある『ラフォーレ琵琶湖「ほたる」』では、3次元の迫力ある映像を楽しむことができる“SKYMAX DS”を採用し、プラネタリウムでは少ない『5.1chサラウンドシステム』を導入することで迫力ある重低音で臨場感を醸し出しています。

 またこちらでは、爆笑プラネタリウム解説で人気の「星のお兄さん」によるトークや、場内で結婚式ができる「プラネタリウムウェディング」プランもあるなど、凝った趣向で話題になっています。




 東京・羽田空港国際線ターミナル5Fの、プラネタリウムを上映するカフェとしてメディアでも取り上げられている「スターリーカフェ」では、プラネタリウムを見ながらカフェや食事を楽しむことができます。

 季節によって上映される映像が変わったり、ロンドン・シドニー・シンガポールなど羽田から就航する都市の星空を上映する『就航都市の星空』などの映像を、1日に何度も楽しめるのです。




 神奈川県横浜市にプラネタリウムを設置して話題になっているスーパー銭湯があります。「RAKU SPA 鶴見」では、14種類のお風呂とサウナのほか、6種類の岩盤浴を楽しむことができ、その中のひとつにプラネタリウムが設置されているのです。

 満点の星空を見ながらの岩盤浴で、極上の癒しが体感できます。施設内では、世界各国のビールが飲めるバーや200種類以上のメニューを揃えたレストランもあり、レジャーと癒しの両方が満喫できるスポットです。




 最後に、福岡県北九州市の「年長者の里小倉白銀」をご紹介します。こちらは、名前の通り高齢者施設なのですが、2015年3月にオープンした西館にプラネタリウム上映施設が設置されました。

 入居者へのサービスと地域貢献を目的に設置されたこの施設は、地域の幼稚園・保育園・養護施設・学校などの教育機関にも無料で開放されており、期待される波及効果として、遊びに来た子どもたちとの交流によってもたらされる高齢者への癒やし効果にも注目が集まっています。




 カフェ、スーパー銭湯、ウェディング、高齢者施設。まだまだ考え付かないようなところで、プラネタリウムが見られるかも知れません。




Comment:0
2015
07.30

福岡大好きっ子がまちづくりを全力で妄想する「アナバ不動産」

Category: ニュース
 
 ウェブマガジン「greenz.jp」2015年4月30日の記事『行政もひそかに注目する妄想の力とは? 福岡の「アナバ不動産」が提案する、パブリックスペースの楽しい使い途』では、自由な発想=妄想力でまちづくりを提案するユニークなプロジェクト「アナバ不動産」の活動を紹介しています。




福岡大好きっ子がまちづくりを全力で妄想する「アナバ不動産」 
(イメージ画像)



「アナバ不動産」とは、
まちの中にある、空き地や有効活用されていない建物やへんてこな場所。
アナバ不動産が見つけたまちのスキマのステキな活用法を、勝手に一生懸命、妄想しています。
とのこと(アナバ不動産Facebookより)。2013年秋にスタートしました。




 具体的には、妄想ミーティングで出たアイデアをイラストに起こし、展示会で発表するという活動を行っています。メンバーは建築家や都市計画の専門家、不動産業、マンションの大家さん等、約20人。現在まで30以上の妄想が発表されているそうです。コンセプトを固め展示会でアウトプットすることで、メンバー以外の人々とのコミュニケーションが始まり、まちづくりへの良いきっかけが生まれることを期待しているとのことです。




 今では他の地方への出張も。さらに行政関係者からの反応もよく、例えば博多まちづくり推進協議会からのアプローチもあったとか。じわじわと活動の幅が広がってきているようです。妄想パワーを侮るなかれ、ですね。




 福岡市は2014年に国家戦略特区に指定され、規制緩和により柔軟なまちづくりが可能になっているとのこと。地理的に日本だけでなく、アジアからの集客拠点としても重要な九州エリア。行政の方たちも実現可能なアイデアは積極的に採用していただきたいところです。




 東京では2020年に向けて大規模な再開発プロジェクトが注目されています。が、すべての地域が潤沢な予算があるわけではありません。既存の施設や地理的条件を活かして、柔軟な発想や切り口で潜在的な魅力をアピールしていくことも必要だと思います。




 かねてより「妄想=イメトレ」という風にポジティブに捉えています。根拠がないとか夢見がちだとか批判するのは簡単ですが、まず何かを発想しないことには何事も生まれてこないのではないでしょうか。妄想から生まれた小さな発想の種を育ててみようとする気持ちは持ち続けていたいものですね。




 さて「アナバ不動産」が絶賛妄想中のテーマは、大人の遊園地「アナバーサルスタジオ・フクオカ」、ファッションビル・イズムにはジャングルジムを設置した「ジャングルジイズム」、舞鶴城にはメリーゴーランドならぬ「武士ーゴーランド」等々。ダジャレですが…福岡への愛があふれていて、楽しそうでなによりです!




