FC2ブログ
2019
06.10

狭い店でも、ミセデモ

Category: ニュース
 
 ニュースイッチ2019年4月24日の記事「創業40年超のデザイン会社提案“世界最強の坪効率”店舗の実力」にて、狭小スペースを最大限に活かした店舗が紹介されています。その名も「MISE‐demo(ミセデモ)」。ECとリアルがほどよく融合したサービスです。



狭い店でも、ミセデモ 
(イメージ画像:フリー素材より)



 「ミセデモ」を開発したのは、店舗の企画・デザインを手がける株式会社タッグ。代表取締役の湯本氏によると、元となるアイデアは2017年に生まれたとのことです。人手不足や出店料・賃料、駅構内や商業施設の空きスペースの活用など、小売業にまつわる問題を考慮し、浮かんだ解決策。同社が開発した次世代ECシステム「VRコマース」を応用しています。




 第1弾の京成電鉄上野駅構内の店舗は、1.3平方メートルという狭さ。店舗というよりポップアップショップのような雰囲気です。アニメキャラクターの商品サンプルとタッチパネルが設置されており、タッチパネルで商品を選択し、QRコードを使用しスマホで決済を完了できます。商品は後日配送されます。




 商品数は無制限。リアルタイムに入れ替えができるので品切れがなく、売りのがしがありません。「ミセデモ」はすでに4ヶ月先まで出店者が決まっているのだとか。今後は関東で100台以上の設置を目指します。狭小スペースがあれば出店可能ですので、伸びしろがあるのではないでしょうか。




 湯本代表曰く、空港で伝統工芸品を取り扱うことも考えているそう。これは外国人旅行客へアピールできてよいですね!展示を工夫して世界観を醸し出すのも重要ですが、やはりワンストップで決済・配送までOKというサービスは強みです。テンションが高めで財布のひもが緩みがちな旅行客の心をつかむことでしょう。




 ふと、通常のネットショッピングとあまり変わらないのでは…との思いが頭をよぎります。自分のスマホやPCがタッチパネルに変わっただけではないかと。しかし「ミセデモ」にはリアルの要素と組み合わされているところがミソ。思いがけない出会いがうれしいんです!




 さまざまな場面でまとめサイトなどでキュレーションされ、レコメンドされてしまうネットの世界。そんな世界とは一線を画す新しい出会いが、ちっちゃなスペースから生まれていくかもしれません。




Comment:0
2019
06.03

スパイスたっぷり スープストックのカレー居酒屋

Category: ニュース

 FASHION HEADLINE2019年4月17日の記事『スープストックトーキョーによる、カレー居酒屋「YELLOW」がオープン! 大阪にカレーの新名所が誕生』によると、手軽に本格的なスープを提供するスープストックの新業態店がオープンするとのことです。潔く「カレー居酒屋」と言い切る「YELLOW」に期待が高まります。



スパイスたっぷり スープストックのカレー居酒屋 
(イメージ画像:フリー素材より)



 カレー居酒屋。今までなかったわけではありませんし、ディナーでカレーを食べながらお酒を飲むことも当然あるでしょう。ただ「YELLOW」はスープストックがプロデュースするだけあって、より洗練されたものになるかもしれません。




 40種類以上のスパイスを駆使したカレーに加えて、お酒に合う小皿料理も充実。ジューシーでカリッカリなスパイス唐揚げなど、否が応でも食欲が高まりそう。さらにはカクテルにもスパイスを効かせるらしく、カレーとの相性ばっちりなアルコールがいただけます。スパイスは食欲を増進させる効果がありますが、ドリンクの場合もついつい進んでしまうのでしょうか?!




 記事で紹介されているお椀型のクレープに卵が鎮座している「エッグホッパー」が非常に気になります。「ホッパー」とは…米粉とココナツミルクを混ぜた材料を発酵させ、専用の鍋でクレープ状に焼き上げたもの。南インドやスリランカの朝ごはんでよく食べられている料理だそうです。日本ではまだメジャーではありませんが、これから来るような要チェックな…気がします!




