FC2ブログ
2015
03.31

おもてなし医療

Category: ニュース
 
 日本経済新聞web版2014年9月5日の記事『外国人、安心受診で「おもてなし」 病院、東京五輪に向け』によると、都内の病院で2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、外国人患者を受け入れるための準備を急ピッチで進めています。

 出場選手を始め外国人が安心して受診できる「おもてなし医療」を目指し、その名も「オリンピック病院」が中心となって、外国語の習得や国別の対応マニュアルを整備しているとのことです。



オリンピック 
(イメージ画像)



 選手村に近い某民間病院では五輪開催前に建て替えを行う際、院内の言語表示を日英中韓の4カ国語に増やす予定だそうです。他にも、2013年から外国人患者に応対する「国際係」を設置して、英語、中国語、ロシア語、タガログ語に対応している病院もあるそうで、「五輪を機に質の高い日本の医療を海外にアピールしたい」と院長が話していました。




 言語に重点を置いた「おもてなし医療」の充実とともに、医療慣習の違いや外国人同士のトラブル回避に備えるため、特に五輪会場や選手村近辺の病院では、外国人向け特別病棟の建設を検討しているところもあります。

 とある病院の院長は、「オリンピックが終わった後でも、介護病棟やスポーツ施設などに転換可能な建物を考えています。」と話していました。昨今の五輪開催誘致において、施設の転用は今や重要なテーマとなっており、転用をスムーズに行えたロンドン五輪は今後の開催誘致のモデルケースとも言われています。




 施設の転用において最も注目を集めるのが選手村と選手の宿舎です。選手村の建設予定地は中央区晴海4、5丁目にある約44ヘクタールの広大な都有地で、選手の宿舎として建造される5000戸は五輪後に分譲・賃貸住宅として供給され、将来人口は約1万2000人になると想定されています。

 また、オリンピック全37競技のうち、17が臨海部に配置される江東区は、すでに人口急増が始まっているそうで、単身者よりも圧倒的にファミリー層が多く、地元住民の方が「日本でもこの地域だけ、少子高齢化など関係ないのでは」と話していました。




 果たして、オリンピック後の東京は、スムーズにシフトチェンジできるでしょうか。




Comment:0
2015
03.30

住んでみたい家

Category: ニュース
 
 国内外のアーティストや展覧会情報を配信するアート系ポータルメディア「ARTIST DATABASE」2014年1月9日の記事「これは凄い。ビルの隙間に存在する世界一細長い家。」では、ポーランドの建築家Jakub Szczesny氏が設計した家が紹介されています。

 ワルシャワの中心部にあるふたつの建物の間わずか1m強のすき間に建てられたその家は、最も広い部分でも122㎝で、最も狭い部分では69㎝という細さです。しかもこの家、正面から見ると細い壁に見えるだけなのですが、横の面は三角形で、斜めの部分がすりガラスの窓になっています。

 所有者はイスラエル人の小説家ですが、この建物を建てた理由を「第二次世界大戦中にナチス占領下でも破壊されなかった建物と、戦後に建てられた建物との間に建てることで過去と現代をつなぎ、戦争の悲劇を忘れないため」というメッセージを込めたとのことです。

 本人は不在にすることが多く、そんな時には芸術家や知識人が、数日から数週間に渡って滞在できるようにしているそうです。



ポーランド 
(イメージ画像)



 ポーランドにはもうひとつ、世界的に有名な家があります。北ポーランド・ポモージェ地方にある教育広報センターの屋外博物館の敷地内に「上下逆さまの家」が建っています。

 上下が完全に反対になっているこの家は、建物の外見だけでなく、室内の家具などもすべて逆さまになっているため、建物の中に入った人はみんな平衡感覚が狂ってしまうらしく、不思議な感覚を体感できるスポットとして話題を集めています。




 アメリカアイダホ州のホテル「Dog Bark Park Inn」は、その外観が巨大な犬の形をしており、しかも建物自体に“スウィート・ウィリー”という名前までついているのです。建物の中には犬の彫刻が並んでいて、販売もされています。海外からの宿泊客もあり、世界一大きなビーグル犬として親しまれています。