Comment:0
2015
07.29

シンプル is ビューティフル&リーズナブル~成田空港第3ターミナル

Category: ニュース
 
 ハフィントンポスト日本版2015年5月26日の記事『その「和モダン」はもう古い 日本の空港は変わった!』によると、LCC(ローコストキャリア)専用の成田空港第3ターミナルが日本的なミニマリズムを感じさせる空間に仕上がっているとのことです。




シンプル is ビューティフル&リーズナブル~成田空港第3ターミナル 
(イメージ画像)




 徹底的にコストを抑えつつ、デザインの力で白を基調にしてスッキリまとまっています。4月のオープン時にはマスコミでもよく取り上げられていたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。陸上用トラックが印象的です。




 第3ターミナルのデザインを担当したのはクリエイティブラボ「PARTY」。代表取締役の伊藤直樹さんによると、「静」と「動」のバランスがポイントだったとか。




 「動的デザイン」を象徴するのが陸上用トラック。実際に陸上競技で使われているゴムチップ製の床材を採用しているので足首や膝への負担が軽く、体が飛び跳ねるような感覚があるそうです。さらにコース内にサイン表示を入れ、乗降客を自然に誘導。予算の問題で動く歩道や内照式のサイン看板が設置できないことを補って余りあるアイデアです。




 一方「静的デザイン」のヒントになったのは京都の街づくり。碁盤の目のように整った通りや高さや色を制限した建物などから、人を迎え入れる場の美意識を感じたそうです。フードコートのデザインを統一したところにその考え方が取り入れられているとのことです。




 また、ラウンジのソファベンチやフードコートのテーブルと椅子は無印良品をする良品計画によるもの。ソファベンチがビシーッと整列している様は、これぞミニマルデザインという趣き。縦横に区切られた京都の街並みを思い出させます。ちなみにソファベンチは無印良品の定番「脚付きマットレス」をベースにしているので、座り心地だけでなく寝心地もいいそうですよ。




 というように「静」と「動」を融合させながら「今の日本」をプレゼンテーションする場となった、成田空港第3ターミナル。かなりイイ線いっているのではないでしょうか。建設予算は通常の約半分だったそうですが、制約をポジティブにとらえ、アイデアを駆使し、他のターミナルとは違うオリジナリティを生み出すことに成功していると言えるでしょう。




 伊藤さんいわく、今回のキーワードは「more than 2 into 1―ふたつ以上の機能をひとつのものに集約するという経済合理性―」。これからの建築や設計、デザインなどさまざまな分野において、参考になるのではないでしょうか。




 とりあえず新国立競技場の関係者にみならってほしい…との思いが頭をよぎったのでした。




Comment:0
2015
07.28

2015年の地価上昇要因は?

Category: ニュース
 
 日本経済新聞2015年6月5日の記事「地価、84地区で上昇 国交省4月時点報告」によると、三大都市圏を中心に金融緩和や堅調なマンション需要を背景とした地価上昇が続いています。

 なかでも、3~6%と上昇幅が大きかった地区は、東京の「銀座中央」と名古屋駅近くの「太閤口」でした。銀座の地価上昇率は不動産市況のバロメーターとも言われており、さらに名古屋駅近くの「太閤口」は、リニア中央新幹線の開業をターゲットとする不動産投資が、上昇率を押し上げたものとなっています。

 2015年1月1日に国土交通省が発表した地価(公示価格)によると、全国の商業地の上昇率トップは銀座でも名古屋でもなく、石川県の金沢駅前で、これは北陸新幹線開業の影響が大きく寄与したものと思われます。以下2位が名古屋市、3位が銀座中央の順でした。




2015年の地価上昇要因は? 
(イメージ画像)




 不動産の価格は、前述の公示価格などの地価が目安になることもありますが、商業地などでは収益還元方式という別の判断材料によって取引価格が決まるのが一般的になっています。これは、購入価格などのイニシャルコストや所有・維持管理のためのランニングコストなどの「支出」に対して、その不動産が生み出すであろう「収益」がどの程度見込めるかを算出して価格を弾き出すものです。




 ところで、不動産の収益ではテナント賃料や駐車場収入が代表的なものですが、その賃料は駅に近いほど高くなるのが一般的で、大都市圏の駅ビルや駅ナカ店舗などは、好不況に関わらず常に人気があります。そんな駅ビルや駅ナカの賃料の上昇率はどうなっているでしょう?

