2017
08.14

不動産業界にもAIの波がやってくる!?

Category: ニュース
 
 財経新聞2017年6月25日の記事「AIによる飲食店舗向け賃貸物件の家賃決定システムが試験運用へ」にて、産学共同による新しい取り組みが紹介されています。いわゆる「居抜き」物件の適正な家賃を割り出すために、AI(人工知能)を活用するとのことです。



 
不動産業界にもAIの波がやってくる!?
(イメージ画像:フリー素材より)




 近ごろ何かと耳にすることが増えてきたAI。私たちの生活に何をもたらしてくれるのか、具体的なイメージが見えづらいのがもどかしいところでもあります。「AIが普及するとなくなる職業は●●」という文脈で語られたり、囲碁や将棋の世界では「プロがAIに敗れた!」といったことがニュースになったりしています。




 その点、今回の家賃決定システムは目に見えてわかりやすい事例ではないでしょうか。飲食関係の居抜き物件の賃貸価格は、営業マンの経験と勘に基づいていることが多く、共有や継承がなかなか難しいのだとか。ある程度相場が決まっている住居やオフィス物件とは異なることも、理由にあるようです。




 このシステムを共同開発したABC店舗と奈良先端科学技術大学院大学は、2011年から研究を進めていたとのこと。ベテラン営業マンの経験を数値化するアルゴリズムを開発し、試験運用のはこびとなりました。一見ニッチに見えますが、居抜き物件市場はかなり増えてきています。




 例えば、エスニック系の店舗が居抜きで開業したと思われるパターン。居酒屋風の掘りごたつ席で、和の器で本格的なカレーが出てきたり、小料理屋風のたたずまいにもかかわらず、店に入ると東南アジアの雰囲気の中タイ料理が楽しめる、というちょっとうれしいギャップ。他にもファミレスからより勢いのある専門系の外食店へ、という事例もありますね。




 新しいものを生み出すことも重要ですが、今あるものを有効活用していくという発想も忘れてはならないと思います。またAIが進化するほど、人間ならではのコミュニケーションや情の部分がよりポイントになってくるのではないでしょうか。今回紹介したシステムもベテラン営業マンの経験値を元に開発しているとのことですし、データの蓄積があって、はじめてAIが活きてくるといえるでしょう。




 AIによる客観的なデータの蓄積を使いこなすのは、やっぱり人間なのですから。うまく共存していくことが今後の課題であり希望だと感じるニュースです。




スポンサーサイト
Comment:0
2017
08.07

LINE村からサワディーカー

Category: ニュース
 
 日本経済新聞2017年6月19日の記事「LINE、タイに遊戯施設 VRアトラクション設置」にて、LINEがバンコクにオープンさせる「LINEビレッジ」が紹介されています。まずはキャラクターグッズを販売する店舗が6月23日にスタート。その後VRアトラクションなどが体験できる施設を順次増やしていき、年末には全面開業を目指しているとのことです。



LINE村からサワディーカー 
(イメージ画像:フリー素材より)



 グッズ販売やゲームとコラボしたイベントなど、コンテンツ別の店舗やイベントはこれまでもありましたが、常設のテーマパークは初の試み。しかもタイ・バンコク。その理由は、LINE人気の高さでしょう。タイの携帯電話利用者のうち、LINEを利用している人は90%を越えるとか。日本に次ぐ主要な市場となっています。(ちなみにLINE利用者の主要4カ国は日本・タイ・台湾・インドネシア)




 バンコク中心地の商業施設サイアムスクエア内にオープンするということで、立地は申し分ありません。若者が集まるトレンド発信地的なスポットですので、他の店舗との相乗効果も見込めるでしょう。またタイは、言わずとしれた人気の観光地。世界中から訪れる観光客にLINEとそのキャラクターたちの存在をアピールできれば、サービスの普及につながるかもしれません。




 今後整備されるVRアトラクションとはどのようなものになるのでしょう。詳細はまだ明らかになっていませんが、LINEの世界の住人気分が味わえるのでしょうか。自分が新しい丸っこいキャラクターになれたりしたら、結構楽しめるかもしれませんね。




 ところでタイの人はPOPでかわいいモノが好きなのでしょうか。日本人としてはスタンプは多用しますが、LINEのキャラクターが特に好きという感覚はあまりない気がします(若者やお子さまたちはキュンキュンしているのかもしれませんが…)。LINE初のテーマパークがバンコクから、というところが少し不思議に思った次第です。