 日本の建物もひとつ紹介しておきましょう。大阪ミナミにある道頓堀ホテルの4本の石柱が、なんと巨大な顔になっているのです。4体は西洋人、アラブ人、アフリカ人、東洋人という世界4大民族を表しており、みんな足があってお尻もそれぞれ違う形になっています。

 海外の観光客に写真撮影スポットとして人気になっているそうで、ガイドブックにもあまり載っていない隠れた名所になっているとのことです。





Comment:0
2015
03.27

自分の居場所がここにある

Category: ニュース
 
 産経ニュース2014年9月27日の記事『子供に遊び場提供「みんなが集まる場所に」東京 産経新聞』によると、東京メトロ丸ノ内線方南町駅(杉並区)の近くに子供の遊び場「おろすんジャーの家(仮称)」を作る計画が進められているとのことです。

 「ベビーカーおろすんジャー」は同駅の階段でベビーカーや荷物を運ぶ活動をしているコスプレ版正義の味方で、ママ達の「小さな子供が遊ぶ場所がない」「家中に落書きされて困る」という悩みを聞き、子供達が心おきなく遊べる場所を作る計画を立ち上げました。

 「落書き自由」の室内は、壁一面を黒板にするそうで、おさがりの子供服やおもちゃなどを集めていく活動も考えているそうです。



ネイティブアメリカン テント 
(イメージ画像)



 家の外にも中にも子供が遊べる空間は少なくなってきていますが、海外、特にアメリカでTeepee(ティーピーまたはティピ)というネイティブアメリカンが使用していたテントを子どもサイズにした商品が人気になっています。

 柱と布を使ったとんがり型のテントの中で、絵本を読んだり、お昼寝をしたり、ちょっとした子供の隠れ家のようです。材料が揃えばDIYで組み立てることも可能で、アメリカでは誕生日やクリスマスのプレゼントにも選ばれているとのことです。




 大人にも隠れ家が欲しいと思う方もいるでしょう。「レインボー倉庫」は、趣味を楽しむ、自分だけの時間を過ごす、作業場として使う、など「大人の秘密基地」の如く好みの用途で使えるレンタルガレージです。

 くつろぎの空間としてはもちろん、アトリエや作品の展示ブースとして利用する方がいたり、また借りている人同士がコミュニケーションを取ることが頻繁にあったりするなど、「個」と「輪」が同居する場所で、関東圏に2ヵ所を構えます。

 池尻大橋(東京都目黒区)には大小16の部屋が、横浜市磯子区にはなんと30もの部屋があり、両方とも満室で空室待ちが出るほどの人気振りだそうです。




 「勉強に集中したくても雑音が気になる」「趣味に没頭できる自分だけの空間が欲しい」そんな願いをかなえる「自分専用の秘密基地」が開発されました。その名も「KAKUREYA」で、家具専門店のフレスコ(静岡県藤枝市)が自社サイトで販売を開始しています。

 デスクとチェアを一体化した可動式の個室は、チェアに座って中に入れば外界から遮断されたスペースとなり、趣味や仕事、勉強に没頭できるとのことで、2014年6月に開催された見本市では、家事や育児の間にひと休みしたいお母さんや自分の部屋がない子ども達にも評判だったそうです。




 子供の頃、「秘密基地」や「おうちごっこ」で遊んだ方もいるでしょう。そういう場所は大人になってもわくわくするものです。




Comment:0
2015
03.26

カフェに行こう

Category: ニュース

 産経ニュースweb版2014年9月25日の記事「セブンイレブン、カウンターコーヒーを刷新 2014年10月下旬から、ローソンなどとの競争激化へ」によると、コンビニエンスストアのセブンイレブンは、大好評で話題のカウンターコーヒーを、2014年10月下旬からリニューアルすると発表しました。

 気になるその味は、豆の渋皮を取り除き、雑味のないすっきりとした味わいになるということです。すでに好調な売れ行きにも関わらずリニューアルするのは、他社がコーヒーの品質向上を図っていることに加え、「いずれお客様の舌は飽きを感じるでしょう。その飽きが来ないうちに、よりおいしさを追求していきたい」と担当者は話していました。より一層の顧客囲い込みを図るべく、リニューアル後も価格は据え置くとのことです。