 東京都内のJR・私鉄・地下鉄について、2011年と2014年の3年間の駅ビルと駅ナカの賃料の比較を見てみます。まず、上昇率1位は地下鉄銀座線田原駅で、上昇率は驚異の26.3%でした。この田原町駅は日本で最も有名な商店街の一つとして挙げられる「かっぱ橋商店街」の最寄駅で、浅草寺からかっぱ橋を訪れる外国人観光客が増えたことが上昇の要因となっています。

 以下2位が東京メトロ丸ノ内線、副都心線、都営新宿線が乗り入れる新宿三丁目駅で、こちらは2013年の「ルイ・ヴィトン新宿店」オープンによるところが大きいようです。そして、3位は東京メトロ千代田線の赤坂駅でした。もともと好不況関係なく地価の高い赤坂ですが、赤坂1丁目の公示価格は14年連続で全国2位でした。




 今回、商業地の不動産市況について述べましたが、住宅地についても触れておきます。2015年の住宅地の公示価格では、ある地域がトップ10を独占しました。そこは福島県いわき市です。

 いわき市は県庁所在地ではありませんが、もともと福島県内で最も人口多く、宿泊施設や飲食店などが県内でも充実していたことから、原発関連の作業員の居住拠点となっていて、本格化した県内の復興需要も手伝い、住宅の需要も大幅に伸びているものと思われます。

 ちなみに有名住宅メーカーの着工数ランキングでも、福島県内の支店・営業所が上位を占めているとのことです。




Comment:0
2015
07.27

驚きと感動の食品サンプル 自宅へ海外へ

Category: ニュース

 浅草経済新聞2015年5月29日の記事「合羽橋の食品サンプル店が3周年 本物以上の表現力で驚きと感動を」によると、西浅草のかっぱ橋道具街の「元祖食品サンプル屋」の合羽橋ショールームが3周年を迎えたとのことです。




驚きと感動の食品サンプル 自宅へ海外へ 
(イメージ画像)



 「元祖食品サンプル屋」は、1932年創業の食品サンプルの老舗・株式会社岩崎が手がける店舗です。「食品サンプルの持つ新しい可能性を開放し、世の中に今までにない驚きと感動を提供すること」をミッションとしたプロジェクトにより、2012年に開店しました。




 会社としてのコンセプトは「食品サンプルの表現力で驚きと感動を」。確かに最初にスパゲッティがフォークに巻かれて宙に浮いているのを見たときは、びっくりしました。本物そっくりというだけでなく、躍動感を感じさせる造形は、ある意味感動です。




 見て楽しむだけでなく、使って楽しめるグッズも。ベーコンのしおりやパンケーキの小物入れ、ロールケーキのセロハンテープカッター等、センスが光ります。食品サンプルの定番「すし」はマグネットとして。外国人観光客のおみやげとしても人気があるようです。ちなみにWebサイトでも英語ページを用意し、海外に向けてアピールしています。




 また、こちらのショールームでは蝋(ろう)を使ったサンプル制作体験が可能。天ぷらとレタスが作れるそうです。そこでものづくりのおもしろさにはまった方には、自宅でもサンプルが作れるキット「さんぷるん」を販売しています。食品サンプルの醍醐味が感じられる麺類が充実。パスタやそばをググっと持ち上げることができます。パフェやかき氷等のスイーツもカラフルでかわいいです。




 日本ではキャラクターのフィギュアに根強い人気がありますが、食品サンプルもある意味フィギュアではないでしょうか。忠実に再現しつつ本物より可愛く、あるいはよりおいしそうに見せるという点で共通しています。カタチは原型から作りますが、色付けは手作業で施していくので同じものは2つとないそうです。職人さんのなせる技ですね。スゴイけどちょっとクスッと来るような、でもやっぱりスゴイ!と思わせるものがあります。




