2016
09.26

粋な江戸文化を駅から発信 両国江戸NOREN

Category: ニュース

 FASHION PRESS7月27日の記事『JR両国駅に新施設「‐両国‐ 江戸NOREN」16年11月下旬誕生、12の飲食店が江戸の食文化を発信』によるとこの秋、両国駅西口が賑わいを生み出す商業施設に生まれ変わるとのことです。「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトに、味・素材・料理人にこだわった和食を提供する予定です。




粋な江戸文化を駅から発信 両国江戸NOREN 
(イメージ画像)



 旧駅舎は1929年に建てられた歴史ある建造物。アーチ型の大きな窓や中央の駅時計など、クラシックな雰囲気はそのままに全面リニューアルされます。コンコースを活かした吹き抜けを囲むように飲食店を配置し、江戸の町家をイメージした造りになるそうです。




 12の店舗は江戸前鮨、天麩羅、蕎麦の「江戸の三味」を中心に構成されるとのこと。いずれもせっかちな江戸っ子のファストフードとして、屋台や露店で売られていたとか。ちなみに握りずしは両国が発祥の地だそうで、当時は握り飯くらいの大きさで、1つ食べれば小腹を満たすくらいのボリュームだったようです。




 ついつい日本酒なども一緒にいただきたくなりそうですが…江戸っ子気質からいくと、長っちりは野暮というものでしょうか。食べ終わったら「じゃあまた来るよ!」てな感じであっさり帰るのが粋なのかもしれませんね。




 両国といえば言わずと知れた相撲の聖地。多少の浮き沈みがあるとはいえ安定した集客力があるため、駅自体のブラッシュアップが後手になってしまったのかも…というのはうがった見方でしょうか。とはいえ若干地味な印象があるも事実。イメージパースによると、吹き抜けの真ん中に土俵が見えます。日本相撲協会の監修により設置されるそう。観戦気分を盛り上げてくれることでしょう。やはり女人禁制でしょうか…




 相撲以外にも江戸東京博物館、点在する寺院や歴史に所縁があるスポットなど、さまざまな魅力がある場所。そして人情が溢れています。そして外国人の方たちも結構訪れている模様。観光案内所が新設されるので、街を積極的にアピールできる駅になっていくと良いですね。




 墨田区としては、同時期に「すみだ北斎美術館」がオープン予定です。葛飾北斎も国内外で人気の絵師ですから、相乗効果も期待できます。とことん江戸情緒を味わえる街への素敵な入口・両国駅の誕生です。


 
スポンサーサイト
Comment:0
2016
09.20

農園リゾートで地域活性化目指す、KNT-CT

Category: ニュース

 2016年8月1日付ニュースリリース『KNT‐CT、千葉県の農園リゾート複合施設「ザ ファーム」に資本参加』によると、近畿日本ツーリストの100%持ち株会社KNT-CTホールディングス株式会社は株式会社ザ・ファームに資本参加、農業と観光分野での協力を拡大し、地域活性化を目指していくことを発表しました。




農園リゾートで地域活性化目指す、KNT-CT 
(イメージ画像)



 同社が資本参加する株式会社ザ・ファームは農産物販売などを手がける株式会社和郷より農園リゾートの運営を受託し、更なる事業の拡大、発展を目指していくとしています。同社はかねてより株式会社和郷との協力関係推進によって、農業と観光という異なる業種のマッチングによるビジネスモデルの構築を目指していました。今回の資本参加によってそうした動きが加速されると共に、協業によって新たな可能性が開かれるかもしれません。




 ザ・ファームは千葉県にある農業リゾートで、5つの施設を持っています。「会員制貸農園」「天然温泉・かりんの湯」、農園で収穫された新鮮な野菜を味わえる「ファーム・カフェ」、木をふんだんに使用したコテージでくつろぐ「ファーム宿泊」、手ぶらでも持ち込みでも楽しめる「ファームBBQ」。道具などは全て用意してあるので、身体一つで訪れても十分農園リゾートを堪能することが出来ます。