 南インドでは「ドーサ」という、これまたクレープのような食べ物があります。こちらは米粉と豆粉を発酵させ薄く焼いて丸めたもの。カレーのお供というと「ナン」を思い浮かびますが、こちらは北インドが発祥。北インドでは小麦が主食なのに対して、南インドでは稲作が盛んなため主食にも違いがあるのだとか。インドは広いですね!




 「YELLOW」に話を戻すと「オゴリビト」という独自の仕掛けが。お皿に当たりマークが出たら店内の他の卓の人を指名して、お会計をおごることができるサービスです。知らない人同士で盛り上がりそうですね。そして安心してください。実際の費用はお店持ちです。




 6/21には4度目となる「カレーストックトーキョー」を全店舗で開催するスープストック。スープは一切提供せず、カレーのみのメニューとなります。というようにこれまでもカレーに本気で取り組んできたスープストックとしては満を持してのカレー居酒屋開店といったところでしょうか。「YELLOW」は6/17にグランフロント大阪にてオープン。全国展開が待たれます。


 
Comment:0
2019
05.27

サイクリストでなくても行きたくなる プレイアトレ土浦

Category: ニュース
 
 流通ニュース2019年4月18日の記事『アトレ/サイクリング強化した「PLAYatre」第2弾開業、食を充実』にて、茨城県土浦市の商業施設「PLAYatre TSUCHIURA(プレイアトレ土浦)」が紹介されています。近隣のサイクリングコース「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の起点となるロケーション。サイクリングを楽しむ人たち向けのサービスをさらに充実させました。



サイクリストでなくても行きたくなる プレイアトレ土浦 
(イメージ画像:フリー素材より)



 1980年代から商業施設があった場所ですが、紆余曲折を経て2018年にサイクリストをターゲットとした「プレイアトレ土浦」に生まれ変わりました。敷地内のB1F~1Fは官民が協力して地方創生に取り組んだ「りんりんスクエア土浦」として、サイクリングにまつわるサービスをワンストップで提供しています。地域の特色を生かした素敵な取り組みですね。




 サイクルショップやシャワー・ロッカーなどが先行オープンしていましたが、このたび第2弾としてレストランやマーケットゾーンがあらたにお目見え。全長180km(日本一長いサイクリングロードだそうです)のりんりんロードを走り抜くには、腹ごしらえが大事です!茨城産の素材をふんだんに使用しているとのことです。




 さまざまなレストランを展開するバルニバービによる「STATION LOBBY」は日本一の駅の待合所がコンセプト。カフェ、レストランなどの飲食はもちろん、クッキングスタジオやフォトスタジオ、コワーキングスペースなども。サイクリストだけでなく、地域の方たちも集える空間になることでしょう。




 5月末には体験型ブックストアに加えて、地元茨城のおいしいパンやスイーツも登場するとのこと。また、2020年春以降にはホテルがオープン予定だそう。都心から1時間ほどで自転車ざんまいの滞在が可能になります。霞ヶ浦や筑波山をたたえたエリアなので、湖岸コースや山コースなどさまざまな自然が味わえることでしょう。鹿島神宮や牛久大仏など、ぜひ訪れてみたいスポットも点在しています。




 サイクリングに最適といえる季節。レンタルもありますので、手ぶらで行ってもOK。いい汗をかいた後はシャワーでリフレッシュしてプレイアトレでおいしいものを食べて…といういい流れが生まれるのではないでしょうか。いわゆる観光地も良いですが、意外と近くにある自然を感じながらのサイクリングも乙なものだと思います!




Comment:0
2019
05.20

世界最大規模のアウトドア体験を柏で

Category: ニュース
 
 WWD JAPAN2019年4月18日の記事『アルペンが「世界最大規模のアウトドア専門店」を公開 柏に19日オープン』にて、スポーツ専門店のアルペンの新店舗が紹介されています。450ブランド・10万点以上のアイテムを取りそろえたとのこと。日本を飛び越え、世界最大規模となったその概要とは?