 創業者の岩崎瀧三さんの「食品サンプルの技術はショーウインドーの中だけに留まるものではない。」という思いをつないできた岩崎。その言葉のとおり、ショーウインドーから飛び出して私たちの生活に楽しさを与えてくれています。開発中の新製品で、また驚かせてほしいですね。


 
Comment:0
2015
07.24

目にもやさしい「抹茶ビアガーデン」

Category: ニュース

 FASHION PRESS 2015年5月27日の記事『御茶ノ水に「抹茶ビアガーデン」オープン - 抹茶ビールが飲み放題&お茶料理も充実』によると、お茶尽くしのビアガーデンがオープンするとのことです。「グリーンティー レストラン 1899 お茶の水」にて、夏季限定開催です。




目にもやさしい「抹茶ビアガーデン」 
(イメージ画像)



 とにかく見た目にグッときます。爽やかなグリーンです。ただし抹茶黒ビールの方はかなり深~く濃~い緑です。肝心のお味はというと、ビールのほろ苦さと抹茶の苦みが合うそうです。抹茶の香りがビールを包み込み、かなり抹茶感が感じられるそうですよ。




 カロリーや糖質を抑えたビールが台頭してきている昨今。いろいろ気にするより、体にいいものと合わせてみようというポジティブな姿勢に好感が持てます。茶葉を丸ごと摂取できる抹茶とMIXしてしまえば、安心していくらでも飲める…ような気がします。まさにお茶感覚で!というのは言い過ぎかもしれませんが、2時間の飲み放題で税込3,780円となっております。




 ビールとは別料金ですが、お茶をふんだんに使った料理も魅力的。おつまみの定番・ポテトサラダやポテトフライには抹茶をまとわせています。枝豆はもちろん茶豆。抹茶をソースとして使用したメニューや、茶そばにお茶漬け等々、お茶ざんまい。カテキンパワーが充填できますね。




 ここで少し「グリーンティー レストラン 1899 お茶の水」についての情報を。お茶の水にある「ホテル龍名館」に併設されており、ホテルが2014年8月にリニューアルした際に新しくオープンしたとのことです。「ホテル龍名館」は明治32年(1899年)創業の歴史ある旅館が前身。店名に「1899」が冠されているのはそのためです。




 近頃ではビール関係のイベントやお祭りが盛り上がり、クラフトビールや地ビールなどのこだわり系ビールも増えてきました。またデパートの屋上のビアガーデンも洗練された雰囲気で定着しつつあります。そんな中、お茶の水の地でお茶にこだわり、抹茶のビールを生み出し…と「お茶」という芯が通った「グリーンティー レストラン」。いろいろと気になる大人の層に定着していくのではないでしょうか。




 ちなみに抹茶ビールにたどり着くまでに、焼酎や日本酒、梅酒、緑茶リキュールなど様々な案が出ていたそうです。今後のさらなるマリアージュにも期待が高まります。


 
Comment:0
2015
07.23

心と体に優しいコンビニ

Category: ニュース

 日本経済新聞2015年5月1日夕刊の記事「1コインでプチ健康診断 血液検査で中性脂肪・肝機能…コンビニ・スーパーで気軽に」によると、ファミリーマート+ファーマライズ薬局末広町店(東京都千代田区)において、コンビニ店舗に調剤薬局を2014年11月から併設し、500円で最大4項目の血液検査が受けられサービスを始めました。

 同店では、生活習慣病が気になる30~50代のサラリーマンや、定期的な健康診断を受ける機会の少ない主婦を中心に約60人がこれまでに利用しているのだそうです。このサービスは、2014年に施行された「産業競争力強化法」に基づく規制緩和によるもので、コンビニやスーパーなど身近な場所でプチ健康診断が受けることができるようになったのです。




心と体に優しいコンビニ 
(イメージ画像)



 店舗ごとに差別化を図るコンビニですが、その個性的な外観で、メディアが取り上げるほどの話題となっているコンビニ店があります。




 三重県伊勢市にある「ファミリーマート伊勢神宮内宮前店」は、伊勢神宮にほど近いこともあって、昔ながらの風情のある景観に溶け込む“町家風建築”になっています。店の看板も控えめな木製になっていて、あまりの溶け込み様にそれと気づかずに通り過ぎてしまいそうな佇まいです。