 しかしLINEとしては当然それなりの展望があってのことでしょう。ここ最近、企業としてのLINEの動きは非常に活発です。さまざまなアプリにとどまらず、LINE Payなどのサービスを打ち出し、コミュニケーションのプラットフォーム化を進めています。先日にはファミリーマート・伊藤忠商事との提携を発表し、AIを駆使した次世代型コンビニ店舗の開発を打ち出しています。Amazon Goに対抗できますかどうか。




 「LINEビレッジ」に話を戻しますと、5億バーツ(約16億円)を投資し、年間1200万人の来場を目指すとのこと。また他の都市にも展開していくそうです。タイでのLINE人気をさらに押し上げることができるでしょうか。年末に登場するアトラクションに期待しましょう。




Comment:0
2017
07.31

メニュー選びに迷う必要ナシ。料理もワインも一品で勝負

Category: ニュース
 
 Fashionsnap.com2017年6月19日の記事『1つの料理とワインだけの新スタイルレストラン「OUT」が渋谷に』にて、ユニークなレストランが紹介されています。コンセプトは「One dish. One wine. One artist. (ひとつの料理、ひとつのワイン、ひとつの音楽)」 。




メニュー選びに迷う必要ナシ。料理もワインも一品で勝負 
(イメージ画像:フリー素材より)



 選択肢が多い今の世の中、プロの眼で選りすぐったすばらしい料理とワインと音楽に酔いしれてください!といったところでしょうか。ここまでメニューを絞り込むということは、よほど自信があるとお見受けします。否が応でも期待が高まる渋谷「OUT」について、チェックしてみましょう。

・ひとつの料理=自家製フレッシュパスタ
その時期にベストなトリュフをメインに。5グラム分、しっかり削りかけていただけます。他の素材も日本や世界各地から選び抜いた素材を使用しているとのこと。

・ひとつのワイン=赤ワイン
パスタの香りをひきたてる、力強い赤ワインのみを提供。赤だけというところに、改めて潔さを感じますね。パスタにパンチが効いているからこその選択でしょう。

・ひとつの音楽=レッド・ツェッペリン
レコードです。アナログです。トリュフに力強い赤ワインそしてレッド・ツェッペリン。濃厚な夜になりそうですね!店名の「OUT」はレッド・ツェッペリンのアルバム名からインスパイアされたものだとか。




 パスタとワインのセット(4,000円)を中心に、それぞれの単品オーダーもOK。最初に食券を購入するシステムということで、ついラーメン店を想像してしまうのは私だけでしょうか?さすがにスッキリとおしゃれなデザインにはなっていますが。シンプルなメニュー構成のなせる技ですね。ちなみにトリュフ増し増しもできるんだそうです!




 このコンセプチュアルレストラン「OUT」を経営するのは、メルボルンのレストラン経営者、ゲーム開発会社CEO兼作家、その妹のフードコンサルタントという3人のオーストラリアの面々。実際に店舗を切り盛りするフードコンサルタントのセーラ・クレイゴによると…

・東京では、ラーメンを食べるときはラーメン店、鮨は鮨屋、天ぷらは天ぷら屋、トンカツはトンカツ屋という風に専門店へ行くことが浸透している。だからこそ、1つの料理にフォーカスしたレストランが受け入れられる

さらに、

・目が肥えた東京の人に向けて、ものづくりの魂を込めつつ3つの要素を極限まで磨き上げ、完璧にキュレーションしたレストラン体験を提供したい

とのことです。




 日本人にとっては当たり前のことですが、海外の方には珍しく感じるのでしょうか。高級からB級までの日本食、さらに世界中の料理を提供するさまざまな飲食店がひしめく東京。そこにまた新たなスポットが誕生しました。コンセプトにも入魂の一皿にもそそられるものがあります。




Comment:0
2017
07.27

立ち止まらないハウステンボス

Category: ニュース

 東洋経済ONLINE2017年6月8日の記事『ハウステンボスの東京進出に秘められた野望 東京の次は「アジア進出」も構想、現実味は?』にて、ハウステンボスのこの夏の動きが紹介されています。長崎県佐世保市から、人気のアトラクションを選りすぐって渋谷とお台場に乗り込んでくるとのこと。ハウステンボスが見据える、未来とは?