 また8月にオープンしたばかりの「ザ・ファームキャンプ フォレスト」、これは森の中で豪華なキャンプを楽しめる1日1組だけのプレミアム版、「ザ・ファーム リバーサイド」は1泊2食付でリバーサイドキャンプを味わえるプランで、かりんの湯を使うことも出来ます。




 日本人は余暇の使い方が上手ではないと言われますが、休日に農園を訪れて土と親しみ野菜を育て、温泉で身体を癒してその土地で育った野菜に舌鼓を打つ、これは最高の休日の使い方ではないでしょうか。農園、宿泊、キャンプなど、それぞれ単体で親しまれてきたツールを「農園リゾート」という形で新たに取り出して見せてくれたザ・ファーム。農業×観光のコラボレーションは、次にどんな姿を見せてくれるのでしょうか。




Comment:0
2016
09.15

投資用物件の取扱い開始、おうちダイレクト

Category: ニュース
 
 2016年8月2日付日本経済新聞のプレスリリース『ヤフーとソニー不動産、「おうちダイレクト」で投資用物件の取り扱いを開始』によると、これまで居住用マンションに限っていた取引を、投資用マンションにも拡大すると発表しました。




投資用物件の取扱い開始、おうちダイレクト 
(イメージ画像)



 「おうちダイレクト」はヤフー株式会社とソニー不動産による不動産プラットフォームで、実店舗に足を運ぶことなくweb上で不動産(基本はマンション)の売買が行えるシステムです。取扱いエリアは東京都・神奈川・千葉・埼玉の1都3県で、これまでは居住用のみの対応となっていました。ここに投資用マンションの取扱いが可能となることで、中古分譲マンション市場の更なる活性化が期待されます。




 通常、不動産を売買しようとする場合、不動産会社を通して取引を行います。物件情報や写真を掲載し、売買価格を設定し、現場を案内して成約に至った場合には契約を交わして重要事項などの説明を行う、これが一連の流れです。仲介を行う不動産会社には手数料を支払うことになるのですが、売買価格が高額になると手数料も馬鹿にならない金額になります。「おうちダイレクト」は契約までの作業をwebで行い、契約時のみソニー不動産がサポートを行うことで手数料を抑え、売主の負担を軽くすることに成功しています。




 とは言え、不動産の売却を自分だけで行うには不安が伴うもの。売却後の住まいの確保も待ったなしです。そういう場合には「住み替えサポートプラン」を利用すると安心です。こちらは売却物件の情報・写真の撮影を行ってもらえる他、住み替え先の物件探しや資金相談などのサポートを受けることが出来ます。物件購入時には手数料を支払う必要がありますが、安心して取引を行えるのがポイントです。




 日本の不動産市場が新築に傾斜した構造となっていることは、以前から指摘されてきました。中古市場の活発化、流動性が高まることは不動産市場全体にとっても好ましいことです。売主と買主をwebで直接結びつけるこの取り組みがそうした流れを加速していくことになるのか、投資用物件の取扱いによって変化していくのか、注意深く見守っていきたいところです。




Comment:0
2016
09.12

未来の宅配はストレスフリー?

Category: ニュース
 
 物流情報サイトLNEWS2016年7月29日の記事「ヤマトHD/不在時の宅配便も受け取れる未来の家を提案」にて、新しい宅配のカタチを提案する住宅が紹介されています。ヤマトホールディングスとプロダクト・デザイナーの柴田文江氏とのコラボレーションにより、「冷蔵庫が外から開く家」をテーマに開発されました。




未来の宅配はストレスフリー? 
(イメージ画像)




 冷蔵・冷凍ボックス、クリーニングボックス、薬ボックスなどが備え付けられており、中からも外からも開けることができる構造になっています。例えば荷物の受け取り・集荷が、不在時でも可能になるとのこと。受け取り分の荷物は外からは取り出せないようにロックされるので、安心です。




