FC2ブログ
2015
01.28

ホテルの客室単価上昇

Category: ニュース

日本経済新聞2014年8月23日の記事に、「ホテルの客室単価、5~10%上昇 訪日客増え稼働率高く」という記事がありました。



ホテル客室 
(イメージ画像)



 しばらく前は、一流ホテルでも休日のキャンペーンで驚くような安値で宿泊プランを組んだり、一休.comなどの予約サイトを使い稼働率上昇を図っていました。宿泊だけでは稼働率が上がらず、デイプランを設定し昼間の休憩需要を取り込もうとしていたシティホテルもあったほどです。しかし、そのような小手先の稼働率向上策に頼らなくても、都心部のホテル稼働率は現在8割超で推移しています。そのため、一時期のようなキャンペーンは減っています。



 2014年5月に本館を建て替える計画を発表したホテルオークラ東京では、この影響で客室単価が10%程度向上したようです。そのようなチャンスがあるにもかかわらず、建て替えをすることで東京五輪の特需に備えるとともに、五輪後の日本経済や観光需要の拡大による訪日客を取り込もうとしているのです。現在の客室単価向上が一過性のものと判断しているのであれば、大規模な建て替え計画を検討することもないのですが、将来の見通しも明るいと考えているからこその決断であることは間違いありません。



 現在の東京は、ペニランシュラ・コンラッド・リッツ・フォーシーズンと一流外資系ホテルが続々と参入しています。しかし、このような超高級ホテルばかりではなく、普通の観光客が宿泊できるようなホテルは、東京五輪などの観光需要や外国人ビジネスマンの利用を見込んで増加が見込まれます。



 ホテル経営は、ビジネス需要だけでも不足であり、観光需要も必要です。日本の景気が仮に冷え込んでも、観光需要があれば外国人観光客で需要は確保されます。ホテル利用客はビジネス客ばかりではないのです。その点日本の観光立国にかける意気込みや東京五輪は頼りがいがあると言えるでしょう。



 ホテルの需要拡大は、商業不動産取引にとって大きな位置を占めます。一般的なオフィスビルに比べて敷地が多く必要になるため、取引金額が大きくなるためです。今後の商業不動産取引拡大が楽しみです。



Comment:0
2015
01.21

最新、世界のお墓事

Category: ニュース
 アメリカのブルームバーグ社2014年8月5日の記事「あの世も不動産バブル、お墓が「死ぬほど高い」NYやロンドン」によると、ニューヨークやロンドンなど欧米の主要都市では人口増加によって墓地の供給が不足しており、あの世の地価が上昇傾向となっています。

 「結局のところ、お墓もある種の不動産。値段はたいていの人の予算圏外まで上がっている。」と、ニューヨーク州の葬儀士免許を持つ葬儀ディレクターは話していました。ニューヨーク市のブルックリンでは、お墓の価格と生きて暮らす人のための住宅の価格が仲良く過去最高値を記録してしまいました。

 お墓の値段上昇によって、土葬習慣が一般的であった米国で、火葬に鞍替えする人達が増加の傾向を見せています。全米葬儀ディレクター協会が集計した火葬を選択する人のデータを見ると、1960年には米国民の4%足らずでしたが、12年には43%にまで上昇しました。

 ロンドンはそれを超える70%もの人達が火葬を選択していることがわかり、2007年には75年以上経過したお墓は掘り返して再利用することが許可される法律が成立してしまったほどです。

 ノルウェーでは深刻なお墓の用地不足から、たったの20年でお墓に次の利用者を受け入れなければならない状態です。加えて土葬式のため、遺体が少しでも早く土に返るようにと、棺の上に石灰など酸化を促す薬剤の散布業者までいるのだそうです。



墓地 
(イメージ画像)



 日本国内では新しいお墓の姿が話題になっています。

 樹木の下に遺骨を共同で埋葬する「樹林墓地」が近年人気となっていますが、東京都の小平霊園のケースは、2014年に前年と同数の1600の募集を行い、前年の9.9倍を上回る10.6倍の応募があるほどの人気ぶりでした。

 また、ガラス製の球型置物の中に粉骨を保存しておけるものや、金属製のペンダントの中にお骨を固めたものを収めたアクセサリータイプのものなど「動産型お墓」の注文が増えているとのことです。