 またローソンは従来からラインナップを増やして100円タイプも販売し、紅茶などのメニューも強化していくとのことです。ファミリーマートも「ショコラ・ラテ」を追加し女性客をターゲットにしたラインナップを増やすなど、セブン独創を阻むべく各社独自のサービスを提供していきます。



カフェテラス 
(イメージ画像)



 コンビニ以外でも、注目のカフェが各地に登場しています。「サードウェーブ」と称されるカフェスタイルが流行の兆しです。豆、挽き方、淹れ方にこだわり、少々値は高いが味が絶品という本物志向のコーヒーを、おもに個人経営の店や小規模チェーン店で提供しています。

 そんな「サードウェーブ」の中心的スポットと言われているのが東京都江東区清澄白河エリアで、この3年間に10数店のサードウェーブカフェがオープンし、曜日時間を問わずコーヒー好きで賑わっているのだそうです。

 その清澄白河に「コーヒー界のApple」とも呼ばれているアメリカで大人気の「ブルーボトルコーヒー」が2014年10月に日本第1号店をオープンします。銀座でも表参道でもなく清澄白河を選んだ理由を、創業者のジェームス・フリーマン氏は「雰囲気、景色、空気、文化的な街並みからこの地を選んだ。焙煎工場とカフェが並列できる面積も必要だった。」と清澄白河が1号店にふさわしい場所であることを語っていました。




 客席の一部をハンモックやブランコにしてしまった「カフェ ハンモック トライブ」(東京都世田谷区)は、子供連れにも人気のカフェです。20坪の店舗にはハンモック6席、カウンター7席、3人掛けブランコ1つ、座敷20席が有効にそしてゆったりと配置されています。ヨガ教室やリース作り、キャンドル作りなどのイベントを開催し、常連客のハートをしっかりつかんでいるそうです。




 「カフェ地球村」(宮城県亘理郡)は、各自治体や企業など全国から来店客が訪れるカフェで、2014年6月に国際福祉協会から「カフェ地球村号」の称号を授与されたお店です。障がい者の皆さんが地元の名産品を使用して作った「手づくりいちごジャム」と、ハーブやゴマ風味が美味の「手づくりクッキー」が人気で、ネットでも販売しているそうです。




 おいしさ、遊びごころ、ロケーション。コーヒーのキーワードはたくさんあるものです。


 
Comment:0
2015
03.25

欲しかったサービス

Category: ニュース
 
 日本経済新聞電子版2014年8月22日の記事「イオン、商業施設に保育所 46都道府県で子育て支援」によると、イオングループは全国の大型商業施設店舗内に保育所を設置することを発表しました。

 2018年までに46都道府県内で最低でも各1ヶ所以上の認可保育所の開設を目指しているとのことで、店内で働く従業員が仕事と子育てを両立できよう支援し、併せて地域の待機児童対策の一端を担い、消費者の領域にまで踏み込んだ子育て支援の環境づくりを進めていくとのことです。



保育 
(イメージ画像)



 子育てのコンセプトを積極的に家の間取りに取り込もうとする動きも出てきています。細田工務店(東京都杉並区)は、おもに東北地方で、子育てをテーマにした商品「KID'S・Na」(=きずな)を2007年頃から販売し話題となっています。

 その間取りは、キッチンの正面にライティングデスク付きのロフトを配置し、子供が勉強したり遊んだりする姿を見ながら家事ができるプランや、子供に片付ける習慣を身に付けさせようと、LDKの一角におもちゃ専用のクローゼットを設置したプラン、対面式アイランドキッチンのすぐそばに造り付けの勉強机を設置したプランなど、子育てに特化した商品を提供しています。




 子連れで外出するときの不便さを解消し、売り上げアップにつなげようとする動きも出ています。飲食店やグルメなどの情報サイト「ぐるなび」は、子連れ客への対応が充実しているお店を積極的に情報開示しています。

 東京都新宿区の料理店「ベビータイ」は、夜間は普通のタイ料理のお店なのですが、昼間は子連れ客限定で営業しています。この店では子連れ限定ランチタイムの情報をぐるなびに掲載してから、ママ会などの子連れ客の予約が倍増したそうです。

 ソングブックカフェ(神奈川県鎌倉市)の店内は、壁面に子どもでも手の届く低い棚を設置し、そこにたくさんの絵本が並んでいて、真ん中にある大きな机でママがコーヒーを、子供が絵本を楽しめるようになっています。展示している絵本は販売もしており、子どもへのプレゼントになると喜ばれています。