 また、京都市にある「ローソン八坂神社前店」も京都の景観条例に配慮した外観で、木製格子を窓面に設置し、おなじみのブルーの看板ではなくモノトーンを意識したものを掲げ、祇園の町並みに溶け込む風情に仕上げています。




 日本で唯一、ドラえもんが店内や看板を賑わしているコンビニ店があります。神奈川県川崎市にある「ローソン宿河原駅前店」は、藤子・F・不二雄ミュージアムの近くということで、ドラえもんやパーマン、怪物くんなどの藤子キャラクターが看板・壁面・天井に描かれ、子供だけでなく大人の藤子ファンも多く訪れ、通常のコンビニ商品に加え、藤子キャラのお菓子やグッズも豊富に揃えられています。




 便利なサービスを提供するコンビニが、カフェや一杯飲み屋さんの役割を持ったり、医療やアートの一端も担うまでになっています。特に店舗の外観は、都市や地方を問わない“ご当地ならでは”というのが楽しいところではないでしょうか。


 
Comment:0
2015
07.22

KITTEに来てちょーだゃあ 「KITTE名古屋」来年開業

Category: ニュース

 流通ニュース2015年5月14日の記事『日本郵便/商業施設「KITTE名古屋」、2016年6月に開業』によると、JPタワー名古屋に「KITTE」が誕生するとのことです。JPタワー名古屋は2015年11月に竣工し、12月から随時テナントが入居、「KITTE」は2016年6月に開業し、全面開業は2017年4月の予定です。




KITTEに来てちょーだゃあ 「KITTE名古屋」来年開業 
(イメージ画像)




 中部圏最大級の複合ビルとなるJPタワー名古屋は、低層階に商業施設、その上にカンファレンス用のホール、高層階(5階から39階)にはオフィスフロアを配した構造とのこと。名古屋駅直結で徒歩1分という好立地、さらにバスターミナル乗降口とも繋がるということで、アクセスに恵まれた環境。集客が見込まれます。




 地下1階から3階の「KITTE名古屋」には、約40店舗のショップ&レストランが入る予定。詳細はまだわかりませんが、出店のコンセプトが『「名古屋を」伝える、「名古屋に」伝える』とのこと。オープン型飲食店や大型飲食店、お土産等の物販やサービスの店舗などが予定されているようです。




 名古屋にこだわるというと、味噌カツ、手羽先、ひつまぶし、モーニング等個性的なグルメのイメージが強いですが、どうなるのでしょうか。徳川家康や武将たちもおもてなしに参戦してくるかもしれません。




 JPタワーにKITTEといえば、2013年3月に開業した東京丸の内のKITTEと同様のケースとなります。こちらも東京駅の目の前で駅直結のロケーション。さすが郵便局跡地です。ちなみにこちらは全国のご当地グルメを取りおそろえていたり、お土産や記念にぴったりな雑貨が充実しています。




 特に興味深いのが東大の研究所とのコラボによる「インターメディアテク」というミュージアム。なんと無料です。動物のはく製や標本、発掘物や鉱物等々、子供心に戻れるようでもあり、アカデミックな雰囲気に浸れるようでもあり。「KITTE名古屋」も名古屋らしいちょっとこってりなくらいのユニークな施設を期待したいですね。




 現在、名古屋駅周辺の再開発が進んでいます。高層ビルだけでも3件が進行中とのこと。やはり、リニア中央新幹線の開業が具体的になってきたことも影響しているのでしょう。多くの路線が乗り入れ、乗り換えがわかりづらいことも、再開発によって解消されるといいですね。




 東京駅周辺も商業施設は数多いですが、共存している印象があります。名古屋もエリア一丸となって発展し、リニアが開通する頃には今とはまったく違った街になっていることでしょう。


 
Comment:0
2015
07.21

収納から処分まで いたれりつくせりな新サービスが誕生

Category: ニュース

 住宅新報web2015年5月14日の記事「レンタル収納で新サービス 不用品処分を代行 エリアリンク」によると、レンタル収納事業「ハローストレージ」を展開するエリアリンクが、新しいサービスを開始するとのことです。その名も「らくらく処分サービス」。「ハローストレージ」の付随サービスとして5月18日にスタートします。




収納から処分まで いたれりつくせりな新サービスが誕生 
(イメージ画像)




