FC2ブログ
2018
12.03

バレーでがんばれー!?

Category: ニュース
 
 BUSINESS INSIDER2018年9月12日の記事「ここから次のシリコンバレー?築地、茅場町など続々。渋谷、五反田に次ぐ“バレー構想”」にて、都内各地で広がる●●バレーが取り上げられています。アメリカのシリコンバレーにならい、渋谷をビットバレーと名付けたのはITバブルだった1999年あたり。時は移り、今年7月には「五反田バレー」が発表されましたが、今後は築地や茅場町でも同様の動きがあるそうです。



バレーでがんばれー!? 
(イメージ画像:フリー素材より)



 まずは築地からチェックしてみましょう。ご存じのように、ようやく魚市場が豊洲へ移転しました。跡地の活用についてはいろいろと取り沙汰されてはいますが、まだ検討中のよう。長年培ってきた築地ブランド、「魚といえば築地」というイメージから脱却し、新たなアイデンティティ構築が必要となっています。




 その可能性の一端となるかもしれないバレー構想。ITとクリエイティブの拠点となるべく、ベンチャー企業が移転してきているとのこと。ロケーションは申し分ありません。構想はまだまだ始まったばかりですが、だからこそ可能性が膨らむ場所。生まれ変わる街とこれから成長しようとする企業の思惑が合致すれば、新たなバレーとして定着していくかもせれません。




 一方、茅場町は金融の街という歴史を武器に、フィンテックの集積地を目指しています。東京証券取引所を中心に、金融関係の企業が多く集まる街。証券取引が電子化された現在では、各企業が移転した後の再開発が進んでいます。すでにシェアオフィスやコワーキングスペースが開業しており、フィンテック関連のイベントが行われているとのこと。規制が厳しい業界であるがゆえにコミュニティづくりやつながりが大切なのだそうです。




 こちらは金融をベースとした延長線上のバレー構想ですので、スムースに移行できそうですね。ちなみに茅場町は明治時代の業家・渋沢栄一ゆかりの地。彼が起こし今日までつづく大企業も、創業当時はみなベンチャーだったとも言えます。時代は移り、再びベンチャースピリットあふれる街となっていくのでしょうか?




 余談ですが、オリジナルのシリコンバレーから転じて、渋谷は「谷」ということで「バレー(valley)」と名乗るところまではなるほどなと思いました。がその後は「谷」には関係なく、「バレー」がすっかりIT企業を表すワードとして定着しましたね。何はともあれ、各地のバレーとの連携も始まりつつあり、今後のベンチャー・スタートアップ企業の発展へと期待が膨らむニュースでした。




Comment:0
2018
11.19

思いがけないものがつまっているかもしれない、箱根本箱

Category: ニュース
 
 FASHIONSNAP.COM2018年7月5日の記事『大人のための秘密基地、ブックホテル「箱根本箱」が8月に開業決定』にて、人気の観光地・箱根に誕生する新たなスポットが紹介されています。新刊から古書、洋書など1万冊を取り揃えるというブックホテル「箱根本箱」。上から読んでも下から読んでも…ではありませんが、センスを感じるネーミング。その本箱の概要とは?



思いがけないものがつまっているかもしれない、箱根本箱 
(イメージ画像:フリー素材より)



 ロケーションは箱根強羅温泉。日本出版販売(日販)の保養所をリノベーション。本との出会いをテーマに、新しいライフスタイルを提案するというコンセプトのもと、ブックホテルに加えてブックストアやレストラン&カフェ、ショップ、シアタールームなどが展開されます。




 客室は18室で、それぞれに異なるインテリアが施されるとのこと。また、すべての部屋に露天風呂を完備。眺めも良く、ゆったりとした時間を過ごせることでしょう。まさに大人のための秘密基地といったところですね。




 本をセレクトするのは、日販のブックディレクションブランド「YOURS BOOK STORE」。施設全体のプロデュースは自遊人が担当します。そのほかに「あの人の本箱」というスペシャル企画も。各界の著名人が選書したオリジナルの本箱が客室内や館内にランダムに置かれるんだそうです。アーチストや作家、タレントなどそうそうたる面々。思わぬ発見があるのでは?