 子育てビジネスを考えるとき、「ママ目線」が必要不可欠となります。パート女性や子育て主婦の意見を取り込むことで、「欲しかったサービス」が見つかるのかも知れません。





Comment:0
2015
03.24

家を守るリノベーション

Category: ニュース

 日本経済新聞2014年8月27日の記事「「外観がみすぼらしい」を狙え お得な中古住宅」によると、ここ数年来、中古住宅を購入し自分のライフスタイルに合わせてリノベーションする個人の買主が増えているとのことです。

 また不動産業者などが中古戸建やマンションを仕入れ、リノベーション後に再販するといった市場は拡大しており、その流れを個人の買主レベルでも実践しているユーザーが増えているようです。このような「購入&リノベーション」に話題が集まる中、現在居住中の家に「安心して住み続けるためのリノベーション」の市場に新たな動きが出てきています。



廃屋リフォーム 
(イメージ画像)



 東日本大震災以降、大地震に備えリフォームで耐震性能を高めようという動きが広がっています。最も一般的な施工事例として、耐震性能に問題があると診断された住宅に、新たに筋交いを設置し、構造用合板や専用金具などで補強する工事があり、約40万円ほどで可能とのことです。

 また、建物内部の工事が困難な住宅向けに、外壁に金属製の筋交いを設置する方法が開発され、費用は平均250万円位で、これなら普段の生活のまま工事ができるメリットもあります。




 一方、大都市圏の木造建築物が密集する市街地では、火災が起きると周囲の建物に延焼する恐れがあることから、防火対策のリフォーム工事が行われる事例が増えているとのことです。

 主な施工事例として、築30年以上経過した住宅では、外壁などに耐火処理を施していないものが多いため、防火サイディングや不燃材を使用した屋根などに交換するといった工事が多く、このような工事に対し行政側が補助金を出している自治体もあります。

 さらに2013年以降、東京を中心に「耐震」「防火」「リノベーション」を1パッケージで工事する事例が出てきており、2014年に入ってから増加傾向が続いているとのことです。




 さて、日本の耐震基準には、震災被害によって変遷してきた歴史があります。1978年に発生した宮城県沖地震における建築物の損壊状況を受け、3年後の1981年に「新耐震基準」が導入され、それまでよりも格段に耐震性能が向上しました。

 しかし、1995年に発生した阪神・淡路大震災の被害によって「ザル法」と称された建築基準法の抜け穴が露呈することなり、5年後の2000年に「改正建築基準法」が制定されました。

 この改正から10年以上が経過し、東海・東南海・南海地震の研究が進む中、2000年より前と後では耐震性能に開きがあるのではとの報告が寄せられ、国が主導となり耐震化率を向上させるべく工事を推奨しているとのことです。




 「天災は忘れた頃にやって来る」私たちにできることは今のところ「備え」なのでしょう。


 
Comment:0
2015
03.23

信頼できる「ジャパニーズ」

Category: ニュース
 
 Web経済メディアJBpress2014年9月22日の記事「日中関係はこんな状況なのに、なぜ日本に来る中国人旅行者が増えているのか?尖閣国有化でも個人ビザ旅行者は減っていなかった」によると、2014年1月から8月にかけて日本を訪れた中国人旅行者は前年同期比84%増の154万2400人に達し、過去最高だった2012年1年間の数字(142万5100人)を年の途中で上回ったとのことです。中国では、最近相次ぐLCCの日本への路線の就航や円安などの後押しもあり、空前の日本旅行ブームとなっています。



秋葉原 
(イメージ画像)



 一昨年頃から、「海外旅行の情報交換イベント」が上海市内の各地のカフェで開催されています。出席者の人気が最も高いのが日本旅行だそうで、従来の数十人規模の団体旅行ではなく、個人レベルの旅行に人気が集中しているということなのです。

 行き先は東京や大阪などの大都市圏よりもむしろ地方に関心が寄せられていて、ローカル鉄道を乗り継いだり、2週間掛けて四国・九州を巡るなど、団体では足を伸ばせない地方旅行の深みを楽しむ「深度遊」という旅のスタイルが特に人気だそうです。