 あの世も、この世同様バブル崩壊はあるのでしょうか。



Comment:0
2015
01.14

書店とカフェ併設

Category: ニュース
 神奈川新聞web版カナロコ2014年8月29日の記事「海老名市立中央図書館 来年10月再オープン 書店、カフェ併設1.5倍に拡大」によると、神奈川県海老名市は、大規模改修を予定している市立中央図書館の実施設計を公表しました。

 約1.5倍に増えた利用床面積を活用して開架書籍や座席を大幅に増やすほか、キッズライブラリー、書店、カフェなど新たな機能も盛り込まれ、来年10月にリニューアルオープンする予定となりました。

 このプロジェクトは、レンタルソフト店「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と図書館流通センター(TRC)の共同プロデュースで行われるとのことです。

 CCCは、2013年12月上旬に盛岡で大型書店とカフェを複合させた「カルフェ」という施設をオープンし、好評を得ています。CCCは同型の施設について、3年で100店舗を展開すると発表しました。CCCがカフェ事業に参入するということもあり、メディアやユーザーからの注目を浴びました。



カフェ 
(イメージ画像)



 また、佐賀県武雄市はCCCとの共同プロデュースにより2013年4月、TSUTAYAとスターバックスを併設させた武雄市図書館をリニューアルオープンし、世代を問わず人気スポットとして話題となっています。その開放的な空間と天然木の風合いによるモダンなデザインが評価され、グッドデザイン賞ベスト100にも選ばれました。

 CCCはTSUTAYA内にカフェを作ることができるライセンス契約をスターバックスと結んでおり「Book&Cafe」とネーミングされた書店内にスターバックスが設置された店舗は、人気が高く、多くの人で賑わっているようです。

 総合ファッションブランド「niko and...(ニコアンド)」は、未来屋書店と共同でブック&カフェスペース併設店を金沢フォーラスに2014年5月オープンしました。シーズンテーマに沿った書籍や雑誌と世界トップクラスの品評会(カップオブエクセレンス)で入賞したコーヒーやカフェラテなどが一緒に楽しめるスポットとして話題になっています。

 このようなカフェと図書館や書店が融合した商業不動産の形態は、新たな企業の参入も予想されるビジネスとして提供する側、利用する側の双方に注目されており、今後の展開が楽しみです。



Comment:0
2015
01.07

生まれ変わる代々木ゼミナール

Category: ニュース


 日本経済新聞2014年8月26日の記事「代ゼミがリストラ計画、希望退職募集や全国模試廃止」によると、大手予備校の「代々木ゼミナール」(代ゼミ)を運営する高宮学園は、来年3月末で全国27カ所ある校舎のうち7割に当たる20カ所を閉鎖すると発表しました。

 その代ゼミが、以前から旧校舎などを活用した不動産事業を手掛けていることが話題となっています。旧校舎や学生寮をホテルや会議室などの形態に改装したり、若者向けの商業施設にリニューアルした事例もあります。

 まず札幌校の旧校舎のケースは、貸会議室大手のティーケーピー(東京・新宿区)に貸し出され、同社が内部をコンバージョンして企業や個人ユーザー向けに、会議室やパーティ会場として利用できるようにしました。

 ホテルに生まれ変わった事例もあります。そのひとつが京都校の別館を改装した「カンラ京都」です。事務用品会社が「商業用不動産の有効活用」のコンサルティングや企画・設計、運営までをプロデュースし、築20年の校舎を、京町屋テイストにデザインを一新させました。

 京都駅近くの学生寮だった建物は、ホテルとアパートの一体型施設に改装し、ギャラリー・朝食レストラン・バーも併設した「ホテルアンテルーム京都」へと変貌を遂げました。


代ゼミロゴ 


 また商業施設に移行したケースでは、 2011年8月代ゼミ本部校跡地にオープンした「代々木VILLAGE」があります。これは音楽プロデューサーの小林武史氏の企画・運営による5~10年の期間限定の芸能人御用達プロジェクトで、若者の人気を得ています。

 進行中の計画では、現在建て替え中の名古屋本館の建物が、ビジネスホテル「名鉄イン」との共存型となる。低層には代ゼミの教室が入り、上層フロアの大部分を名鉄インの部屋が占める予定です。

 今後閉鎖を予定している校舎については、ディスカウントストアのドン・キホーテを始めとする時代の気鋭プレーヤーが接触を模索しています。

 但し、校舎を用途変更して行くには資金が必要になると思われます。より注目度の高いコンセプトとする為にも、その資金をテナント側が負担するのか。資金を捻出するため、一部売却の選択肢もあるのか。しばらくは代ゼミから目が離せません。


Comment:0
back-to-top