世界最大規模のアウトドア体験を柏で 
(イメージ画像:フリー素材より)



 震災後にアウトドアグッズが見直されたり、グランピング(ゴージャスで手軽に楽しめるキャンプ)がもてはやされたこともあり、日本のアウトドア市場のすそ野が広がっています。




 あるいは、近ごろ人気急上昇の「ワークマン」。働く男たちの強い味方でしたが、商品の機能性に女性たちが気づき、それに応えるようにデザイン性も強化したことで絶好調です。さらに、フランスのアウトドアブランド「デカトロン」のリアル店舗が日本初上陸。ファッションのカジュアル化との関連もあるのでしょう。




 そんな流れをとらえつつ千葉県柏市にオープンした「アルペン アウトドアーズ フラッグシップストア」。「セブンパークアリオ」など大型専門店がひしめく国道沿いのエリアに誕生しました。7590平方メートルという広い敷地を活かし、テントを設置して展示。バーベキューなどのイベントも開催され、調理器具などをアピールしていくとか。他にも商品の実演会やデモンストレーションなど、さまざまな体験ができるそう。日常にも役立つグッズやアイデアに出会えるのではないでしょうか。




 店内には、メジャーなアウトドアブランドが直営店と同様の規模で展開しているという気合いの入りよう。ユーザにとっては、お気に入りのブランドコーナーへ行くのもよし、いろいろと見比べるもよし、で助かります。逆に困ってしまうくらいの品ぞろえが待ちかまえています!




 アルペンといえば、スキーやスノボなど冬のスポーツのイメージがありますが、アウトドアや山登りを意識した店舗もすでに展開しています。そのフラッグシップストアとなる柏店。ちなみに立て続けに福岡店もオープンさせています。




 アウトドア派の方はもちろん、インドア派の方もワクワクしてしまいそうな「アルペン アウトドアーズ フラッグシップストア」。見ているだけでもキャンプ気分を味わえるのではないでしょうか!




Comment:0
2019
05.13

いずこへ?伊豆へ

Category: ニュース
 
 乗りものニュース2019年4月6日の記事『東急やJR東日本が伊豆で「交通サービス一体化」実験のワケ 観光客が増えても残る課題』にて、垣根を越えた新たな取り組みが紹介されています。日本各地で増え続ける観光客に対応するべくインフラの整備が進められていますが、交通網の一体化サービスとは?



いずこへ?伊豆へ 
(イメージ画像:フリー素材より)



 4月1日から静岡県の伊豆エリアで実証実験が始まった「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」、通称マース。サービスを立ち上げた目的はズバリ、公共交通手段の利用促進とのことです。




 温泉や豊かな自然が人気の観光地・伊豆。観光客数は2012年から増加傾向にあります。ところが、そのうち約8割の方が自家用車で訪れているのだとか。思った以上に高い割合です。そこで鉄道・路線バス・タクシーやレンタカー業界が「観光型MaaS」として手を組み、地域の交通手段を盛り立てていくこととなりました。




 伊豆へのアクセスと言えば「踊り子号」が有名ですが、他の手段となると新幹線や東海道線から伊豆急やバスへの乗り換えが必要となります。車だと乗り継ぎの時間を気にせず行動できるので、マイカーを選ぶのもやむなし、といったところでしょうか。MaaSでその状況を打破できるかどうか!?




 実験中のサービスはスマホの専用アプリ「Izuko(イズコ)」で、伊豆エリアの公共交通をまるっとワンストップで利用できるとのこと。アプリをインストール後、決済用のクレジットカード情報を入力すると、アプリ限定のデジタルフリーパスを購入できます。乗り降りの際に画面を見せるだけで、エリア内で2日間乗り放題になります。




 これだけでもかなり便利ですが、さらにユニークなのが「AIオンデマンド乗合交通」。ただの乗合タクシーではありません。予約状況に応じて人工知能(AI)が最適な走行ルートを設定し、リアルタイムで端末に表示するというもの。自動運転の実験も予定されていて、将来性を感じますね!




 他にもレンタカーやレンタサイクルの予約、観光施設の決済も可能。キャッシュレスということで、外国人観光客の方たちが多く利用されるのではないでしょうか。もちろん日本人観光客や地元にとってもメリットが大きいと思います。伊豆での実験を元に、各地へ展開されることを期待しましょう。




Comment:0
back-to-top