 「らくらく処分サービス」とは、
・引っ越しの際にレンタル収納を利用する人が多く、同時に不用品の処分も発生していた
・行政サービスによる処分だと、手続きや運搬などが面倒
等の理由から、運び出し→処分まで一連の作業をセットでサービスするものです。




 冷蔵庫や洗濯機が約2,500円と、もろもろの手間を考えればお手頃な価格設定になっています。まずは1都4県(東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城)からサービスを開始し、月間20件の利用を見込みます。




 レンタル収納スペースは、有効な土地活用法としてじわじわと広がってきているように感じます。遊休不動産を甦らせながら、オーナー/ユーザーどちらのニーズも満たす施設となっているのでしょう。




 経営するオーナー側から見れば、住居や店舗に比べると月々の収入はそれほど高くはありませんが、設備投資が抑えられ、トラブルも少ないとのことなので始めやすいのかもしれません。ユーザー側から考えても、自宅の収納スペースが限られていたり、季節限定で使うもの、何かとかさばる趣味のもの、根本的にモノが捨てられない性格等々、使ってみる理由はあると思います。




 今回のサービスを始めるきっかけが引っ越しの際に発生する不用品とのことですが、確かに引っ越しの荷造りをするときに「何故こんなものをずっとしまい込んでいたんだ!?」といったモノがでてくることがありませんか? そこが自分の持ち物を見直す良いチャンス。捨ててもいいものはスパッと処分し、判断に迷うものはレンタル収納へ。「そのうち考えよう」の猶予期間を与えてくれます。




 ところで「ストレージ」というと、PCやスマホ経由で利用するオンラインストレージサービスも盛んですね。いずれにせよ「モノやデータを他の安全な場所にキープしておきたい」という心情をすくい取ったサービスだと思います。




 土地活用から一歩進んで、かゆいところに手が届く「らくらく処分サービス」、合わせ技一本!といったところでしょうか。


 
Comment:0
2015
07.17

リゾートホテルは癒しだけじゃない!

Category: ニュース

 楽天が運営するポータルサイトInfoseekNEWSの2015年5月25日に掲載の記事「おいおい大丈夫なのこれ?レゴのリゾートホテルがオープンする!」によると、おもちゃのレゴのテーマパーク「レゴランド」に、レゴで造られた「レゴホテル」が同年5月15日、アメリカのフロリダにオープンしました。

 倒壊の恐れはないのかと心配してしまうこのレゴホテルは、外観はレゴをイメージして造られていますが、構造的には建築基準に則った建物になっているのだそうです。

 施設内には、いろんなテーマの個室があり、リカちゃんハウスがそのまま出てきたような部屋や宝探しができる部屋、さらに大きなレゴの浮き輪のあるプールやエレベーター内で退屈しないようダンスミュージックが流れるなど、エンターテインメント性満点の施設になっています。

 ちなみに、このレゴランド&レゴホテルですが、2017年には名古屋にもオープンする予定になっているそうです。




リゾートホテルは癒しだけじゃない! 
(イメージ画像)




 ここ数年、既成概念を覆すようなアイディアを形にしたリゾートホテルが話題になっています。長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」内に、「変なホテル」という名前のスマートホテルが2015年7月にオープンします。

 面白いのは、このホテルの従業員がなんとロボットなのです。受付や荷物の運搬、清掃まですべてロボットに任せ、それによって人件費などのコストを大幅に削減することで、ハウステンボス内の既存のホテルの半額の料金を実現させるのだそうです。果たして、その出来栄えが見物です。




 最後に、ドイツのとあるホテルをご紹介します。そのホテルはもともと刑務所だった建物で、2人の弁護士が買い上げて56の独房を客室に、牢獄をバースペースにリノベーションし、「アルカトラズホテル」という名前でオープンしました。

 施設内はあえて刑務所テイストそのままに、客室には剥き出しの洗面台とトイレ、囚人が製作した囚人用ベッド、フロントは鉄格子張り、ルームサービスは客室ドアの小窓からという徹底ぶり。当初、奇をてらっただけのように思われていたこのホテルですが、実際はなかなかの評判で、世界各国から宿泊客が絶えないのだそうです。




 旅の楽しみのひとつに、そこでしか味わえない体験があります。私達の近くでも、お土産になるような話を持ち帰れる旅が、きっとあると思います。


 
Comment:0
back-to-top