 旅行先に日本を選ぶ理由として、「安全で快適である」とか「見る価値のある場所が多い」などの意見が多く、なかには「日本に旅行した人達の話の輪に入れないから」という人もいるとのことです。




 また観光以外の目的で海外から来日するケースも増えています。東京の中古ブランド店「大黒屋」の免税品専門売り場では、客の3割が外国人だそうで、一般客だけでなくブランド専門のバイヤーも来るらしく、年に3~4回来店し、200~300万円する中古のブランドもののバッグを数点購入していくそうです。

 彼らは「日本で売っているものは質が高く信頼できる」と話します。「大黒屋」の鑑定作業は3回行うことから、海外から何度も購入に来るほど高い信頼を寄せていることが伺えます。




 日本の中古商品に対する外国人の信頼は不動産の分野にも及んでいます。台湾系不動産会社信義房屋(東京渋谷区)は3年前から台湾などの客が急増し、1ヶ月に100組ほどの客が来場し、その3分の1が購入していくのだそうです。

 最近では新築物件が品薄のため、中古物件の販売に力を入れているとのことで、2013年は全体の2割程度だった中古の売れ行きが、2014年は5割にまで延ばしているとのことです。「日本の中古物件は、維持管理が行き届いており、台湾人の評価は高い」と担当者は話します。




 サービス、技術、目利き。またひとつ外国人に日本の良さを知ってもらえたでしょう。







Comment:0
2015
03.20

駅ナカ進化論

Category: ニュース

 日本経済新聞2014年8月22日の記事「JR東、駅ナカコンビニにセルフレジ 品ぞろえも2割増」によると、JR東日本が運営するコンビニエンスストアNEWDAYSは、朝夕の混雑を解消するため、東京都心の全店を含む150店で「セルフレジ」を導入するとのことです。大手コンビニチェーンが「駅ナカ」に出店攻勢を掛ける中、既存店も新しいアイディアで迎え撃つ格好となっています。



上野駅構内 
(イメージ画像)



 コンビニの攻勢は西日本にも勢力を拡大しつつあります。JR西日本では管内の1222駅にある系列の売店「キヨスク」やコンビニ「ハート・イン」の看板を「セブンイレブン」に掛け替え始めており、500ほどの店舗を、今後5年間かけて転換する予定とのことです。

さらにJR四国も、約40ある駅ナカコンビニと売店を今後3年間で転換するとのことです。またローソンやファミリーマートも全国の駅ナカに続々と出店を開始しています。




 店舗の立地として「駅ナカ」は一等地の場所であり、他の業種でも駅ナカならではの店舗を展開しています。「ユニクロ」はトランクス、靴下、Tシャツを1枚ずつセットした「1DAYパック」(1,000円)という駅ナカ限定商品を発売し好評を得ています。1~2泊の出張であれば、ユニクロお得意の「靴下3足990円」「トランクス2枚990円」といったセット品は不要なため、このようなパック商品を考案したそうです。

 東京駅1階八重洲南口に「エキ・スコス」という文具店があります。ここは海外からの輸入文具を扱っており、日常慣れ親しんで使っているものとは一味違う、ハイセンスな文房具がウリの話題店となっています。

 渋谷駅にはちょっと面白い店お店があります。都内ではご存知の方も多い「どん兵衛渋谷駅ナカ店」なるこのお店は、カップうどんのどん兵衛を食べるところなのです。全国の「ご当地どん兵衛」が食べられるので、地方の方は話題のタネに是非行ってみてはいかがでしょう。




 海外の駅ナカをひとつ紹介します。インドに一風変わった駅ナカ商売があります。なんと「駅ナカ体重計」です。インドでは駅のホームにこの「体重計」をしばしば見かけるそうなのですが、料金は3ルピー(約5円)と手頃にもかかわらずほとんど使う人を見かけないそうです。




 「駅ナカ」の進化は駅の進化とも言えます。駅の魅力が「玄関口」としてだけでなく、「目的地」というのもありでしょう。


 
Comment:0
2015
03.19

日本に外国人が列を成してやって来る

Category: ニュース
 
 Web経済メディアJBpress2014年6月16日の記事「復活した日本の不動産市場に外国人が熱視線」によると、海外の投資家から日本の不動産市場に熱い関心が寄せられています。デフレ脱却を政治公約とした安倍政権が発足してから2年以上が経過し、海外の投資熱が日本国内の実物不動産にも波及しています。