 宿泊しなくても利用できる施設も魅力的。例えばレストランは、「オーガニック&クレンジング」をテーマとした自然派イタリアン。自遊人が提唱するローカルガストロノミー(地域の風土や歴史、文化、農林漁業の営みを「料理」に表現すること)を味わえます。ショップでは、手仕事の良さを活かしたさまざまなグッズを販売するとのことです。




 秋以降にはメンバーシップ・プログラム「本箱会」がスタート予定。宿泊以外のすべての施設の利用が可能だそうです。サテライトオフィスや別荘としての利用を見込んでいるとか。Wi-Fi完備のブックラウンジにPCを持ち込んでお仕事をしながら、フリードリンク。さらにはフリー温泉という特典付き!さすが箱根ですね。




 ユニークなアプローチで「本のある暮らし」を提案する「箱根本箱」。あわただしい日常を忘れて温泉と本をのんびり楽しむなんて、想像しただけでうっとりしてしまいます!




Comment:0
2018
11.05

ストローの素材が気になるタピオカミルクティースタンド、日本初上陸

Category: ニュース
 
 流通ニュース2018年7月5日の記事「ルミネ/ニュウマン新宿に春水堂新業態、ルミネ新宿に日本初上陸レストラン」によると、オープンから1年あまりが経った「ニュウマン新宿」にニューフェイスが登場するとのことです。高速バスターミナル「バスタ新宿」と直結していることもあり、旅行客や帰省客を意識したショップがそろう「ニュウマン新宿」。新しく登場するお店も、ついつい立ち寄ってしまいたくなるメニューを取りそろえているようです。



ストローの素材が気になるタピオカミルクティースタンド、日本初上陸 
(イメージ画像:フリー素材より)



 まずは、タピオカミルクティーで有名な台湾「春水堂(チュンスイタン)」プロデュースによる「TP TEA」。春水堂は台湾のお茶文化を体験できる落ち着いた雰囲気のお店ですが、TP TEAはより気軽にお茶を楽しめるスタンド形式。台湾では250店舗を展開しており、今回が日本初上陸とのことです。




 看板メニューのタピオカミルクティーはもちろん、鉄観音ラテや日本限定のタピオカ抹茶ラテ、翡翠ジャスミンティーなど、メニューは50種類以上もあるとか。どれにするか迷ってしまいそうです。




 日本人の発想からすると、厳選した茶葉を丁寧に抽出し、シンプルに味わうという方向に考えるもの。ところが、台湾の人たちは惜しげもなくミルクやタピオカと組み合わせてしまうのですね!お茶の可能性を最大限に活かし、とことん楽しもうということでしょうか。さらに、タピオカミルクティーソフトクリームや、夏期限定のマンゴーティーシリーズも登場予定です。




 と、ここで1つ気がかりなことが。近ごろ問題になっているプラスチックのストロー。海を汚染する物質としてやり玉に挙げられており、欧米では廃止の方向へと加速しています。プラスチック製の代替品として、紙製や穴のあいたパスタの使用を進めるとか。タピオカミルクティーにとっては、極太ストローが必須アイテム。今後はエコなものになっていくのでしょうか。




 さて、ニュウマンに話を戻すと、森永製菓のコンセプトショップ「TAICHIRO MORINAGA」も気になるところ。創業者の名前森永太一郎に由来した店名です。”おかしを超える、「をかし」な体験を”がコンセプトで、東京初の常設店となります。ミルクキャラメルの味わいを表現したラスクやフィナンシェなど、店舗ならではの「をかし」を取りそろえています。




 選りすぐりのショップが集う「ニュウマン新宿」。おいしい発見が待っているのではないでしょうか。




Comment:0
2018
10.22

駅ビルが充実しているとうれしい。ペリエ千葉全面開業

Category: ニュース
 
 千葉日報2018年7月2日の記事『「ペリエ千葉」全面開業 買い物客さらに集中 周辺へ人の流れ課題 千葉県都の将来像は』にて、生まれ変わったJR千葉駅ビルが紹介されています。千葉パルコや三越千葉店などの商業施設の閉店が相次いだ千葉駅周辺エリア。ちょっと元気がないな、大丈夫かなと心配でしたが、新たな風を吹き込みそうです。