立ち止まらないハウステンボス 
(イメージ画像:フリー素材より)



 6月に渋谷にオープンしたのが、バーチャルリアリティーをテーマにした施設「SHIBUYA VR LAND by HUIS TEN BOSCH」。人気が高い5種類のコンテンツが体験できる空間です。逆バンジー、シューティング、心霊スポット体験、音楽系、胸キュン系など、バラエティに富んだ内容。いろんな意味でのドキドキが体験できるようです。




 7月にオープンするのは「お台場ウォーターパーク」。ロングウォータースライダーや大人向けのナイトプール、SNSを意識したフォトジェニックゾーンなど、広い世代を呼び込めそうです。昨年大阪で開催した際には人であふれかえったとのことなので、東京でも盛り上がるのではないでしょうか。




 今回が初の東京進出となるハウステンボス。やはり狙いは、本家・長崎への来園を促すこと。さらに澤田社長が目指すのは、世界進出です!ディズニーやユニバーサルを例に挙げつつ、東京進出は世界進出へのたたき台とも。まずはアジア域内、その中でも中国を視野に入れているようです。期間限定ではなく、園のコンセプトを取り入れた常設テーマパークを計画しています。




 開業後、厳しい時期を経て、HISの子会社となったことで復活を遂げたハウステンボス。経費削減と同時に数々のイベントや集客策を実施してきました。最近では「変なホテル」も展開し始めています。好調を維持してきましたが、2016年の熊本地震の影響もあり、収益も下がっているそう。また、九州域内からの来園者が約7割を占めており、県外からの集客に取り組んでいくため、相次ぐ東京進出となりました。




 立地的には、アジアからのお客さんもリーチしやすいかと思います。が、さまざまなアイデアを実現させつつ待つだけではなく攻めの姿勢でいくというところが、澤田社長らしいといえるのではないでしょうか。




 考えてみれば、コンテンツを切り出しブランドをアピールしていくというのも、テーマパークとしてはかなりユニークなアプローチといえるでしょう。さまざまなショーやアトラクション、季節ごとの花々、イルミネーション、美術館、歌劇団、はたまたロボットまで。とにかく訪れた人を楽しませたい!という想いがあふれんばかりのハウステンボス。会社をよみがえらせた社長と、それを信じてついてきた社員の方たちの野望に期待です。


 
2017
07.24

ベトナムでも「近くて便利」な存在に

Category: ニュース
 
 東京新聞2017年6月15日の記事「セブンがベトナム初出店 ホーチミン、コンビニ競争激化」によると、コンビニ大手・セブン―イレブンが、ベトナム南部のホーチミンに1号店をオープンさせたとのことです。アジア各国にはかなり出店しているのに、ベトナムで初出店とは驚きです。日本では独走態勢のセブン―イレブン。どのような戦略を推し進めるのでしょうか?!



ベトナムでも「近くて便利」な存在に 
(イメージ画像:フリー素材より)



 ベトナムではファミリーマートとミニストップが先行しているそうですが、ついにセブンが乗り込んでくるということで、気が気ではないかもしれません。セブン流を持ち込みつつ、地元の人たちの好みも取り入れつつ運営目指していくようです。先行2社と切磋琢磨して、ベトナムのみなさんにもコンビニエンスな存在になるかどうか。




 商品開発や顧客ニーズの掘り起こしに長けているセブン―イレブンらしく、着々と準備を進めていたようです。1年前から社員を送り込み、物流体制を構築しつつ、「日本品質」を浸透させていったとか。その結果、まずはベトナムオリジナル商品を約80品目ほど準備したとのことです。




 オープン初日はかなりの盛況で、入店制限がかかったそう!ホーチミン市中心街のオフィスビル・サイゴントレードセンター1階という立地も良かったのでしょう。またベトナムは国の平均年齢が若く(31.2歳)、人口も9、500万人と多いため、今後の成長がますます期待できる市場です。将来を見越した出店計画だったのでしょうね。




 ベトナムも含めて東南アジアは屋台が人気。人々の生活に密着しています。コンビニは、安くておいしくて出来たての屋台文化と張り合わなければなりません。若者や新しもの好きな人たちには、受けるかもしれませんね。実際オープン初日には、若い人たちが長蛇の列を作ったそうです。今後はコンビニならではのメニューや商品を提供できれば、波に乗れるのではないでしょうか?屋台が開いてない時間帯などもチャンスがあると思います。




 さらにベトナムには、フランスの植民地だった名残があります。例えばパンとコーヒー。フランスパンほどハードではなく食べやすいパン、濃いめに淹れてあまーい練乳と混ぜて飲むコーヒー。そんなバックグラウンドがあるベトナムのみなさんに、魅力的な商品をお届けしていってほしいですね。コーヒーは提供するのでしょうか?




 3年で100店目指すというセブン―イレブンのベトナム戦略。かなり期待ができる展開になりそうです。




back-to-top