 冷蔵・冷凍ボックスはWi-Fiで温度調節ができ、お取り寄せもや季節の贈り物も確実に受け取ることができます。薬ボックスは薬の服用が必要な高齢者の方などへの配慮から。薬局に通うのが難しい方の自宅へ定期的に薬を届けるサービスとして期待できそうです。




 いずれのボックスも、セールスドライバーのIDチェックによりセキュリティを管理。インターネット接続で設定した連絡先に通知されるとのことです。さすがヤマトならではの目線が活かされた提案ですね。




 近年は通販サイトの商品やサービスが充実し、宅配便の取扱個数は増加する一方です。それにともなって、受取人不在で再配達が発生するケースが多いと聞きます。物流大手3社(ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便)の調べは、2014年時点で19.6%に上るとか。再配達による人的負担やCO2増加など、宅配業者にとってはかなりのコストとなっています。コンビニでの受け取りやポイント制度などの取り組みがありますが、決定打とはなっていません。




 そこで今回の冷蔵庫が外から開く未来の家。物流だけでなく家のあり方から考え、他の業界も巻き込みつつ、快適な生活への提案となっています。実用化さればさらに参入業者が増え、サービスの充実やコストの削減が見込めるのではないでしょうか。




 少し気にかかるのは、1人暮らしの人にこそありがたいサービスだと思われるのですが、あくまでも一軒家向けなのでしょうか。と気にしていても仕方がありません。未来の家を提案する「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」での展示です。こちらのエキシビション会場では、他にもユニークな家が目白押し。著名な建築家やデザイナー、ハウスメーカーが未来に向けて大胆な提案を繰り広げています。ぜひとも実現化を見てみたいと夢が膨らみます。




Comment:0
2016
09.08

ちゃんぽんも食べられるバル 新橋に登場

Category: ニュース

 流通ニュース2016年7月15日の記事『リンガーハット/新橋駅前に初の「バル」業態店舗』によると、長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハットジャパンが新業態に進出したとのことです。




ちゃんぽんも食べられるバル 新橋に登場 
(イメージ画像)




 旧店舗の老朽化によるリニューアルを期に、飲食店ビル「PERSA」にて洋風メニューを提供するバルとして生まれ変わりました。新橋駅前ということでビジネスマンはもちろん、女性も取り込もうという狙い。さらに訪日外国人もターゲットとし、幅広い層にアピールできるバル業態を打ち出してきました。




 ランチタイムは通常通り、ちゃんぽんや餃子を提供。17時以降はワインやビールなどのアルコール類とそれにあった食事をサービスします。メニューだけでなく店舗デザインも女性を意識し、女性の来店比率を既存店の30%から50%へのアップを目指します。そのためか店舗名「長崎ちゃんぽん」ではなく「Ringer BAR」としています。




 SNSで写真映えするような、おしゃれな食器に盛りつけられた料理も素敵ですが、既存のちゃんぽんたちも負けてはいません。ヌードルメニューとしてはもちろん、細麺や肉味噌、餃子をアレンジしたものなど、お酒にぴったりのメニューに仕上がっています。個人的にはちゃポリタンが気になるところです。




 開発担当者としては新たなニーズ開拓を狙った今回の店舗について、今後も検証を続け、多店舗展開につなげたいとのこと。今年1月オープンの「ちゃんぽん酒場」というちょい飲み需要に対応した既存店舗がありますが、こちらも同様に完成度を高めながら企業としての幅を広げていくようです。




 長崎ちゃんぽんと皿うどんという、外食業界ではバッティングが少ないメニューで勝負してきたリンガーハット。厳しい業界を生き抜いていくにはさらなる戦略が必要だったかもしれません。そこで打ち出してきた今回のバル業態。消費者のさまざまなニーズに応えつつ、既存の素材を活かしランチ/ディナーそれぞれの時間帯に合わせたメニューを提供するというサービスが強みになることでしょう。




 ちなみにこちらの「Ringer BAR」、朝8時からの営業ということで、モーニングメニューも視野に入れているそう。どのような新商品がお目見えするのか…10月を目途にスタートということですので、こちらも期待しましょう。


 
Comment:0
back-to-top