駅ビルが充実しているとうれしい。ペリエ千葉全面開業 
(イメージ画像:フリー素材より)



 「ペリエ千葉」には地上7階地下1階に277店舗が集結。周辺エリアとの一体感を意識した構成になっており、ロータリーやそごう千葉店へのアクセスしやすいよう、複数の出入り口を設置。飲食店を通りに面した場所に配し、訪れた人をを店内へといざないます。




 そごう千葉店は踏ん張っていますが、いわゆる百貨店で日常品を調達するのは厳しいところ。暮らしに寄り添った駅ビル店舗は、周辺住民の方たちにとっては待ちに待ったオープンとなったことでしょう。多くの人が押し寄せているとのことです。




 ところが厳しい現実も。駅周辺では滞在人口は増えていますが、パルコ跡地エリアの中心市街地では減っているとか。商店街のみなさんも人が少なくなったと感じているよう。人の流れの二極化が加速してしまうという側面も否定できません。




 それでも、ペリエとそごうを中心として街を回遊するルートが生まれるとのポジティブな見方も。パルコ跡地は2023年には複合ビルとして開発される予定で、現在は街の再開発の過渡期なのでしょう。生まれ変わったペリエは千葉生まれのブランドを発信する仕掛けもあるようですし、より地域に密着した存在になっていくのではないでしょうか。




 余談ですが…千葉県内では伊勢丹松戸店が閉店し、街のランドマークがなくなってしまいました。都内へアクセスしやすいことが、街自体の発展にとっては逆風になっているのかもしれません。こちらも再開発が待たれるところです。




 街のイメージアップだけでなく、心がうきうきするような、ついつい立ち寄ってみたくなる場所を創出するためにも、メインの商業施設の役割は大きいもの。「ペリエ千葉」は千葉の玄関口として、さらには街全体を盛り上げる施設として、貢献していくことになりそうですね。




Comment:0
2018
10.08

ホテルシップがホテル不足の救世主に?

Category: ニュース
 
 日本経済新聞2018年6月25日の記事『JTB、豪華客船1000室「五輪限定ホテル」に』にて、宿泊施設問題の新たな解決方法が紹介されています。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ホテルの客数が不足している、いや実は足りているなど情報が飛び交っています。そんな問題解決に一役買うことになるかもしれないそのサービス、「ホテルシップ」の概要をチェックしてみましょう。



ホテルシップがホテル不足の救世主に? 
(イメージ画像:フリー素材より)



 今回JTBが発表したのは、オリンピック期間中に横浜・山下埠頭に停泊する大型クルーズ船を利用するというもの。約1000室で延べ3万6000人に対応できるそう。帝国ホテルとほぼ同じ規模ということで、かなりの収容人数。レストランにプール、劇場など設備は申し分なく、まさに「期間限定の高級ホテル」となりえます。




 ここ数年、豪華客船クルーズを楽しむ人が増えていると耳にします。移動手段と宿泊が同時にまかなえるということで、楽をしながら時間を有効に使えるという便利さと、一流の料理やショーなどのエンターテインメントも味わえるというそこはかとなくリッチな雰囲気が人気なのでしょう。




 また、ハコものを建設するには時間とコストが必要ですが、「ホテルシップ」はフレキシブルに対応できるのもメリット。世界的なビッグイベントでは立派な施設を作るのではなく、その後のサステナビリティも考慮した運営が求められています。その点からも「ホテルシップ」は、理にかなっていると言えます。




 実際、リオやロンドンでもホテルシップが利用されていたとのこと。日本でも今後、国が規制緩和を進めていることもあり、東京や千葉などで誘致を計画しているようです。例えば、現在の旅館業法では客室には窓の設置が義務づけられていますが、イベント期間に限っては窓がなくても営業できるようになるとか。




 さて気になるお値段は、2泊3日・1室2人の利用で1人3万円から30万円。高いと感じるか、安いと感じるかは…人それぞれ。ですが、食事はもちろん船内で繰り広げられるショーやプールを利用でき、ホテルとは違った非日常を満喫できるのですから、リーズナブルかもしれません!




Comment:0
back-to-top