 世界第2位の規模を誇ってきた日本の商業不動産市場は、リーマンショック以降、世界の不動産投資家から見放され、一握りのファンドが銀行に差し押さえられた物件を物色する程度の取引きでしたが、日銀が大胆な金融緩和政策に着手してから、急激な不動産価格上昇の追い風を受けています。



外国人ショッピング 
(イメージ画像)



 海外の日本買いは投資以外の市場にも向けられています。2014年10月から改正免税制度がスタートし、過去に例を見ない海外からの観光客が押し寄せています。特に中国は、春節、国慶節などの大型連休期間中、相当な数の観光客が来日しました。業界としては一般観光客向けの小売店に集中するであろうとのことです。




 この制度は現行「家電」「衣料品」「バッグ」などに限定していた対象を、ほぼすべての商品を免税対象にするものです。さらに現行1万円以上の買物が対象となっていましたが、これを5000円以上に引き下げ、より気軽に買物ができるようになると思われます。




 改正免税制度を受け、イオングループは免税カウンターを50店舗に設置していますが、これを全店舗に設置することになりました。また中国の人民元、タイのバーツ他7カ国の通過両替用ATMも段階的に設置しているとのことです。




 海外から多くの観光客が予想されるなか、今世界中で話題になっている日本の観光スポットが宇都宮にあります。居酒屋「かやぶき」は、お面とかつらを被った小人がウェイターとなりお客さんにおしぼりやビールを持ってきたりするのです。

 この小人、実はニホンザルで、外国人観光客がたまたま入った居酒屋でサルが給仕する姿に衝撃を受け、動画サイトに投稿したところ、世界中の話題になったとのことです。




 日本の魅力は、外国人目線で見てみると気付くのかも知れません






Comment:0
2015
03.18

役割を果たしたモノ達のカムバック

Category: ニュース
 
 マイナビニュース2014年9月18日版の記事『「オフィスワーカーに安心感を」 - 築40年の新宿三井ビルディングが地震の揺れ幅を6割軽減』によると、2014年9月16日、三井不動産は東京都・西新宿で「新宿三井ビルディング 40周年記念展示及び超大型制振装置見学会」を実施し、「高層ビル用超大型制振装置TMD」を報道陣に発表しました。

 新宿三井ビルディングは新宿副都心高層ビル群の先駆け的な存在で、同ビルを運営する三井不動産は、東日本大震災の教訓から今後南関東エリアで発生が予想される地震に備え、築40年の当ビルを、最新鋭の防災機能を装備した新築ビルと同レベルにすべく、現在改修工事を進めているとのことです。





 TMDとは、振り子のように揺れることで地震の揺れを吸収・軽減する装置で、オイルダンパーを用いるため電気を全く使用せず、地震で停電が起きても耐震装置は作動し続けるというメリットがあります。仮に東日本大震災規模の地震が発生した場合、TMDの設置によって揺れ幅を60%抑制することが可能となるそうです。築年数の古いビルが、最新の技術によってその役割を継続できることになる訳です。




カセットテープ 
(イメージ画像)





 古い技術をカムバックさせようという動きは、他の各分野で行われています。1996年に契約者数約1,078万人の一大ブームを起こしたポケベルですが、現在は一部の医療機関で使われる以外、ほとんど見られなくなりました。

 しかし、このポケベルの「非常に強い電波」を発信できる特性を生かし、防災情報端末に転用する技術が進められ商品化されました。現在、全国100以上の自治体から問い合わせがあり、関心度の高さを示しています。これも東日本大震災で通信網が遮断された教訓からの知恵と言えるでしょう。




 さらに「VHS」や「カセット」などで使用されていた磁気テープも現在見直されています。日本が開発した国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」。その調査から得られた膨大なデータが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)において、磁気テープに保存されているのだそうです。

 従来のテープ素材に「バリウムフェライト」という物質を混合させることにより、テープ1本にDVD3万枚分のデータが保存でき、約30年の長期間保存が可能となったそうです。




 技術革新が目まぐるしい現在、「温故知新」がひと味違ったアイディアをもたらすのかも知れません








Comment:0
back-to-top